HOME >  診療支援 >  情報データベース >  パスデータベース > 基本パスを探す >  悪性リンパ腫 化学療法(R-CHOP療法導入)基本パス
パスデータベース

悪性リンパ腫 化学療法(R-CHOP療法導入)基本パス

更新日:2015年11月26日     掲載日:2011年07月15日
がんの種類 治療方法 内容 対象 基本パス
悪性リンパ腫 化学療法 化学療法入院 医療者用 基本パスファイルダウンロード
患者用 基本パスファイルダウンロード
適応疾患 CD20陽性のびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫
限局期を除くCD20陽性の濾胞性リンパ腫
注意事項 1.このR-CHOP療法導入パスは比較的軽症の患者さんを対象としたパスであり、最小限必要な項目を盛り込みました。また、短期での共通パスとして作成し、それを元に各施設の実状に沿う変更追加を加えることとしました。そのため、この疾患において特徴的で時に起こりかつ致死的ともなりうる腫瘍崩壊症候群や消化管穿孔および発熱性好中球減少症に対する対応など含まれていませんのでご参考とする際にはご注意ください。
2.通常抗アレルギー剤使用が禁忌とされる緑内障や前立腺肥大症患者、ステロイド使用が問題となる糖尿病、肝炎患者においては使用により悪化が起こることと使用の利益を十分検討した上で投与の可否を判断してください。

基本パスは、厚生労働科学研究費補助金(第3次対がん総合戦略研究事業)「国民に役立つ情報提供のためのがん情報データベースや医療機関データベースの質の向上に関する研究」(研究代表者 若尾文彦)の中の「がんクリニカルパスデータベース構築に関する研究」研究小班(研究分担者 河村進)として研究協力施設で検討し、作製しました。

用語集
このページの先頭へ