HOME > それぞれのがんの解説 > 有棘細胞がん 生活と療養

有棘細胞がん(ゆうきょくさいぼうがん)

更新日:2016年12月20日 [ 更新履歴 ]
更新履歴
2016年12月20日 タブ形式への移行と、「皮膚悪性腫瘍取扱い規約 第2版(2010年)」「皮膚悪性腫瘍診療ガイドライン第2版(2015年)」より、内容の更新をしました。
2007年09月03日 更新しました。
1996年09月13日 掲載しました。

1.生活上の注意

病院での検査だけでなく、皮膚のがんでは、自分で傷口や創の周囲の状態を観察することができます。手術を行った場合には、患者さんやご家族が定期的に鏡を利用して、手術後の傷口の様子や全身の皮膚の状態をチェックすることが、再発転移を早期に見つけるために役立つとされています。一般には、皮膚の色が変化したところはないか、急に盛り上がったり、しこりができたり、引きつれがないかどうか、などを観察します。普段の診察のときに、担当医に自分で気を付けておくべきことについて、確認しておきましょう。心配なことがあったら、自分で判断しないで必ず担当医や看護師に相談しましょう。

2.経過観察

治療を行ったあとの体調確認のため、また再発の有無を確認するために定期的に通院します。間隔は病状によって異なります。診察では、主に、手術後の傷口の様子や、所属リンパ節腫大の有無について確認します。再発の危険度が高いほど頻繁、かつ長期的に通院することになります。
【参考文献】
  1. 日本皮膚悪性腫瘍学会編:皮膚悪性腫瘍取扱い規約 第2版(2010年8月);金原出版
  2. 皮膚悪性腫瘍診療ガイドライン第2版,日本皮膚科学会誌,2015;125(1):35-48
  3. 日本皮膚科学会/日本皮膚悪性腫瘍学会編:科学的根拠に基づく皮膚悪性腫瘍診療ガイドライン 第2版(2015年);(金原出版)
閉じる

【がんになったら手にとるガイド】
自分らしい向き合い方を考える
社会とのつながりを保つ
経済的負担と支援について
療養生活のためのヒント

さまざまな症状への対応
食生活とがん
心のケア
ご家族、まわりの方へ
働く世代の方へ
お金と生活の支援
がんの相談窓口「がん相談支援センター」
お探しの情報が見つからないときは…
がん情報サービスサポートセンター
がん相談支援センターを探す
よりよい情報提供を行うために、アンケートへの協力をお願いいたします。
アンケートページへ
用語集
このページの先頭へ