HOME > 研修・セミナー > 看護師研修 > ELNEC-Jコアカリキュラム指導者養成研修
平成26年度

ELNEC-Jコアカリキュラム指導者養成研修

更新日:2014年05月20日 [ 更新履歴 ]
更新履歴
2014年05月20日 申し込み様式1〜3Wordファイルを差し替えました。
2014年05月07日 掲載しました。
全修了者一覧

■開催日

開催日:2015年01月31日(土)〜02月01日(日)
開催時間:詳細につきましては、プログラムを参照してください。

■会場

独立行政法人国立がん研究センター 築地キャンパス
 〒104−0045 東京都中央区築地5−1−1

■主催 ・共催

主催:独立行政法人国立がん研究センターがん対策情報センター
共催:特定非営利活動法人 日本緩和医療学会

■研修のねらい

エンド・オブ・ライフ・ケアや緩和ケアにおける効果的な教育技法を学ぶことで、がん診療連携拠点病院等で エンド・オブ・ライフ・ケアや緩和ケアに携わる看護師教育における指導的な人材を育成する。

■対象

がん診療連携拠点病院等に勤務する看護師で、以下の条件を満たす方
1) 臨床でエンド・オブ・ライフ・ケアあるいは緩和ケアに5年以上携わったことがある方
2) 看護職を対象としたエンド・オブ・ライフ・ケアあるいは緩和ケアに関する教育を、およそ10時間以上実践した経験がある方 (教育には講義やワーク、臨床指導等を含む)
3) 自施設や地域でELNEC-Jのカリキュラムを用いたエンド・オブ・ライフ・ケアや緩和ケアの教育を実施する意志があり、施設長もしくは看護部長の承諾・推薦書を得ることができる方
4) プログラム受講前・後のアンケート調査への協力に同意できる方
5) 国立がん研究センターがん対策情報センターホームページ、日本緩和医療学会ELNEC-J指導者リスト への名前・所属の掲載に同意できる方

■募集人数

84名

■内容

1.目的

1) エンド・オブ・ライフ・ケアや緩和ケアにおける効果的な教育の体験を通して教育技法を学ぶ
2) エンド・オブ・ライフ・ケアや緩和ケアに携わる看護師の教育実践にあたり、それぞれが直面する障害を克服する方策を考える

2.プログラム

日程 時間 モジュール 各セッションの目標
1/31
(土)
09:00
09:30
受付
調査票記入
 
  イントロダクション ・ELNEC-Jのミッション、ELNEC-J指導者のミッションを理解し、ELNEC-J指導者としての意識を高める
・ELNEC-Jコアカリキュラム指導者用ガイドの構成や使用方法を理解する
・指導者養成プログラム2日間の目標を設定する
  効果的な学習とは ・ELNEC-Jコアカリキュラムで体験するさまざまな教育方法の特徴を理解する
  Module1
エンド・オブ・ライフケアにおける看護ケア
・モジュール1の概要(構成・重要箇所など)を理解する
・モジュール1の効果的な教育方法および配慮すべき点について理解する
  グループワーク(1):
視聴覚教材の効果的な活用方法
・視聴覚教材を活用した教育の体験を通して、ロールプレイ運営の実際を学ぶ
・視聴覚教材を活用した教育の効果と運営上の留意点について考える
  Module2
痛みのマネジメント
Module3
症状マネジメント
・モジュール2、3の概要を理解する
・モジュール2、3の効果的な教育方法および配慮すべき点について理解する
  グループワーク(2):
ケーススタディの効果的な活用方法
・ケーススタディの体験を通して、ロールプレイ運営の実際を学ぶ
・ケーススタディの効果と運営上の留意点について考える
  Module4
エンド・オブ・ライフケアにおける倫理的問題
・モジュール4の概要を理解する
・モジュール4の効果的な教育方法および配慮すべき点について理解する
  Module5
エンド・オブ・ライフケアにおける文化への配慮
・モジュール5の概要を理解する
・モジュール5の効果的な教育方法および配慮すべき点について理解する
  Module6
コミュニケーション−患者の意思決定を支えるために−
・モジュール6の概要を理解する
・モジュール6の効果的な教育方法および配慮すべき点について理解する
  グループワーク(3):
ロールプレイの効果的な活用方法
・ロールプレイの体験を通して、ロールプレイ運営の実際を学ぶ
・ロールプレイの効果と運営上の留意点について考える
18:30頃 1日のまとめと評価 1日の振り返りと評価
2/1
(日)
08:30 Module7
喪失・悲嘆・死別
・モジュール7の概要および教育の方法を理解する
  Module8
臨死期のケア
・モジュール8の概要および教育の方法を理解する
  Module9
高齢者のエンド・オブ・ライフケア
・モジュール9の概要および他のモジュールとの関係性を理解する
  グループワーク(4):
教育計画の立案
・効果的な講義、ワーク、教材の活用方法について検討し、教育計画を立案する
  Module10
質の高いエンド・オブ・ライフケアの達成
・モジュール10の概要を理解する
・補助教材を活用したワークの取り入れ方を学ぶ
  ELNEC-Jコアカリキュラム看護師教育プログラムの開催 ・ELNEC-Jコアカリキュラム看護師教育プログラムの開催方法を理解する
・開催ハンドブックの使い方、開催計画、指導者登録の必要性について理解する
  グループワーク(5):
目標設定
・指導者養成プログラムでの学びを、実際の臨床現場でどのように活用するのか、またELNEC-J指導者としての行動計画を立てる
16:00頃 まとめと評価 2日間の評価と修了証書授与
※プログラム・講師・ファシリテーターは変更する可能性があります。

■受講料

20,000円(教材と2日分の昼食代を含む)
受講が決定した方へ当センターから請求書を送付いたしますので、銀行振込にて指定日までにお振込をお願いいたします。
ご入金後に受講をキャンセルされた場合、ご返金いたしかねますので、ご了承ください。

■申し込み

1.申し込み方法

申込期限:2014年8月1日(金)〜10月31日(金)17:00郵送書類必着

お申し込みの前に必ずこちらの【申込マニュアル簡易版(PDF:214KB)】をご覧ください。

【WEB申込フォームはこちら】

【受講者マニュアル〜WEB申し込み〜(PDF:2MB)】

WEBでのお申し込み後、所定の書類1)〜3)を申込期間内必着にて研修事務局に郵送してください。

所定の書類
 1)【様式1】所属施設長からの申請書
 2)【様式2】受講希望者の看護管理者の推薦書
 3)【様式3】受講希望理由書
 書式はこちら(MS-Word:59KB)からダウンロードしてください。

*申し込みは1施設1名とさせていただきます。
*既に日本緩和医療学会ELNEC-J指導者である方は受講できません。
*封筒のおもてに「ELNEC-J指導者養成プログラム研修」と朱書きしてください。
*簡易書留や宅配便の利用など到着確認のとれる方法で送付してください。
*送付いただいた申込書類は返却できませんので、あらかじめご了承ください。

WEB申し込みと送付書類の到着をもって受け付け完了となりますのでご注意ください。
*書類送付先:
  独立行政法人国立がん研究センター研修事務局(ヤマトシステム開発株式会社内)
  「看護師研修」係
  〒135-0064 東京都江東区青海4-4-18 TACSビル事務棟5F
  TEL:03-3528-2861(平日9:30~17:30)

2.受講決定

応募者が定員を超えて多数の場合、都道府県または地域がん診療連携拠点病院所属の方、過去に当センター看護師研修受講歴またはELNEC-J指導者養成プログラム研修受講歴のない地域や施設の方等を優先して選考させていただきます。
選考結果は、平成26年11月下旬頃に本人と施設長宛に通知します。
受講が決定した方には、「エンド・オブ・ライフ・ケアや緩和ケアの教育/指導経験調査票」と「目標設定シート」をご提出いただきます。提出期限と提出先は受講決定時にお知らせいたします。用紙はこちら(MS-Word:24KB)からダウンロードできます)

3.申込期限

平成26年8月1日(金)〜10月31日(金)17:00(郵送書類必着)

■修了証書

修了者には、国立がん研究センターがん対策情報センターおよび日本緩和医療学会より修了証が交付されます。
途中入退出者には交付されませんので、ご了承ください。

■その他

※本研修修了者が日本緩和医療学会非会員の場合、ELNEC-J指導者として研修を行うには、別途「ELNEC-Jコアカリキュラム指導者用ガイド2014(CD-ROM)」と「ELNEC-Jコアカリキュラム開催ハンドブック2014(冊子)」を日本緩和医療学会で購入していただく必要があります。詳細は研修修了後に日本緩和医療学会にお問い合わせください。

■問い合わせ先

<申し込み受け付けに関するお問い合わせ>
 独立行政法人国立がん研究センター研修事務局(ヤマトシステム開発株式会社内)
 〒135-0064 東京都江東区青海4-4-18 TACSビル事務棟5F
 TEL:03-3528-2861(平日9:30~17:30) FAX:03-3528-2845
 E-mail:

<研修内容に関するお問い合わせ>
 独立行政法人 国立がん研究センターがん対策情報センター
 がん医療支援研究部 教育研修室 細矢 美紀(研修専門職)
 〒104−0045 東京都中央区築地5-1-1
 電話:03−3547−5201(ダイヤルイン) 内線 3532
 FAX:03−3542−2545
 E-mail:

年末年始のご案内
平成26年12月27日(土)~平成27年1月4日まで事務局業務の休業期間とさせていただきます。
尚、休業期間中のお問い合わせにつきましてのお返事は1月5日(月)以降となりますので、よろしくお願いいたします。
用語集
このページの先頭へ