放射線治療を受ける方へ:[がん情報サービス]
がん情報サービス ganjoho.jp
右側ナビゲーションの始まり
診断・治療

【がんになったら手にとるガイド】
放射線治療のことを知る
パンくず式ナビゲーション
TOP診断・治療治療を受けるとき注意したいこと > 放射線治療を受ける方へ

放射線治療を受ける方へ

更新日:2006年10月01日     掲載日:2006年10月01日

1.放射線療法とは

2.副作用・合併症

1)皮膚炎

(1)原因

放射線療法で一般的に行われる治療法は、放射線を体の外から照射する「外照射」です。この「外照射」の場合、放射線は必ず皮膚を通過して病巣に達するため、照射された部位の皮膚に日焼けのような症状が起こります。皮膚の基底細胞は、がん細胞と同様に、分裂のさかんな細胞です。放射線には細胞分裂がさかんな細胞に働きかける作用があるため、皮膚は照射により炎症が出現しやすい部位の1つです。

皮膚炎の症状は、皮膚の乾燥やかゆみ、ヒリヒリ感、熱感、色調の変化(発赤(ほっせき)、色素沈着、色素脱失)、むくみ、表皮剥離(はくり)などです。皮膚炎の出現時期や症状の程度には、物理的刺激や化学的刺激が影響します。

(2)対処法

放射線治療を受ける場合は、皮膚への刺激を避けるよう工夫し、皮膚炎の予防に努めます。

具体的には、

  • 照射部位をこすらない
  • ゴシゴシこすって洗わず、石鹸の泡をのせて流す
  • 化粧品や軟膏などを塗らない
  • 柔らかい衣服を着用する
などですが、照射部位に合わせた工夫が必要です。

赤みやむくみが進んで、皮膚が破れ、「びらん」や潰瘍(かいよう)となる場合もありますが、治療方法が進歩している現在では、潰瘍にはほとんど至りません。強い「びらん」の場合は、軟膏などを使用する場合もあります。ただし、軟膏のために皮膚にあたる放射線の量が増えて症状が悪化したり、軟膏を塗る処置が刺激となって、皮膚の再生を遅らせてしまう場合もありますので、慎重な判断が必要です。

放射線皮膚炎は、放射線治療特有の症状であり、治療には放射線に関する専門的知識が必要です。処置については、放射線科医師の指示を受けましょう。

皮膚炎の程度は、照射の量や、部位、照射方法により異なります。通常は、照射終了後1ヵ月程度で、ほぼ治療前の状態に戻ります。しかし、汗腺や脂腺の機能回復には時間がかかるため、乾燥肌となったり、汗をかきにくいなどの症状が残る場合があります。また、照射終了後、抗がん剤治療や、プールの塩素や温泉などの刺激がきっかけとなり、照射部位だけに炎症が起こる場合もあります。

放射線治療で皮膚障害が起きた場合のスキンケアについては、以下の項をお読みください。

放射線治療で皮膚障害が起きた場合のスキンケア

2)脱毛

放射線照射により、毛球細胞がダメージを受けて脱毛が起こりますが、脱毛が起こるのは放射線が照射された範囲のみです。頭部への照射の場合は、照射開始後約2週間で脱毛がはじまります。脱毛の程度は照射方法により異なるので、かつらや帽子などが不要な場合もあります。脱毛しはじめる前に頭髪を刈ると、脱毛の際に短い毛が抜けてちくちくと刺激になる場合もあるので、短くし過ぎるのも良くありません。髪は、治療終了後3〜6ヵ月程度で生えてきます。

3)口内炎、口内乾燥

口腔(こうくう)や頭頸部の放射線治療の場合、口腔粘膜や唾液腺がダメージを受け、口の中が荒れたり、むくんだり、乾燥したりする場合があります。

(1)口内炎

口腔内が照射範囲に含まれる場合は、適度な柔らかさで、ヘッドのブラシ部分が小さな歯ブラシを使用し、粘膜を刺激しないように注意しながらみがきます。口腔内が荒れてきたら歯磨きを中止し、うがいに切り替えて、口腔内の清潔を保つように心がけます。禁酒・禁煙し、食事は、激辛などの刺激物や熱すぎるもの・冷たすぎるものを避け、よくかんで食べるようにします。水分の多い粥やスープ、柔らかくて通過のよいヨーグルトやゼリー、豆腐などが食べやすいでしょう。離乳食やゼリー飲料なども、食事の摂取量に合わせて併用します。症状の程度に合わせ、食事のメニューを変更します。

食事については以下の項を参考にして工夫してみましょう。

食生活とがん

痛みや炎症の程度によっては、粘膜保護剤や軟膏、トローチ剤、鎮痛薬を使用します。照射終了後1ヵ月程度で症状は改善します。

(2)口内乾燥

唾液の量が低下して口が渇く場合は、こまめに水分補給やうがいをしたり、あめやガムを口に含んで唾液分泌を促します。りんごやたくわんも唾液が出やすくなるようです。また、保湿効果のある口腔化粧品や唾液分泌を促進する内服薬もありますので、医師や看護師にお尋ね下さい。唾液腺は放射線により機能が低下しやすいので、照射線量によっては回復が困難な場合もあります。

唾液の分泌低下により、虫歯ができやすくなるため、照射終了後は定期的な歯科受診をお勧めします。さらに、照射範囲内の抜歯は骨髄炎の発症原因となりやすいため、照射範囲内の抜歯は極力避け、放射線治療前に抜歯などをしておいたほうがよいでしょう。放射線治療終了後に歯科を受診する場合は、放射線治療を受けたことを歯科医師に伝えてください。

4)咽頭・食道炎

咽頭や食道が放射線の範囲に含まれていると、粘膜炎により、食事の際に違和感や痛みが出現する場合があります。

飲酒・喫煙、食事や水分をとるときの刺激が、粘膜炎の発症に関係しています。禁酒・禁煙し、粘膜を刺激しないような食事や飲水を心がけましょう。

  • よくかみ、一度にたくさん飲み込まず、ごく少量ずつ飲み込みます。
  • 香辛料などの刺激物、温度の熱すぎるもの、冷たすぎるものを避けます。
これらを心がけることで、粘膜炎の出現時期や程度が変わります。

症状の程度に合わせ、食事のメニューを変更します。水分の多い粥やスープ、柔らかくて通過のよいヨーグルトやゼリー、豆腐などが食べやすいでしょう。市販の離乳食やゼリー飲料などもあります。痛みが強い場合は、粘膜保護剤や鎮痛剤もありますので、医師や看護師にご相談ください。症状は、照射終了後約1ヵ月で改善します。

5)嘔気(おうき)・嘔吐(おうと)

胃などの消化器が照射範囲に含まれていると、放射線の影響で消化機能が低下し、吐き気や嘔吐が出現する場合があります。症状にあわせて吐き気止めを使用します。照射終了後に症状は改善します。

化学療法との併用の場合は、抗がん剤治療によって嘔気・嘔吐が出現することもあります。

消化器症状:嘔気・嘔吐」へ

「放射線宿酔(しゅくすい)」といって、消化器への照射以外の場合でも、照射開始後数日間に食欲低下や嘔気・嘔吐が出現する場合もありますが、出現頻度としてはまれです。放射線宿酔の場合は、通常2〜3日で症状は軽快します。

嘔気・嘔吐がある場合は、無理をして食べないようにし、食事回数を増やすことをお勧めします。また、口当たりのよい食べ物が食べやすく、油っぽいもの、熱いもの、においの強い食べ物は控えましょう。水分をこまめに摂って、脱水の予防に努めましょう。

6)下痢

放射線の照射範囲が腸を含む腹部や骨盤内の場合、下痢となる場合があります。照射開始後2〜4週後に下痢が出現する場合が多く、症状に合わせて整腸剤や下痢止めを使用します。下痢をしている場合は、低脂肪で繊維質の少ない、消化のよい食事を選びましょう。水分の排泄(はいせつ)が増えて脱水に傾きやすいため、水分摂取を心がけてください。

7)倦怠(けんたい)感

放射線宿酔や毎日の通院によって、体がだるくなったり、疲れやすくなる場合があります。化学療法と放射線治療の併用の場合は、抗がん剤の副作用によりだるさが出現する場合もあります。

倦怠感」へ

放射線宿酔の場合は、治療開始後2〜3日で症状は軽快しますが、頻度としてはまれです。

だるさが出現している場合は、休息をとるよう心がけましょう。ただし、疲れやだるさがなければ安静の必要はありませんので、通常の生活で構いません。
【がんになったら手にとるガイド】
放射線治療のことを知る
アンケートにご協力ください
よりよい情報提供を行うために、アンケートへの協力をお願いいたします。
簡単な7問ほどのアンケートですので、ぜひ、ご協力ください。
アンケートページへ

フッターの始まり