HOME > 予防・検診 > がん検診 > 肺がん検診

肺がん検診

更新日:2010年04月01日 [ 更新履歴 ]
更新履歴
2010年04月01日 掲載しました。
非高危険群に対する胸部X線検査、および高危険群に対する胸部X線検査と喀痰細胞診併用法
肺がん死亡率減少効果を示す相応な証拠があることから、対策型検診・任意型検診として非高危険群に対する胸部X線検査、および高危険群に対する胸部X線検査と喀痰細胞診併用法を推奨します。ただし、二重読影、比較読影が必要です。

低線量の胸部CT
低線量の胸部CTによる肺がん検診は、死亡率減少効果の有無を判断する証拠が不十分であるため、集団を対象とした対策型検診としては勧められません。個人を対象とした任意型検診(人間ドックなど)として行う場合には、受診者に対して、肺がん死亡率減少効果が不明であることと、被曝や過剰診断などの不利益について適切に説明する必要があります。なお、臨床現場での撮影条件を用いた非低線量CTは、被曝の面から健常者への検診として用いるべきではありません。

1.各種検査法の評価結果

1)非高危険群に対する胸部X線検査、および高危険群に対する胸部X線検査と喀痰細胞診併用法

これまでの研究をまとめた結果、最近のわが国からの4件の症例対照研究(肺がんで死亡した人と死亡しなかった人の検診受診歴を比較する方法)では、肺がん死亡率減少効果が認められていますが、以前欧米で行われた2件の無作為化比較対照試験(被験者を、検診受診を勧める集団と勧めない集団に分け、その後の肺がん死亡を比較する方法)では認められませんでした。後者は20〜30年前の研究であり、医療水準が現代とは異なっていること、受診を勧めても受けなかった人や勧めていないのに受けた人が相当数いたことも指摘されています。一方、わが国の研究では、すべての研究が同じ傾向を示していること、さまざまな方法で偏りの影響を減らしても、肺がん死亡減少の傾向を失わなかったことなどから、現代の日本におけるガイドラインに用いるべき証拠としては、最近のわが国からの報告を重視することが妥当と判断しました。40〜79歳の男女に対する胸部X線検査と高危険群に対する喀痰細胞診併用法は、死亡率減少効果を示す相応の根拠があると考えられます。ただし、二重読影、比較読影などを含む標準的な方法が行われていない場合には根拠があるとはいえません。

胸部X線検査のみの効果に関する研究は少ないですが、喀痰細胞診との併用法において、胸部X線検査の寄与している割合は高いと推定されています。ただし、明確な上乗せ効果があるとする報告はありませんでした。

胸部X線検査の感度(肺がんがある場合に検査が陽性となる確率)は、実施方法・算出方法によってかなりの差がありますが63〜88%、特異度は95〜99%でした。喀痰細胞診の感度・特異度に関する報告はわずかで、感度25〜78%、特異度99%台と報告されており、胸部X線検査よりも感度のバラツキが著しいとされています。

2)低線量CT

低線量CTによる肺がん検診の肺がん死亡率減少効果を検討した無作為化比較対照試験や症例対照研究は、現在まで1つも発表されていませんでした。唯一、以前行われたメイヨー・ラング・プロジェクトという研究と死亡率減少効果を比較した研究が1件のみ報告されていますが、その結果では、CT検診群の肺がん死亡率は2.8/1,000人年、対照群のそれは2.0/1,000人年となり、統計学的な差を認めませんでした。この研究ではデータ不足により、喫煙や治療法に関しての補正は行われなかったので、それらの影響がどう関与しているかは不明です。結論として、現在のところ有効とする証拠はありませんでした。

2.肺がん検診の不利益

胸部X線検査も喀痰細胞診も、検査前の食事・内服薬の制限や前処置は不要です。不利益としては、胸部X線検査による被曝が問題となり得ますが、人体への影響は極めて小さいと考えられています。ほかには、偽陰性(検査での肺がんの見逃し、中間期がん)によるがん発見の遅れと、偽陽性(本当は病変がないのに精密検査が必要と判定されること)による精神的苦痛、および精密検査に伴う肉体的苦痛・偶発症が挙げられます。

国立がん研究センターがん予防・検診研究センター検診研究部「科学的根拠に基づくがん検診推進のページ」 有効性評価に基づく肺がん検診ガイドライン
用語集
このページの先頭へ