HOME > 研修・セミナー > セミナー > セミナー案内 2008年度 > 平成20年度 厚生労働省がん研究助成金によるシンポジウム『がん薬物療法の進歩と課題』

平成20年度 厚生労働省がん研究助成金によるシンポジウム『がん薬物療法の進歩と課題』

更新日:2008年09月30日    掲載日:2008年08月21日

厚生労働省がん研究助成金においては、毎年度1回研究成果を広く公表し、がん研究およびがん診療の効果的な展開を図ることを目的として、昭和52年度からシンポジウムを開催しています。
今年度は、研究者向けには、「がん薬物療法の進歩と課題」、一般市民向けに市民公開講座としては、「有効な新薬をより早く」というテーマで行います。

開催の要領は以下のとおりですので、最寄りの各会場に多数ご参加ください。



■開催日時

開催日:2008年10月18日(土)
開催時間:研究者向けシンポジウム 09:00〜15:15
(研究者のみを対象としています。一般の方はご入場できません。)
一般市民向けシンポジウム「市民公開講座」 15:40〜17:50
(一般の方を対象としています。どなたでもご入場いただけます。)

■主会場

国際研究交流会館 3階 国際会議場
(国立がんセンター築地キャンパス(東京都中央区築地5−1−1)内)

■中継会場

主会場の他以下の会場においてテレビ中継を行います。

研究者向けおよび一般市民向け両方中継

会場 
会場住所 会場電話
中継場所 募集人数

1)北海道がんセンター 地図  
  〒003−0804 北海道札幌市白石区菊水四条2−3−54 電話011−811−9111
  大講堂 120人
2)青森県立中央病院 地図
  〒030−8553 青森県青森市東造道2−1−1 電話017−726−8402
  2階 カンファレンスルーム 24人
3)岩手県立中央病院 地図
  〒020−0066 岩手県盛岡市上田1−4−1 電話019−653−1151(内線2196)
  3階 視聴覚室 48人
4)宮城県立がんセンター 地図
  〒981−1293 宮城県名取市愛島塩手字野田山47−1 電話022−384−3151(内線169)
  大会議室 120人
5)山形県立がん・生活習慣病センター 地図
  〒990−2292 山形県山形市大字青柳1800番地 電話023−685−2626(内線3329)
  医局会議室 48人
6)茨城県立中央病院 地図
  〒309−1793 茨城県笠間市鯉渕6528 電話0296−78−5420
  2階大会議室 36人
7)群馬県立がんセンター 地図
  〒373−8550 群馬県太田市高林西町617−1 電話0276−38−0771
  3階 大会議室 60人
8)千葉県がんセンター 地図
  〒260−8717 千葉県千葉市中央区仁戸名町666−2 電話043−264−5431
  西1階TV会議室 120人
9)国立がんセンター東病院 地図
  〒277−8577 千葉県柏市柏の葉6−5−1 電話04−7133−1111(内線2313)
  臨床開発センター 講堂 96人
10)新潟県立がんセンター新潟病院 地図
  〒951−8566 新潟県新潟市川岸町2−15−3 電話025−266−5161
  がん予防総合センター3F ネットワーク室 36人
11)静岡県立静岡がんセンター 地図
  〒411−8777 静岡県駿東郡長泉町下長窪1007 電話055−989−5222(内線6648)
  研究所 会議室1・2 54人
12)名古屋医療センター 地図
  〒460−0001 愛知県名古屋市中区三の丸4−1−1 電話052−951−1206
  会議室 第一会議室 60人
13)愛知県がんセンター中央病院 地図
  〒464−8681 愛知県名古屋市千種区鹿子殿1−1 電話052−762−6111(内線2502)
  国際医学交流センター視聴覚室 60人
14)大阪府立成人病センター 地図
  〒537−8511 大阪府大阪市東成区中道1−3−3 電話06−6972−1181(内線3148)
  本館 6階講堂 120人
15)呉医療センター 地図
  〒737−0023 広島県呉市青山町3−1 電話0823−22−3111
  医療情報センター 48人
16)四国がんセンター 地図
  〒791−0280 愛媛県松山市南梅本町甲160 電話089−999−1111
  3階研修室 240人
17)九州がんセンター 地図
  〒811−1395 福岡県福岡市南区野多目3−1−1 電話092−541−3231
  会議室 84人

■プログラム

研究者向けシンポジウム
『がん薬物療法の進歩と課題』09:00〜15:15

新規抗がん剤に加えて分子標的治療、細胞療法、免疫療法などが臨床導入され、がん薬物療法が変わりつつあります。分子標的治療薬の基礎と臨床をメインテーマとし、個別化治療へのアプローチを含めたがん薬物療法における最新情報、今後の課題について講演・討論を行い、わが国での課題を明らかにしたうえで将来の開発の方向性を探ります。

●分子標的薬最新情報
1.EGFR阻害剤
  1)小分子化合物 近畿大学 岡本 勇
  2)抗EGFR抗体 国立がんセンター東病院 吉野 孝之
  3)抗HER2抗体 埼玉医科大学国際医療センター 佐伯 俊昭
2.血管新生阻害剤
  1)抗VEGF抗体 愛知県がんセンター中央病院 室 圭
  2)VEGF阻害剤 国立がんセンター中央病院 山田 康秀
3.プロテアソーム阻害剤 名古屋市立大学 飯田 真介
4.mTOR阻害剤 九州大学 内藤 誠二

●個別化治療へのアプローチ
  1)PGXに基づいた個別化 名古屋大学付属病院 安藤 雄一
  2)バイオマーカーによる個別化 近畿大学 西尾 和人
  3)プロテオミクス解析に基づく個別化 国立がんセンター研究所 山田 哲司
  4)遺伝子治療による個別化 岡山大学 藤原 俊義

■申し込み

申し込み方法
 ポスターWEBからの申し込みとなります。
 参加申し込みページにアクセスし、参加申し込みフォームから送信してください。
 各会場とも先着順にて登録し、定員になり次第締め切らせていただきます。
 最終の申し込み締め切りは10月10日(金)です。
 WEBからのお申し込みができない場合は「本件連絡先」へご連絡ください。
 詳しくはこちらのポスター(PDF:325KB)をご覧ください。

■本件連絡先

本件についての問い合わせは以下にお願いいたします。

事務局(オスカー・ジャパン(株)内)
 〒180−0013 東京都武蔵野市西久保1−3−12 オークビル5階
 電話:0422−59−1878 FAX:0422−59−1809 
 e-mail:ncc @ oscar-japan.com
 受付時間:平日10:00〜12:00、13:00〜16:00

用語集
このページの先頭へ