脱毛:[がん情報サービス]
がん情報サービス ganjoho.jp
右側ナビゲーションの始まり
診断・治療

パンくず式ナビゲーション

脱毛

更新日:2006年11月30日 [ 更新履歴 ]    掲載日:2006年10月01日
更新履歴
2006年11月30日 更新しました。

はじめに

抗がん剤の種類によっては、髪が抜けるものと抜けないものがあります。また、髪の抜け方には個人差があります。脱毛は、抗がん剤投与の2〜3週間後に多く起こり、髪以外の部分(体毛・眉毛・陰毛など)でも起こります。髪は、抗がん剤治療が終われば3〜6ヵ月後には再び生えてきます。

1.脱毛を高頻度に起こしやすい抗がん剤

パクリタキセル(タキソール(R) 塩酸イリノテカン(トポテシン(R)、カンプト(R)
ドセタキセル(タキソテール(R) エトポシド(ベプシド(R)、ラステット(R)
塩酸アムルビシン(カルセド(R) シクロホスファミド(エンドキサン(R)
塩酸ドキソルビシン(アドリアシン(R)  
※このほかの抗がん剤においても、上記の抗がん剤よりは頻度は低いですが、脱毛を起こす抗がん剤もあります。

2.脱毛のメカニズム

抗がん剤を使用すると毛母細胞に影響があり、毛の成長に問題が起きて脱毛を起こします。(「毛母細胞」とは、毛の根元にある毛の成長に重要な細胞です。)とくに髪の毛は、体毛のなかでも成長が速く細胞分裂が盛んであるために、抗がん剤の影響も受けやすくなっています。

3.脱毛の対策

脱毛の予防法は、現在、確立されていません。頭部冷却法なども試みられてきましたが、有効性が証明されていないため、現在は行われていません。

日常生活における注意点と対策

  1. 急に髪が抜けてくることが多いため、精神的に落ち込みやすくなります。あらかじめかつら、帽子やナイトキャップを用意しておくことで、心の準備をしておくとよいでしょう。
  2. 髪をあらかじめ短くしておくと、脱毛が起きた際に処理しやすいです。また洗髪は爪を立てず、やさしく行いましょう。脱毛が起きる際にピリピリ感を感じることがあります。いつも使っているシャンプーでしみるようならば、刺激の少ないシャンプーを使うと効果的です。
  3. 髪への負担をなるべくかけないようにしましょう。例えば柔らかいヘアブラシを使用したり、ドライヤーの温度を低めにするとよいでしょう。また、刺激の強いパーマやカラーリングは、避けたほうがよいでしょう。
  4. 頭皮を清潔に保ちましょう。脱毛が起こると、頭皮はより刺激を受けやすくなり、また体の免疫力が落ちているときには、容易に感染(毛膿炎)を起こしやすくなります。洗髪の回数を極端に増やす必要はありませんが、これまでの生活習慣と同じ程度には洗髪したほうがよいでしょう。
アンケートにご協力ください
よりよい情報提供を行うために、アンケートへの協力をお願いいたします。
簡単な7問ほどのアンケートですので、ぜひ、ご協力ください。
アンケートページへ

フッターの始まり