HOME > 研修・セミナー > 医師研修 > 緩和ケアの基本教育のための都道府県指導者研修
平成19年度

緩和ケアの基本教育のための都道府県指導者研修

更新日:2007年08月30日 [ 更新履歴 ]
更新履歴
2007年08月30日 掲載しました。
全修了者一覧

■開催日時

開催日:2007年10月13日(土)〜10月14日(日)
開催時間:13日9:50〜19:00 14日8:30〜16:20

第一日
10月13日(土)

9時30分 〜 受付開始
9時50分 〜 開講式
|
19時00分 第一日目終了
第二日
10月14日(日)
8時10分 〜 開場
8時30分 〜 講義開始
|
16時00分 〜 修了証授与式
16時20分 全日程終了

■会場

国立がんセンター (管理棟1階特別会議室)
〒104-0045 東京都中央区築地5−1−1

■講習対象者

対象職種:医師
  1. 各都道府県1〜2名(今後の教育普及活動の負荷を考えると緩和ケアを専門とする医師2名が望ましい)
  2. 都道府県より推薦とするが、都道府県においては、県内の今後の緩和ケアに係る研修体制の整備を念頭におき、地域の中核的医療機関及びその他医療機関に勤務する緩和ケア医の育成に携わることのできる指導的立場(実務を含めた)の医師を選定すること。人選にあたっては、可能な限り、地域医師会や病院関係者等との調整を図ること
  3. 臨床経験:10年以上で、そのうち少なくとも緩和医療の臨床経験が専従の場合3年以上、兼任の場合5年以上であること
  4. 今後各都道府県において、がん医療にかかわる医師の緩和ケア教育に中心的に関与できる者。現在も緩和ケアの臨床業務携わっている者。所属医療機関の大小を問わない。(管理職のための講習ではない)
  5. 次年度以降に開催される「緩和ケア教育のためのワークショップ」への参加は、本研修会の修了者であることが条件

■研修目的および研修内容

  1. 本研修会は、がん対策基本法第9条第1項に基づいて策定された、がん対策推進基本計画における緩和ケアに関する個別目標、「10年以内に、すべてのがん医療に携わる医師が研修等により、緩和ケアについての基本的な知識を習得することとする」を達成するため、各都道府県における緩和ケア教育の中心となる指導者育成のための研修会である。
  2. 本研修修了者は、都道府県およびがん診療連携拠点病院などの緩和ケアチームおよび緩和ケア病棟と連携し、各都道府県内での「「がん医療に携わる医師」に対する緩和ケア教育を担うことを想定されている。
  3. 本研修会では、がん医療に携わる医師が緩和ケアに関して「知っているべき知識」と「臨床上実施するべき内容」を理解し、今後、都道府県がん対策推進計画などに基づいて実施される「がん医療に携わる医師向けの研修」で教育するべき内容を理解していただく。
  4. 本年度のカリキュラムの一部は、精神腫瘍学の基本教育のための都道府県指導者研修会と共有している。
第1日 第2日
開講式 スピリチャルペインの理解と対応
患者として緩和ケアに求めること コミュニケーション
がん対策基本計画と緩和ケアの推進 精神症状への対応
緩和ケアの心 がん患者の家族への対応
がん疼痛のメカニズムと診断 小児がん患者と家族への対応
WHO方式がん疼痛治療法(非オピオイド) 緩和ケア病棟の機能と役割
WHO方式がん疼痛治療法(オピオイド) 緩和ケアチームの機能と役割
WHO方式がん疼痛治療法(鎮痛補助薬) 在宅緩和ケア
がん疼痛緩和のための放射線治療  
痛み以外の身体的苦痛(呼吸困難, 倦怠感, 口渇など)
がん治療に伴う苦痛の緩和(早期からの緩和ケア)
がん患者と心理社会的側面の理解

■申し込み方法など

 (1)研修申し込み方法
研修希望者ごとに、所定の申し込み研修申請様式(様式1)に所定の事項を記入し、研修希望者の所属機関長の推薦書(様式2)、都道府県の推薦書(様式3)、研修希望者の受講理由書(様式4)、研修希望者の履歴書(要写真貼付)、医師免許書の写しを添えて、国立がんセンターがん対策情報センターがん対策企画課宛に郵送で申し込むこと。
 (2)研修申し込み期限
平成19年9月14日(金)必着

■経費等

受講料は無料とするが、その他、旅費等は受講者側の負担とする。
当日は、昼食(弁当)とお茶の代金として別途1000円を一律に徴収させていただきます。

■問い合わせ先

国立がんセンター がん対策情報センター がん対策企画課推進係
電話:03-3542-2511(内線2245) FAX:03-3542-2545
用語集
このページの先頭へ