卵巣がん 基礎知識:[がん情報サービス]
がん情報サービス ganjoho.jp
右側ナビゲーションの始まり
それぞれのがんの解説

パンくず式ナビゲーション
TOPそれぞれのがんの解説 > 卵巣がん 基礎知識

卵巣がん(らんそうがん)

更新日:2013年01月29日 [ 更新履歴 ]    掲載日:1996年07月25日
更新履歴
2013年01月29日 内容を更新しました。タブ形式に変更しました。

1.卵巣について

卵巣は子宮の両脇に1つずつある親指大の楕円(だえん)形の臓器です。生殖細胞である卵子がそこで成熟し、放出されます。それとともに周期的に女性ホルモンを分泌しています。
図1 卵巣と周囲の臓器
図1 卵巣と周囲の臓器

2.卵巣がんとは

卵巣にできる腫瘍には良性のものと悪性のものがあり、85%は良性です。また、悪性度が比較的低い、境界悪性腫瘍と呼ばれる卵巣がんもあります。

卵巣の腫瘍はその発生する組織によって大別され、上皮性(じょうひせい)、胚細胞**性(はいさいぼうせい)、性索間質***性(せいさくかんしつせい)などの種類があります。

最も多いのは、卵巣の表層をおおう細胞に由来する上皮性腫瘍で、この中には良性腫瘍悪性腫瘍のほかに良性、悪性の中間的な性質をもつ腫瘍(境界悪性腫瘍)があります。上皮性腫瘍は主に4つの細胞型に分けられ、それぞれ異なった性格をもっています。上皮性のがんは卵巣がんの90%を占めています。

次に多いのは、卵子のもとになる胚細胞から発生するがんです。この種のがんついては「卵巣胚細胞腫瘍」を参照してください。

上皮:卵巣をおおう細胞の層
** 胚細胞:卵子のもとになる細胞
*** 性索間質:ホルモンを産生する細胞と周囲の組織

3.症状

卵巣がんができても、はじめはほとんど自覚症状はありません。下腹部にしこりを触れる、圧迫感がある、膀胱(ぼうこう)が圧迫されて尿が近くなるなどの症状があって受診することが多いのですが、このようなときは既にがんが進行していることも少なくありません。卵巣がんは進行すると転移します。がんが大きくなる前に転移する場合もあります。卵巣がんの場合、腹腔(ふくくう)内(おなかの中)の臓器にがん細胞が散らばっていく播種(はしゅ)という転移が中心になります。おなかの中にがんが広がることでおなかに水がたまって腹部全体が張ってくる、胸にまでがんが広がることで胸に水がたまって息切れがするといった症状が出て初めて異常に気づくことも少なくありません。

卵巣がんは症状を自覚しにくいため、受診が遅れがちになります。早期発見の有効な方法はまだありませんが、腹部の違和感があった場合には、早めに婦人科を受診することが大切です。

4.疫学・統計

年齢別にみた卵巣がんの罹患率(りかんりつ)は、40歳代から増加し、50歳代から60歳代がピークです。卵巣がんの死亡率は、50歳以降増加して高齢になるほど高くなります。

卵巣がんの発生には、複数の要因が関与していると考えられています。卵巣がんで遺伝的関与があるのは5~10%ですが、近親者に卵巣がんにかかった人がいる場合は、いない人に比べて発症の確率が高いといわれています。家族性腫瘍として、乳がんと同じく、BRCA1、BRCA2遺伝子の変異が知られています。

家族性腫瘍については「家族性腫瘍」もご参照ください。

ほかに、出産歴がない場合に卵巣がんの発生リスクが高まることが指摘されています。婦人科疾患では骨盤内炎症性疾患、多のう胞(たのうほう)性卵巣症候群、子宮内膜症がリスク要因として指摘されています。そのほか、可能性のあるリスク要因として、肥満、食事、排卵誘発剤の使用、10年以上にわたるホルモン補充療法があげられます。

また、経口避妊薬の使用は、卵巣がんのリスクを低下させます。
【卵巣がん検診について】
卵巣がんは初診時すでに転移している人が多いため、症状のない人を対象に、検診によって卵巣がんを早期発見しようとする試みが研究として行われています。検診は血液検査(CA125)と腟(ちつ)からの超音波(エコー)検査によって行われます。過去10年間、わが国よりも3倍以上卵巣がんのリスクが高い欧米で多くの研究が行われましたが、検診の有効性を証明できませんでした。2011年には米国の女性78,216人を対象とした調査結果が発表され、CA125と腟からの超音波検査を受けた場合と受けない場合で卵巣がんによる死亡率に差が認められないことが示されています。このような結果を分析して、欧米の医学界では、研究以外の場で無症状の女性が卵巣がん検診を受けることは推奨できないとするガイドラインを1994年に出しています。また米国予防医療作業部会では2004年より定期的に卵巣がん検診を行うことに反対の立場を示しています。
閉じる
アンケートにご協力ください
よりよい情報提供を行うために、アンケートへの協力をお願いいたします。
簡単な7問ほどのアンケートですので、ぜひ、ご協力ください。
アンケートページへ

フッターの始まり