骨髄抑制:赤血球・ヘモグロビン減少(貧血):[がん情報サービス]
がん情報サービス ganjoho.jp
右側ナビゲーションの始まり
診断・治療

パンくず式ナビゲーション
TOP診断・治療治療を受けるとき注意したいこと化学療法を受ける方へ副作用・合併症に関すること > 骨髄抑制:赤血球・ヘモグロビン減少(貧血)

骨髄抑制:赤血球・ヘモグロビン減少(貧血)

更新日:2006年11月30日 [ 更新履歴 ]    掲載日:2006年10月01日
更新履歴
2006年11月30日 更新しました。

1.貧血とは

酸素は生命の維持になくてはならないものです。この酸素を、全身にくまなく運搬しているのが血液中の赤血球です。赤血球の主な働きは、赤血球のなかのヘモグロビンという赤い色素が肺から酸素を受け取り、体内の組織に酸素を運搬し、組織の機能を維持することです。貧血とは赤血球の数が減少したり、または赤血球の酸素を運搬する能力(ヘモグロビンがこの能力を担っている)が低下したりすることをいいます。

2.貧血の原因

抗がん剤は、がん細胞に作用するとともに、他に正常な細胞にも影響をおよぼします。特に、血液細胞をつくっている正常な骨髄細胞は抗がん剤の影響を受けやすく、そのため血球をつくる能力が低下します。

3.貧血の程度・時期

赤血球の寿命は120日と長いため、すぐには影響を受けません。貧血の症状は抗がん剤による治療開始後、1〜2週間後より徐々に出現します。また出現の程度は、使用する抗がん剤の量、併用する抗がん剤の種類、スケジュールに左右され、また年齢や健康状態に大きく影響されるため個人差があります。

4.貧血の症状

軽度の貧血では、必ずしも症状は現れません。また慢性の貧血は徐々に進行するため、自覚症状がない場合があります。具体的な症状をあげます。
  • 少し動いただけで息切れがする
  • 疲労、倦怠感がある
  • めまいがする
  • 脈拍が増える、動悸がする
  • 食欲不振、便秘
  • まぶたの裏が白い
  • 手足が冷たい
  • 爪の色が白い
  • 顔色が青白い
  • 頭痛、頭が重い
  • 耳鳴りがする

5.貧血への対処法

1)日常生活について

  1. めまいや立ちくらみがあるときは、ゆっくり動き始めるとよいでしょう。たとえば起き上がるときは、上半身を起こし、一息ついて起き上がるなど。
  2. 歩行は動悸や息切れのしない範囲でゆっくり行う。疲れやすい場合には、十分な休息をとってください。
  3. 買い物、車の運転、食事の準備などは、体調に無理のない範囲に心がけて、家族にも協力してもらうとよいでしょう。

2)食事について

  1. 必要な栄養素を食事からとれるよう、バランスよく食べることが大切です。
  2. タンパク質を多く含む食品をとりましょう。
    毎日の食事で卵、肉類、魚介類、牛乳・乳製品、大豆および大豆製品などバランスよく組み合わせてとるようにしましょう。
  3. ビタミンB12は正常な赤血球をつくるためになくてはならないものです。
    【ビタミンB12を多く含む食品例】
    牛・豚・鶏のレバー、さんま・にしん・いわし・さばなどの魚類、かき・あさり・しじみなどの貝類、卵黄、チーズなど
  4. よくかんで食べましょう
    よくかんで食べると、胃酸の分泌がよくなります。食品中の鉄やタンパク質など、血液の材料になる栄養素が効果的に利用されるために、胃酸は大切な役割を果たしています。胃酸は胃液のなかに含まれていますが、胃酸の分泌が少ないと食欲も減退して、必要な栄養素も消化吸収されにくくなるのです。

6.医療者に報告する症状

貧血の症状が強い場合、輸血や薬が必要になる場合があるので、医療者に相談してください。
アンケートにご協力ください
よりよい情報提供を行うために、アンケートへの協力をお願いいたします。
簡単な7問ほどのアンケートですので、ぜひ、ご協力ください。
アンケートページへ

フッターの始まり