HOME > がん相談支援 > がん相談支援センター相談員サポート > がん対策情報センター作成「がんの書籍」の普及・活用支援ツール

がん対策情報センター作成「がんの書籍」の普及・活用支援ツール

更新日:2016年02月04日 [ 更新履歴 ]
更新履歴
2016年02月04日 「2.『患者必携』普及・活用支援ツール」を更新し、「3.書籍見本版の無償提供について」を追加しました。
2014年08月06日 更新しました。
2011年01月26日 掲載しました。
がん対策情報センターが作成している「がんの書籍」についてご案内するちらし、ポスター、動画をご紹介します。

国立がん研究センターがん対策情報センターが作成している書籍は、以下の3冊です(2014年8月現在)。

1.「がんの書籍」普及・活用支援ツール

1)ちらし

「がんになったら手にとるガイド」、「もしも、がんが再発したら」、「わたしも、がんでした。」のご案内
(パターン1)
「がんになったら手にとるガイド」「もしも、がんが再発したら」「わたしも、がんでした。」のご案内
PDF:921KB、A4判縦 カラー、1ページ
ポスター(パターン1)「がんになったら手にとるガイド」、「もしも、がんが再発したら」、「わたしも、がんでした。」のご案内
(パターン2)
「わたしも、がんでした。」「がんになったら手にとるガイド」「もしも、がんが再発したら」のご案内
PDF:1,243KB、A4判縦 カラー、1ページ

2)ポスター

ポスター(パターン1)「がんになったら手にとるガイド」、「もしも、がんが再発したら」、「わたしも、がんでした。」のご案内
(パターン1)
「がんになったら手にとるガイド」「もしも、がんが再発したら」「わたしも、がんでした。」のご案内
PDF:2,307KB、A2判縦 カラー、1ページ

2.「患者必携」普及・活用支援ツール

1)ちらし

ちらし 手にとるガイドのご案内
(パターン1)
手にとるガイドのご案内
PDF:1,220KB、A4判横 カラー、1ページ
手にとるガイドのご案内
(パターン2)
手にとるガイドのご案内(ポスターの付属ポケット補充用)*1
PDF:1,670KB、A4判横 カラー、2ページ、三つ折

2)ポスター

ポスター 手にとるガイドのご案内
(パターン1)
手にとるガイドのご案内(付属ポケットのスペース付き)
PDF:2,380KB、A2判、カラー
ポスター 手にとるガイドのご案内(A2判、カラー、付属ポケットのスペースなし)
(パターン2)
手にとるガイドのご案内(付属ポケットのスペースなし)
PDF:2,450KB、A2判、カラー

3)動画

動画メニュー画面
患者必携『がんになったら手にとるガイド』を活用していただくために
(メニューをクリックして、ご覧ください。)

この動画は、「患者必携 がんになったら手にとるガイド」を紹介し、活用を支援する目的で制作されたものです。

全体版(42分55秒、情報探しのヒント、入手や活用の方法、制作者メッセージなどを紹介)と、簡略版(8分58秒、患者必携『がんになったら手にとるガイド』活用シーンを中心に構成)から、構成されています。
患者必携 がんになったら手にとるガイド
*1 三つ折ちらしの作り方

Adobe Reader 7.0 以降を使用してください。

1.「PDFファイル」を開いて、印刷画面を開く。

2.A4用紙に両面印刷して、印刷した用紙を3つに山折りする。

(三つ折ちらしは、「ポスター 患者必携のご紹介」の付属ポケットの補充用としてお使いいただけます)

3.書籍見本版の無償提供について

がん対策情報センターでは、多くの方々にがんに関する情報を活用いただくために、「がんになったら手にとるガイド(2011年発行、旧版)」「もしも、がんが再発したら(2012年発行)」の見本版を無償で提供しています。
『患者必携 がんになったら手にとるガイド(旧版)』(2011年3月発行、見本版)   『もしも、がんが再発したら[患者必携]本人と家族に伝えたいこと』(2012年3月発行、見本版)
『患者必携 がんになったら手にとるガイド(旧版)』
(2011年3月発行、見本版)
  『もしも、がんが再発したら[患者必携]本人と家族に伝えたいこと』
(2012年3月発行、見本版)
詳細は、「ちらし、カード、冊子、書籍見本版の無償提供」(一般の方へ)をご覧ください。

無償提供に関する注意事項
  • 利用目的によってはご要望に沿えない場合もありますので、あらかじめご了承ください。
  • 無償提供は、がん情報普及に関する非営利目的の場合に限らせていただきます。
患者必携 普及・活用支援ツールの掲載について
患者必携 普及・活用支援ツールは、厚生労働科学研究費補助金(第3次対がん総合戦略研究事業)「患者・家族・国民の視点に立った自立支援型がん情報の普及のあり方に関する研究(研究代表者:渡邊清高 国立がん研究センターがん対策情報センター がん情報・統計部 室長)の研究活動として実施した、パイロット研究の成果をもとに、国立がん研究センターがん対策情報センターが制作した患者必携を自立支援型情報ツールのモデルとし、患者・市民および医療者の視点など、がん情報の認知や活用について検討された研究成果としてまとめられたものです。
用語集
このページの先頭へ