基底細胞がん:[がん情報サービス]
がん情報サービス ganjoho.jp
医療者向けサイト
右側ナビゲーションの始まり
それぞれのがんの解説

パンくず式ナビゲーション
TOPそれぞれのがんの解説 > 基底細胞がん

基底細胞がん(きていさいぼうがん)

更新日:2007年09月03日    掲載日:1996年09月13日

基底細胞がんは、表皮の最下層である基底層や毛包などを構成する細胞が悪性化したものです。有棘細胞がんと同様に正確な年間発生数は不明ですが、1997年に国立がんセンター(現国立がん研究センター)が中心となって行った全国の主要109病院に対するアンケート調査では、日本人に最も多い皮膚がんで、毎年10万人あたり5人以上がこのがんにかかっていると推定されています。

基底細胞がんは全体の約80%が頭と顔に発生することからも、太陽光線(特に紫外線)によって引きおこされる可能性が非常に高いと考えられています。近年、人口の高齢化とともに発生数が増えているのも、長期間にわたって紫外線を浴び続けた悪影響のためであろうといわれています。発生数は50歳を超えると目立って増えはじめ、年齢とともに増加し続けます。有棘細胞がんと同様に、通常のがん年齢よりも高齢者に多い傾向があり、60歳代が全体の約25%、70歳以上が全体のおよそ45%を占めています。男性にやや多い傾向がありますが、男女間の性差はほとんどありません。紫外線の他には、発症誘因としてやけどや外傷の瘢痕(はんこん:きずあと)、放射線による皮膚障害などがあげられます。また、色素性乾皮症という特殊な病気では、生まれつき皮膚が非常に弱く基底細胞がんが発生しやすいため注意が必要です。

基底細胞がんは、放置すると皮膚だけでなく筋肉や骨などの深い組織へと浸潤していきますが、リンパ節や内臓への転移は非常にまれであるという特徴があります。

1.症状

初期症状として最も多いのは黒色から黒褐色の軽く盛り上がった皮疹で、ほとんどの人がほくろと勘違いします。これが通常は数年間かかって徐々に大きくなり腫瘤(しゅりゅう)を形成し、進行すると中心部は陥没して潰瘍となり、その周辺部は堤防状に盛り上がった黒い丘疹(きゅうしん)が縁どるように並びます。中心の潰瘍の部分はかさぶたが繰り返しできたり、出血しやすい状態となります。これが、「結節・潰瘍型」と呼ばれる日本人に多いタイプの基底細胞がんで、70%近くが上下のまぶた、鼻、上口唇の周りに集中して発生します。まれには「斑状強皮症型」といって、やや光沢のある薄い紅色や白色で瘢痕に似た状態のものや、「表在型」という、境界が鮮明な紅斑で表面にかさぶたのようなポロポロと落ちる皮膚のついた状態のものなど、がんには見えないようなものもあります。

通常、痛みやかゆみなどの症状はありません。

2.診断

確定診断のためには、局所麻酔をして皮膚病変の一部を切りとり、顕微鏡で調べる皮膚生検が必要です。他に腫瘍の浸潤(しんじゅん:周囲への広がり)の深さや転移など、病気の広がりを調べるために、胸部レントゲン、腹部の超音波検査をはじめ、全身シンチグラムと呼ばれるラジオアイソトープを使った検査や、CTやMRIと呼ばれる精密検査を必要に応じて行います。検査によってがんがどのくらい進行しているのかという時期(病期:ステージ)を確かめ、それぞれの病期に応じた治療法を行います。

3.病期(ステージ)

皮膚がん(悪性黒色腫を除く)の病期は、以下のように0期からIV期までの5つの時期に分けられます。 実際には基底細胞がんの約85%は2cm以下の大きさで真皮内にとどまっているI期の状態で見つかり、リンパ節や内臓への転移は全体の約0.5%と非常にまれです。

0期

悪性化した細胞(がん細胞)は出現しているものの表皮の中にとどまっている。
この時期を表皮内がんと呼ぶが、これはがんの一歩手前の状態。
本物のがんではない。

I期

腫瘍の大きさが2cm以下で、真皮だけ、または真皮から皮下組織の中にとどまっている。

II期

腫瘍の大きさは2cmを超えているが、真皮、または真皮から皮下組織の中にとどまっている。

III期

腫瘍の大きさにかかわらず、腫瘍の深さが皮下組織を越えて、さらに深い筋肉、軟骨、骨などにおよんでいる。
または腫瘍の大きさにかかわらず、所属リンパ節と呼ばれる首、わきの下、太もものつけ根のリンパ節に転移がある。
(注:同時にいくつもの腫瘍が多発している場合は、その中の最も進行した状態のものを代表と考えて病期分類を行う。)

IV期

所属リンパ節を越えて遠隔転移(内臓に転移)をしている。

4.治療と生存率(治療成績)

生存率は、通常、がんの進行度や治療内容別に算出しますが、患者さんの年齢や合併症(糖尿病などがん以外の病気)の有無などの影響も受けます。用いるデータによってこうした他の要素の分布(頻度)が異なるため、生存率の値が異なる可能性があります。
ここにお示しする生存率は、これまでの国立がんセンターのホームページに掲載されていたものです。生存率の値そのものでなく、ある一定の幅(データによって異なりますが±5%とか10%等)をもたせて、大まかな目安としてお考え下さい。

治療法は、ほとんどが外科療法のみです。腫瘍の辺縁から0.5cmくらい皮膚の切除範囲を大きくし、皮下脂肪組織も十分な深さまで切除します。手術による皮膚の欠損が大きい場合には、植皮によって足りない皮膚を補います。これで基底細胞がんは治ってしまいます。ただし、斑状強皮症型の基底細胞がんは腫瘍の輪郭がわかりにくく、見た目の印象より周辺に広がっている場合があるため、切除範囲が大きくなることがあります。

このがんの発生部位が顔面の中心部に集中しているため、目、鼻、口の変形を避けるあまり、手術範囲を小さくすると再発の危険が高くなります。再発をした基底細胞がんの治療後の再発率、つまり再々発率は50%に達します。転移の心配がないとはいえ顔の中心部で局所再発を繰り返すと、周りの筋肉、軟骨、骨などの組織を破壊しながらさらに深部へと浸潤しますので、初回手術で十分な切除が非常に大切です。

基底細胞がんは高齢者に多いため、持病の状態などで手術が無理な場合などに特殊なケースとして放射線療法や凍結療法を行うこともあります。

アンケートにご協力ください
よりよい情報提供を行うために、アンケートへの協力をお願いいたします。
簡単な7問ほどのアンケートですので、ぜひ、ご協力ください。
アンケートページへ

フッターの始まり