HOME > 研修・セミナー > 地域緩和ケア連携調整員研修 > 地域緩和ケア連携調整員研修(募集終了)
平成28年度 第1回、第2回

地域緩和ケア連携調整員研修(募集終了)

(平成28年度厚生労働省委託費 地域緩和ケアネットワーク構築事業)
更新日:2016年12月27日 [ 更新履歴 ]
更新履歴
2016年12月27日 募集を終了しました。
2016年12月26日 第1回【2日コース】募集を終了しました。
2016年12月22日 第2回【1日コース】募集を終了しました。
2016年12月05日 掲載しました。

■開催日時

第1回【2日コース】: 2017年01月14日(土) 10:00~16:30 (予定)
  2017年01月15日(日) 09:00~12:20 (予定)
第2回【1日コース】: 2017年02月11日(土) 09:00~18:30 (予定)
※2日コース、1日コースともにプログラム内容は変わりません。
可能な限り地域の医療福祉従事者の方々もご参加いただけるよう2種類のコース(日程)をご用意いたしました。参加者のご都合に合わせてコースをご選択ください。

■会場

国立研究開発法人国立がん研究センター 築地キャンパス内
〒104−0045 東京都中央区築地5−1−1
【2日コース】セミナールーム/【1日コース】特別会議室

■主催

国立研究開発法人国立がん研究センター がん対策情報センター

■研修のねらい

本研修は、地域全体で緩和ケアを推進していくために、二次医療圏レベルでの顔の見える関係づくりを促し、連携における地域の課題が整理され解決されるよう、地域の医療福祉従事者間のネットワークを築いていく人材を育成することを目的としています。

■研修対象者

①がん診療連携拠点病院等で地域連携(後方連携)の業務に従事している者
(看護師や医療ソーシャルワーカー等。複数可)
②がん診療連携拠点病院等で地域連携(後方連携)の業務を行う部門の責任者
(副院長、センター長、部長、室長等)
③上記がん診療拠点病院と連携を行っている地域の医療福祉従事者
(病院、在宅療養支援診療所、訪問看護ステーション、地域包括支援センター、居宅介護支援事業所等。複数可)

参加者は、原則①と②を含む2名以上とします。また、可能な限りお誘いあわせの上、③の参加をお願いしています。参加人数の上限はございません。

■プログラム(案)

【講義】
 ○がん対策の動向/地域緩和ケア連携調整員の役割
 ○在宅医療・介護連携事業の動向
 ○在宅医療の実際
 ○病院に求められる地域連携の取り組み
【事例紹介】
【グループワーク】

■申し込み

参加申込用紙に必要事項をご記入の上、事務局までFAX(03-3542-3495)にてお申込みください。
受付は先着順で行ないます。参加が確定次第、メールでお知らせいたします。

お申込み締切:12月26日(月)必着
  参加用紙(PDF)

■参加費

無料 ※交通費は自己負担でお願いいたします。

■問い合わせ先

事務局:国立がん研究センター がん対策情報センター がん医療支援部内
〒104-0045 東京都中央区築地5-1-1
TEL: 03-3547-5201(内線:1708) FAX:03-3542-3495
E-mail:

■その他

事前準備:参加施設には、地域の状況に関する資料を事前にご準備いただいてご参加していただく予定です。(二次医療圏内における在宅医療のリソースの資料等)
詳細につきましては参加決定後、別途お知らせいたします。

■交通案内

地図はこちら 国立がん研究センター公式サイトへのリンク
用語集
このページの先頭へ