HOME > 研修・セミナー > 看護師研修 > 都道府県指導者養成研修(がん看護研修企画)
平成29年度

都道府県指導者養成研修(がん看護研修企画)

更新日:2017年08月25日 [ 更新履歴 ]
更新履歴
2017年08月25日 申込期限を延長しました。
2017年04月03日 掲載しました。
全修了者一覧

■開催日時

開催日:2017年12月02日(土)、12月03日(日) 2日間
開催時間:詳細につきましては、プログラムを参照してください。

■会場

■主催

国立研究開発法人国立がん研究センターがん対策情報センター

■研修のねらい

都道府県がん診療連携拠点病院の指定要件において、「都道府県においてがん医療に携わる専門的な知識及び技能を有する医師・薬剤師・看護師等を対象とした研修の実施」が求められている。本研修は、都道府県がん診療連携拠点病院が地域がん診療連携拠点病院をはじめとする当該都道府県全体のがん看護の現状や課題を把握し、当該都道府県で求められるがん看護の課題解決や質向上のための研修を企画・実施できる指導者育成を目指すものである。

■対象

  • 都道府県がん診療連携拠点病院において、当該都道府県を対象としたがん看護の研修(がん化学療法看護、せん妄ケア、緩和ケアのいずれか)を企画・実施する指導者的立場にある看護師。教育担当副看護部長、教育委員会委員長、研修内容に精通したがん看護専門看護師や認定看護師など、各施設2名以上で参加すること
  • ※地域がん診療連携拠点病院は、都道府県拠点病院と組んで一緒に参加する場合に限り受講可能とする。

■募集人数

40名

■内容

1.目的

都道府県内のがん看護の現状と課題を把握し、都道府県内のがん看護の課題解決や質向上のための研修企画・実施・評価を行うことができる。

2.目標

1)各都道府県のがん看護の現状と課題を明確にできる。
2)効果的な研修の企画、運営、実施、評価の方法を理解できる。
3)各都道府県のがん看護を向上するための研修企画を立案・実施・評価できる。

3.プログラム

日程 時間 研修方法・テーマ 内容
12/2
(土)
10:00~10:15
(15分)
オリエンテーション 研修内容説明、講師・ファシリテーター紹介
10:15~10:45
(30分)
【講義】
日本のがん対策と都道府県がん診療連携拠点病院の役割
都道府県がん診療連携拠点病院が、地域がん診療連携拠点病院等にがん看護に関する研修を開催する必要性、研修の評価について
10:45~11:45
(60分)
【実例紹介】
都道府県研修の開催プロセスとその実際
2都道府県の発表
13:00~14:00
(60分)
【都道府県ワーク】
課題の明確化
事前課題に基づき、各都道府県のがん看護の課題を明確化する
14:00~15:00
(60分)
【講義】
研修企画と教育技法の基礎知識
研修企画
教育技法
15:20~17:00
(100分)
【講義】
各研修の要素と運営の工夫点・留意点について
分科会(せん妄ケア、がん化学療法看護、緩和ケア)に分かれる。各研修の内容の紹介と運営の工夫点・留意点について
12/3
(日)
9:00~12:00
(120分)
【都道府県ワーク】
研修企画立案
都道府県ごとに研修企画を立案する

(10:30~ペアの都道府県と意見交換)
13:20~14:30
(70分)
【発表】
研修企画の発表と共有
都道府県ごとに研修企画を発表する
14:30~15:00 まとめ 質疑応答
修了証書交付、アンケート記入
※プログラム、講師は変更の可能性があります。
※講師・ファシリテーター(予定)
土師 菜緒子(国立がん研究センター中央病院 看護部 看護師長 医療安全管理者)
藤井 恵美(国立がん研究センター中央病院 看護部 看護師長 がん化学療法看護認定看護師)
朝鍋 美保子(国立がん研究センター中央病院 看護部 看護師長 がん化学療法看護認定看護師)
山田 明美(国立がん研究センター中央病院 看護部 看護師長 がん性疼痛看護認定看護師)
細矢 美紀(国立がん研究センター中央病院 看護部 看護師長 がん看護専門看護師)
三浦 仁美(国立がん研究センター中央病院 看護部 副看護師長 がん化学療法看護認定看護師)
木嶋 あすか(国立がん研究センター中央病院 看護部 副看護師長 緩和ケア認定看護師)
加藤 雅志(国立がん研究センターがん対策情報センター がん医療支援部長)
塚越 真由美(国立がん研究センターがん対策情報センター がん医療支援部 がん看護専門看護師)
關本 翌子(国立がん研究センター東病院 看護部 副看護部長 がん性疼痛看護認定看護師)
上杉 英生(国立がん研究センター東病院 看護部 看護師長 がん看護専門看護師)
小川 朝生(国立がん研究センター東病院 精神腫瘍科長、臨床開発センター 精神腫瘍学開発分野長)
小澤 桂子(NTT東日本関東病院 がん相談支援センター/化学療法センター がん看護専門看護師)
前原 みゆき(埼玉県立がんセンター 看護部 看護師長 がん化学療法看護認定看護師)
熊谷 靖代(野村訪問看護ステーション がん看護専門看護師)
矢野 和美(東京逓信病院 看護部 がん看護専門看護師)

4.事前課題

各都道府県のがん看護の現状を把握するためのアンケート等を実施し、課題を明確化する。

5.事後課題

研修修了後1年以内に企画した研修を実施し、平成30年度「都道府県指導者養成研修(がん看護研修企画)フォローアップ研修」を受講する。

■受講料

17,280円(税込)
※受講が決定した方へ当センターから請求書を送付いたしますので、銀行振込にて指定日までにお振り込みをお願いいたします。
※ご入金後に受講をキャンセルされた場合、ご返金いたしかねますので、ご了承ください。

■申し込み

申込期限:2017年06月30日(金)16:00 9月22日(金)16:00まで延長します。

1.申し込み方法

WEBでのお申し込み後所定の書類1)~4)を申込期間内必着にて研修事務局に郵送してください。

お申し込みの前に必ずこちらの【申込マニュアル簡易版(PDF:226KB)】をご覧ください。

【WEB申込フォームはこちら】

【受講者マニュアル~WEB申し込み~(PDF:1.8MB)】

【WEB申し込みFAQ】
ご不明な点はこちらをご確認ください。

所定の書類
  1)【様式1】所属施設長からの申請書
  2)【様式2】(看護管理者の)推薦書
  3)【様式3】受講希望理由書
  4)【様式4】都道府県からの推薦書(施設で1枚)
  書式はこちら(MS-Word:62KB)からダウンロードしてください。

*施設からの応募が複数名の場合は、【様式1】は一施設一枚の提出で結構です。
*封筒のおもてに「都道府県指導者養成研修(がん看護研修企画)」と朱書きしてください。
*簡易書留や宅配便の利用など到着確認のとれる方法で送付してください。
*都道府県からの推薦書については、都道府県庁のがん対策担当課にお問い合わせください。
WEB申し込みと送付書類の到着をもって受け付け完了となりますのでご注意ください。

*書類送付先(研修事務局):
国立研究開発法人国立がん研究センター研修事務局(オスカー・ジャパン株式会社内)
「看護師研修」係
 〒181-0013 東京都三鷹市下連雀3-35-1 ネオ・シティ三鷹
 TEL:0422-24-6818(平日10:00~12:00、13:00~16:00)

2.受講決定

受講決定は、2017年7月下旬頃に本人および施設長宛に通知します。

受講決定された方には事前課題の詳細についてお知らせします。

3.申込期間

2017年4月3日(月)10:00~6月30日(金)16:00(WEB申し込みと郵送書類必着)
9月22日(金)16:00まで延長します。
障害のある方へのご案内
研修受講者で、障害等があり受講上の配慮を希望される場合は、研修申し込み時に研修担当者(E-mail:)にご連絡ください。研修申し込み時にお申し出がない場合、受講上の配慮ができなくなることがございます。また、ご希望のすべてに対応できるとは限りませんのでご了解ください。
※受講上の配慮の例:座席を前列または入口付近に設定、補聴器の持参使用、介護者の研修会場への同伴等

■修了証書

研修受講者には、修了証書を交付します。
途中入退席者には交付されませんので、ご了承ください。

■問い合わせ先

<申し込み受け付けに関するお問い合わせ>
国立研究開発法人国立がん研究センター研修事務局(オスカー・ジャパン株式会社内)
 〒181-0013 東京都三鷹市下連雀3-35-1 ネオ・シティ三鷹
 TEL:0422-24-6818(平日10:00~12:00、13:00~16:00)
 E-mail:

<研修内容に関するお問い合わせ>
国立研究開発法人国立がん研究センターがん対策情報センター
がん医療支援部 教育研修室 塚越 真由美(研修専門職)
 〒104−0045 東京都中央区築地5−1−1
 TEL:03−3547−5201(ダイヤルイン番号) 内線3532
 E-mail:

■その他

本研修修了者は、都道府県における研修事業の活性化のための情報提供として、がん対策情報センター公式ホームページ「がん情報サービス」内に、氏名および所属施設名を公表いたします。
用語集
このページの先頭へ