前立腺がん 転移・再発:[がん情報サービス]
がん情報サービス ganjoho.jp
右側ナビゲーションの始まり
それぞれのがんの解説

パンくず式ナビゲーション
TOPそれぞれのがんの解説 > 前立腺がん 転移・再発

前立腺がん(ぜんりつせんがん)

  • 基礎知識
  • 診療の流れ
  • 検査・診断
  • 治療の選択
  • 治療
  • 生活と療養
  • 転移・再発
更新日:2014年11月18日 [ 更新履歴 ]    掲載日:1996年10月16日
更新履歴
2014年11月18日 「1.再発(治療法別)」「3.生活の質を重視した治療」を大幅に更新しました。
2013年11月08日 内容を更新しました。タブ形式に変更しました。
2006年10月06日 内容を更新しました。

1.再発

根治を目的とした治療を実施したにもかかわらず、PSA値がある基準を超えたとき(PSA再発)や、リンパ節または他臓器に転移や新病変がみられたりしたとき(臨床的再発)を、再発といいます。一般的には、PSA値の推移から再発を発見します。

根治治療のあとも内分泌療法(ホルモン療法)を継続しているなどのように、併用療法が行われている場合はその限りではありませんが、通常、PSA値の上昇は再発の最初の兆候としてあらわれます。
併用療法が行われていない場合、PSA値の上昇が認められなければ、画像検査や触診は不要とされています。ただし、特殊な前立腺がんの場合は、例外もあります。

1)手術療法のみを受けた場合

一般的に、2週から4週あけて測定したPSA値が2回連続して0.2ng/mLを超えた場合、再発の疑いがあると考えられています。
PSA値0.5ng/mL未満の段階で、救済療法として放射線治療を始めることが勧められます。
また、PSAが倍の値に上昇するまでにかかる時間(倍加時間)が10カ月以内、またはグリーソンスコアが8〜10の再発については転移をしている可能性が高く、局所療法である放射線治療は効果が乏しいため、全身療法である救済ホルモン療法が勧められます。

2)放射線治療のみを受けた場合

治療後のPSA最低値から2ng/mL以上の上昇がみられると、再発の疑いがあるとされています。
この場合の治療としては、ホルモン療法が最も広く行われています。また、局所再発前立腺がん(参照:局所再発)に対する根治的救済療法(再発した際に、がんをすべて取り除くために行う治療)としては、前立腺全摘除術、凍結療法、組織内照射療法(密封小線源療法)、高密度焦点式超音波治療法(HIFU:High Intensity Focused Ultrasound)の4つがあげられますが、どの治療がより有効であるかは、専門家の間でもまだ意見の一致がみられていません。

3)内分泌療法(ホルモン療法)を受けた場合あるいは臨床的再発をした場合

内分泌療法(ホルモン療法)によって、がんの進行が一時的にとどまっていたものが、再びPSA値が上昇した場合、あるいは臨床的再発をした場合も再燃とよばれ、この場合には内分泌療法(ホルモン療法)の種類を変更したり、化学療法(抗がん剤治療)を行ったりします。

PSA値に関しては場合によって誤差が出ることがあります。
また、いずれの病態でも当面、経過観察という選択肢もあります。それぞれの患者さんの状況に応じて治療やその後のケアを決めていきます。痛みなどの症状があるときには症状を緩和する治療も行います。

2.転移

転移とは、がん細胞がリンパ液血液の流れで運ばれ別の臓器に移動し、そこで成長したものをいいます。がんを手術で全部切除できたようにみえる場合や、放射線治療でがん細胞が完全に死滅していない場合、その治療終了時点の検査では見つけられないごく少数のがん細胞が、別の臓器に移動している可能性があります。

根治治療を実施した時点では見つけられなくても、その後がんの細胞が増えてがんが大きくなることで、時間がたってから転移として見つかることがあります。前立腺がんでは骨や肺、あるいはリンパ節への転移が多いとされています。

転移のある状況では、ホルモン療法さらには化学療法(抗がん剤治療)が実施されます。骨転移を伴う前立腺がんに対しては痛みなどの症状に関わらず、ゾレドロン酸の併用が勧められます。ゾレドロン酸は破骨細胞(骨を破壊・吸収する働きをもつ細胞)を抑制することにより、骨転移の進行を抑制する働きがあります。さらにデノスマブは、破骨細胞の分化と機構を調節する因子(RANKL)を阻害し、破骨細胞の働きを抑え、骨が弱くなるのを抑制します。

痛みのある場所が限局している場合は、外照射療法が有用なことがあります。

3.生活の質を重視した治療

近年、がんと診断されたときから、クオリティ・オブ・ライフ(QOL:生活の質)の改善を目的として、がんに伴う体と心のさまざまな苦痛に対する症状を和らげたり、患者さんとご家族が自分らしく過ごしたりするための緩和ケアが浸透しはじめています。

緩和ケアは、がんが進行してからだけではなく、がんと診断されたときから必要に応じて行われるものです。痛みや吐き気、食欲不振、だるさなど体の症状や、気分の落ち込みや孤独感など心のつらさを軽くするため、また、自分らしい生活を送ることができるように、緩和ケアでは医学的な側面に限らず、幅広い対応をします。
そのためにも、治療や療養生活について不安なこと、わからないことなど、ご自身の思いを積極的に担当医に伝えましょう。十分に話し、納得した上で治療を受けることが大切です。

緩和ケアについては、「緩和ケアを受けるには」もご参照ください。
再発や転移、痛みが強いときの治療については、「患者必携 がんになったら手にとるガイド 普及新版」の以下の項もご参照ください。
がんの再発や転移のことを知る患者必携サイトへのリンク
緩和ケアについて理解する患者必携サイトへのリンク
痛みを我慢しない患者必携サイトへのリンク
もしも、がんが再発したら
がんの再発に対する不安や、再発に直面したときの支えとなる情報をまとめた冊子です。がんの再発という事態に直面しても、「希望を持って生きる」助けとなりたいという願いを込めて、再発がんの体験者、がん専門医らとともに検討を重ねて作成されたものです。
(Webサイトでもご覧になれます。「もしも、がんが再発したら [患者必携]本人と家族に伝えたいこと患者必携サイトへのリンク
アンケートにご協力ください
よりよい情報提供を行うために、アンケートへの協力をお願いいたします。
簡単な7問ほどのアンケートですので、ぜひ、ご協力ください。
アンケートページへ

フッターの始まり