HOME > それぞれのがんの解説 > 悪性黒色腫(皮膚)

全ページ表示がんの冊子PDF悪性黒色腫(皮膚)(あくせいこくしょくしゅ(ひふ))

更新日:2017年07月24日 [ 更新履歴 ]
更新履歴
2017年07月24日 「5.統計」を更新しました。4タブ形式に変更しました。
2016年03月24日 タブ形式への移行と、「皮膚悪性腫瘍取扱い規約 第2版(2010年)」「科学的根拠に基づく皮膚悪性腫瘍診療ガイドライン 第2版(2015年)」より、内容の更新をしました。
2006年10月01日 内容を更新しました。
1996年04月02日 掲載しました。
診療の流れ、セカンドオピニオンなど、本格的に治療を始める前に知っておいていただきたい情報については「治療にあたって」をご参照ください。

1.皮膚について

皮膚は表面に近い部分から表皮、真皮、その深部の皮下組織の3つの部分に大きく分かれます(図1)。表皮はさらに表面側から順に、角質層、顆粒層(かりゅうそう)、有棘層(ゆうきょくそう)、基底層(きていそう)の4層に分けられます。表皮最下層である基底層は真皮と接しています。真皮には、血管、神経、毛嚢(もうのう)、脂腺、汗腺、立毛筋などの組織があります。
図1 皮膚の構造
図1 皮膚の構造
図2 表皮の構造と細胞
図2 表皮の構造と細胞

2.悪性黒色腫とは

皮膚がん(皮膚悪性腫瘍)は、このような皮膚を構成する細胞から発生するがんのことで、発生した場所やがん細胞の種類によって区分されます。

悪性黒色腫は皮膚がんの1つで、単に黒色腫またはメラノーマと呼ばれることもあります。皮膚の色と関係するメラニン色素を産生する皮膚の細胞で、表皮の基底層に分布しているメラノサイト(図2)、あるいは母斑細胞(ぼはんさいぼう:ほくろの細胞)が悪性化した腫瘍と考えられます。

3.症状

メラノサイトと呼ばれる色素をつくる細胞またはほくろの細胞(母斑細胞)が悪性化し、悪性黒色腫になる一歩手前の状態が存在し、悪性黒色腫前駆症と呼ばれています。この前駆症の状態ないしは早期の悪性黒色腫の状態で発見することが最も重要です。

皮膚は身体の表面にありますので、注意すれば自分もしくは家族により悪性黒色腫を早期に発見することが可能です。しかしながら、早期の場合には、普通のほくろと悪性黒色腫を区別することは非常に難しいのが実情です。そのため、少しでもおかしいと思われるほくろがあった場合は、自己判断せずに、まず皮膚科専門医を受診することが、早期発見、早期治療につながります。

悪性黒色腫の早期症状として、下記に示すABCDEの5つの特徴があるといわれています(表1)。この5つのポイントを示す場合、悪性黒色腫の可能性が高くなります。
表1 悪性黒色腫の早期の症状
symmetry 非対称性 形が左右非対称
order 輪郭がギザギザしている 皮膚とほくろの輪郭がギザギザして不整/色のにじみ出しがある
olor 色むら 色調が均一でない/色むらがある
iameter 大きさ 長径が6mm以上
volving 変化がある 大きさが拡大する、色・形・症状が変化してくる
このほか、比較的短期間(約1~2年以内)に次のような変化があれば、要注意です。

1)色の変化

一般に薄い褐色が濃い黒色に変化する場合が多くあります。また、色調に濃淡が生じて相混じったり、一部色が抜けてまだらになることもあります。

2)大きさの変化

1~2年以内の経過で、直径2~3mm程度の色素斑(しきそはん)が5~6mm以上になった時は注意すべきです。短期間に目立って大きくなるものは要注意です。

3)形の変化

色素斑の辺縁が、ぎざぎざに不整になったり、しみ出しが出現したりすることがあります。色素斑の一部に硬結(こうけつ)や腫瘤(しゅりゅう:かたまりのできもの)が出現した場合は要注意です。

4)かたさの変化

一般に、ほくろは均一なかたさをしていますが、その一部または全体がかたくなってくることがあります。

5)爪の変化

爪にできる場合はほかの皮膚と違い、爪に黒褐色の色素線条(縦のすじ)が出現し、半年~1年くらいの短期間に色調が濃くなって、すじの幅が拡大してきます。進行すると爪が割れたり、色素のしみ出しが出現することがあります。

4.病型分類

悪性黒色腫の臨床症状は、大きく4つのグループ(病型)に分けられます。それぞれのタイプによって、症状のあらわれ方は異なります。
表2 悪性黒色腫の病型
病型 人種・年齢などの特徴 発生部位 症状のあらわれ方
(1) 末端黒子型
黒色腫
日本人に最も多い 足の裏や手のひら、手足の爪などに発生する ●はじめは褐色・黒褐色のシミができ、次第に色調が一部濃くなったり潰瘍(かいよう)ができたりする。
●爪に黒褐色の縦のスジができ、次第に爪全体に広がって割れたり、爪周辺の皮膚に黒褐色のしみ出しがあらわれたりする。
(2) 表在拡大型
黒色腫
白人に多い病型だが、近年日本人にも増加している ほくろの細胞から発生すると考えられ、体幹や手足に発生する ●わずかに盛り上がったシミが見られ、輪郭は不整で、色調はまだら状である。
(3) 結節型
黒色腫
  全身のどこにでも発生する ●はじめから立体構造をしていることが多く、色調は全体的に濃黒色となり、濃淡が混ざるようになる。
●早期に深部に進行したり、転移したりすることが多い。
(4) 悪性黒子型
黒色腫
高齢者に多い 顔面、首、手背(しゅはい)など日光に照射されやすい露出部位に発生する ●はじめは褐色から黒褐色の色素斑(しきそはん)が出現し、やがて濃黒色が混ざって拡大し、さらに一部に硬結や腫瘤が出現する。
●ゆるやかに成長することが多い。

5.統計

悪性黒色腫と新たに診断される人数は、1年間に100万人あたり約10~20人です。年齢別にみた罹患(りかん)率は、男女とも60歳代から高齢になるにつれて高くなります。罹患率の男女差は大きくありません1)

発生部位は足底(足の裏)が最も多く、このほか体幹、顔面、首、爪(つめ)などさまざまな部位に発生することもあります。その他、悪性黒色腫は皮膚だけでなく、頻度はあまり多くありませんが粘膜にも発生することがあります。

6.発生要因

悪性黒色腫の発生には、遺伝的背景と環境因子の双方が重要な役割を果たしています。白色人種の発生率が有色人種よりも数倍高く、紫外線の強い地域に住む白色人種の発生率がさらに高いという報告もあり、紫外線が関係している可能性があります。

日本人では悪性黒色腫の大半が紫外線の影響を直接受けない部位(肢端部)に発生し、紫外線の関与は少ないと考えられます。しかしながら、過度な日焼けは避けたほうが無難であると思われます。また、サンスクリーン剤で紫外線を防御することで、紫外線を直接浴びる部位の悪性黒色腫の発生率が減少する傾向が報告されています。

白色人種では家族内で発生したり、数カ所の皮膚に多発する家系が報告されており、遺伝的に悪性黒色腫が発生しやすい家系があると考えられています。

一方、わが国では今のところそのような家系は明らかではありません。わが国では、足底や爪部など普段慢性的に刺激を受けやすい部位、あるいは衣類などですれる部位や外傷を受けた部位などに発生が多くみられることより、外的刺激も危険因子の1つと考えられています。

ほくろと思われるしみに対して、自分で針を刺したり、焼いたりしてとろうとすることは決して行ってはいけません。ほくろを刺激しないように心がけるべきです。さらに、成人後出現したほくろが次第に大きくなったり、色が濃くなったりしてきた場合は、早めにお近くの皮膚科を受診しましょう。

7.「悪性黒色腫」参考文献

1) Tamaki T, et al. The burden of rare cancer in Japan: application of the RARECARE definition. Cancer Epidemiology. 2014;38(5):490-495.
2) 日本皮膚悪性腫瘍学会編:皮膚悪性腫瘍取扱い規約 第2版(2010年8月);金原出版
3) 日本皮膚科学会.皮膚悪性腫瘍診療ガイドライン 第2版.日本皮膚科学会雑誌.2015年;125(1):5-75
4) 日本皮膚悪性腫瘍学会編:科学的根拠に基づく皮膚悪性腫瘍診療ガイドライン 第1版(2007年);金原出版
5) James D. Brierley, Mary K. Gospodarowicz, Christian Wittekind, editors. UICC: TNM Classification of Malignant Tumours, 8th Edn. West Sussex: Wiley-Blackwell; 2017.143-144.
6) 日本皮膚悪性腫瘍学会.悪性黒色腫(メラノーマ)薬物療法の手引 version 1.Skin Cancer.2017年;32(1):1-5
お探しの情報が見つからないときは…
がん情報サービスサポートセンター
がん相談支援センターを探す
アンケートにご協力ください
よりよい情報提供を行うために、アンケートへの協力をお願いいたします。
簡単な7問ほどのアンケートですので、ぜひ、ご協力ください。
アンケートページへ
用語集
このページの先頭へ