HOME > 診断・治療 > リハビリテーション > がんの手術前後のリハビリテーション

がんの手術前後のリハビリテーション

更新日:2006年10月01日 [ 更新履歴 ]
更新履歴
2006年10月01日 掲載しました。
手術前後の時期に行われるリハビリテーション(リハビリ)の目的は、手術に伴う合併症を予防し、後遺症を最小限に抑えること、スムーズな術後の回復を図ることです。
がんの手術は全身麻酔で行われることが多いため、手術前から少しでも肺の機能を高めておくことが有効であり、呼吸訓練が大切になります。また、手術後はがんの種類や手術の方法によってさまざまなリハビリの種類があります。
呼吸訓練について、詳しくは「手術療法を受ける方へ」をご参照ください。
各種がんの手術後のリハビリの概要と詳細について掲載しているページをご説明します。手術の方法については「それぞれのがんの解説」の手術(外科治療)をご参照ください。

1.頭頚部がんの手術に対するリハビリ

脳に発生したがんによって起こった言語障害や運動障害などに対して、手術前後に行われます。また、頸部リンパ節を切除した場合、手術後の起こる肩関節の機能障害に対して行う場合もあります。

2.喉の手術に対するリハビリ

一部の喉頭がん、咽頭がん(下咽頭がん)や食道がん(頸部食道がん)に対して行われる手術である、喉頭全摘手術では、手術により声帯を失うため、発声が困難になったり、永久気管孔を造設することによって生活上の変化をもたらします。

●喉頭がん、咽頭がん、食道がん

3.舌の手術に対するリハビリ

舌には、生きるために欠かせない大きな2つの機能があります。1つ目は、食べることに関する機能としての「咀嚼(そしゃく)」「嚥下(えんげ)」「味覚」で、2つ目は話すことに関する機能としての「構音(こうおん)・発声」です。舌がんに対して行われる、舌全摘・亜全摘出術では、これらの機能回復のため、残存舌や舌根(ぜっこん)の運動機能と、頬や口唇の筋肉による補助的な動きを強化することが大切です。

●舌がん

4.胸部の手術に対するリハビリ

肺がん食道がんの手術では、肺を広げて必要な酸素を体に取り込み、痰(たん)を出しやすくして、肺炎を予防するために呼吸訓練が重要になります。

●肺がん

5.消化管の手術に対するリハビリ

胃がん大腸がんの手術後は、消化管の形態・機能・経路が変化することにより、食生活への変化をもたらします。また大腸がん手術の場合、排尿・排便機能障害が発生したり、人工肛門(ストーマ)造設によって、日常生活の習慣がこれまでと変化する場合があります。また、開腹手術でも手術の方法や病状によっては呼吸リハビリを行う場合もあります。

●胃がん

●大腸がん

6.乳房の手術に対するリハビリ

乳がんに対して行われる乳房切除術では、乳房を切除した患部の側にある上肢の運動障害、しびれ、むくみなどが起こることがあります。また外観が変化することで、社会生活復帰への不安を感じたり、乳房喪失に対する悲嘆を感じたりすることがあります。

●乳がん

7.女性生殖器の手術に対するリハビリ

女性生殖器がんには外陰がん子宮頸がん子宮体がん、子宮肉腫、絨毛性疾患(じゅうもうせいしっかん)、腟がん卵巣がん、卵巣胚細胞腫瘍(らんそうはいさいぼうしゅよう)などがあり、これら手術の影響により、排尿障害、性機能障害、むくみがもたらされる場合があります。

●女性生殖器がん

8.泌尿器がん手術に対するリハビリ

泌尿器がんには、膀胱(ぼうこう)がん腎盂(じんう)・尿管がん前立腺がん腎細胞がん精巣(睾丸)腫瘍などがあり、これらの手術の影響により、排尿障害、性機能障害、むくみがもたらされる場合があります。手術後に排尿リハビリテーションが必要となる代表的なものは、膀胱がんで膀胱を摘出した場合と、前立腺がんで前立腺を摘出した場合の2つです。

●膀胱がん、前立腺がん

9.四肢、骨などの手術に対するリハビリ

悪性骨軟部腫瘍では、がんになった周囲の筋肉の集まりを広範囲に切除する場合があります。疼痛(とうつう)、運動障害などから、日常生活への影響があります。さらに、多くは学童期、青年期にある患者さんであり、社会性や人格形成に影響を及ぼして、将来への不安を引き起こす場合があります。腕や脚(四肢)を切断した場合には義肢の作成や、機能障害に対するリハビリを行います。

●骨軟部腫瘍など


【がんになったら手にとるガイド】
手術のことを知る

がんの療養とリハビリテーション
208.がんの療養とリハビリテーション(PDF)


肺の手術を受ける患者さんへ−手術前後のリハビリテーション
209.肺の手術を受ける患者さんへ−手術前後のリハビリテーション(PDF)

手術療法を受ける方へ
よりよい情報提供を行うために、アンケートへの協力をお願いいたします。
アンケートページへ
用語集
このページの先頭へ