ストーマケア:[がん情報サービス]
本文へジャンプ

ユーザー別メニューの始まり
グローバルナビゲーションの始まり
右側ナビゲーションの始まり
診断・治療方法

パンくず式ナビゲーション

ストーマケア

更新日:2004年12月15日 [ 更新履歴 ]    掲載日:2000年06月07日
更新履歴
2004年12月15日 更新しました。

1.ストーマとは

ストーマとはギリシャ語で「口」を意味します。医学的には何らかの理由で身体の一部にあいてしまった「穴」を意味し、自然の排泄経路以外に設けた排泄口です。人工肛門など消化器ストーマと人工膀胱に伴う尿の排泄口(尿路出口)である尿路ストーマ、呼吸をするための気管口などがあります。ここでは、消化器ストーマと尿路ストーマについて説明します。

直腸がんで肛門に近いところにがんができた、肛門にがんができた、膀胱がんで膀胱と尿道の一部をとる必要がある場合に、腸あるいは尿管の断端で下腹部にストーマがつくられます。

肛門や尿道には括約筋という筋肉があり、普通の人は排泄物を出したり、我慢したりというコントロールをしています。しかし、ストーマではつくられた排泄物が自分の意志とは関係なく少しずつ排泄されてしまいます。そのためにストーマを持つ人は、特殊な袋でこれをいったん受けとめて、ある程度ためてから捨てるという方法をとります。この排泄のコントロールをするための袋をストーマ袋、ストーマ袋を装着面の皮膚を保護しながら取りつけるものを皮膚保護剤といい、これらをまとめてストーマの装具といいます。

2.ストーマケアの習得

ストーマによる排泄をスムーズに行えるようにしていくことをストーマケアといいます。一般にストーマケアを行うのは、消化器ストーマと尿路ストーマです。

1)術前術後の経過

手術前に担当医からストーマの造設について説明があります。その後、ビデオ、パンフレットなどによりストーマについての説明があるので、理解し知識を深めるよう努力しましょう。手術後、はじめのうちはストーマケアを看護師が行います。体力の回復に応じて看護師の指導により、少しずつ自分でケアを行えるようにしていきましょう。退院後、安心して過ごせるよう一緒に住んでいる家族の方にもケア方法を覚えていただくとよいでしょう。一通りのケア方法が習得できてから退院となります。
ストーマ洗浄法・ストーマ装具装着法
ストーマ洗浄
ここに掲載しているストーマ洗浄法・ストーマ装具装着法は「一例」です。ストーマのケア方法は個人によってそれぞれ違います。おかかりのストーマ外来でご確認ください。

2)ストーマ周囲の皮膚のただれ(スキントラブル)の対処

ストーマ周囲のトラブルの原因として、下記があげられます。

  • 排泄物や粘着剤の接触によるもの。
  • 頻回な装具交換や、乱暴にストーマ装具をはがすことによるもの。
  • 細菌感染(発汗によりストーマ周囲皮膚が不潔になる)によるもの。
これらのトラブルは、上手なスキンケアを心がけて行うことにより予防することができます。下にスキンケアのポイントをあげます。

  • ストーマ周囲の皮膚を清潔にし、排泄物の接触を避け、感染を予防する。
  • 自分に合わない皮膚保護剤などの接触を避ける。
  • ストーマ装具を乱暴にはがしたり、ふく時にストーマ周囲皮膚を強くこすらない。

3)灌注排便方法

灌注排便方法とは、専用の洗腸用具を使ってストーマからぬるま湯を注入して排便を促す方法です。人により異なりますが、洗腸を行うと、24〜48時間は排便がなくガスもほとんど出ないので、排便、排ガスの不安から解消されます。また、洗腸した後はストーマには簡単なストーマ装具を貼るだけでよく、スキントラブルをおこす心配はありません。しかし、洗腸するには1時間近くかかりますので、場所(トイレ、風呂場など)を確保しなければなりません。家族の協力も必要となります。また、身体の状態によるのでだれでも行えるものではありません。必ず医師の許可を得て、ストーマケアに熟練した看護師の指導を受けてください。

3.日常生活における留意点

外出の際は、予備のストーマ装具を持参することが大切です。いつでも必要に応じてストーマ装具交換ができるようにしておけば心の余裕が持てます。

1)食事

手術前と同様の食生活でも構いません。ただし、暴飲暴食を避け、食生活を楽しみましょう。
食事

2)下痢

個人差はありますが、下痢しやすい食べ物を食べたり、食べ合わせの悪い場合だけではなく暴飲暴食、過度の精神的緊張、ストレス、過労、風邪、薬、身体が冷えた時などでもおこります。ひどい下痢をすると身体の水分が不足したり、電解質のバランスが崩れるので、1〜2日間はスポーツドリンクなどを飲んで水分を補給するとよいでしょう。体調の回復とともに消化のよい食事から少しずつ食べ、徐々に量を増やしましょう。

3)便秘

便秘とは、4日から1週間以上も便が出ないで苦しい場合をいいます。いろいろな原因がありますが、下痢と同じく過度の緊張やストレス、バランスのとれていない食事などでおこります。また、薬などでおこることがあります。便通をよくするには緊張やストレスをまずとり除き、冷たいジュースを多めに飲んだり、果物や野菜、穀物、豆類を多く食べるようにします。ふだん、下痢しやすいもの(牛乳、コーヒーなど)を知っておき、便秘になった時にそれを利用するのもよいでしょう。

退院時に緩下剤などの薬が処方されます。下剤を服用しても便秘が続いたり、ガスが出ずに腹痛がある時は医師の診察が必要です。
便秘

4)ガスの音

ガスの80%が、食べる時に飲み込む空気によるものだといわれています。食物の種類によってガスを多く発生するもの(炭酸飲料、いも類など)もあるので、人と会う約束がある場合などは控えるとよいでしょう。ガスが出る時はストーマ装具の上に手を置くと、音が手に伝わって音の大きさを抑えられます。

5)入浴

ストーマがあるからといって入浴を制限する必要はありません。ストーマ装具をつけたまま入浴できますし、シャワーを使うことができます。入浴後は必ずストーマ装具についている水気をふきとることが大切です。

6)睡眠

就寝前に必ずストーマ袋を空にしてから、ストーマ装具がしっかり装着されていることを確認しましょう。尿路ストーマでは夜間ストーマ装具と蓄尿袋を接続し、蓄尿袋に流すことができます。消化器ストーマで排ガスが多い場合は、ガスフィルターつきストーマ装具を用いるのもよいでしょう。水様便(回腸ストーマの人)の場合は、高分子吸収体をストーマ袋の中に入れ、便を有形化するとよいでしょう。

7)衣服

手術前と同様の衣服でよいでしょう。ストーマの真上にベルトがあたる場合は、サスペンダー(ズボンつり)を利用するとよいでしょう。また、ウエストのサイズを少し緩めるなど工夫しましょう。ストーマ装具の下は夏冬関係なく蒸れているので、皮膚とストーマ装具の間の汗を吸収させるため、パウチカバー(ガーゼなど)を用いるとよいでしょう。

8)スポーツ

体力の回復とともに徐々に手術前と同様に運動しても構いません。スポーツをはじめる前に担当医と相談しましょう(特に会陰創に強い刺激や圧力がかかるスポーツは注意)。散歩からはじめ少しずつ運動量を増やしていきましょう。スポーツの前は排泄物を捨ててから行います。ストーマ装具が汗ではがれたり、身体の動きでずれたりしないようにストーマ用ベルトを用いたり、テープで補強するなど工夫が必要です。

9)仕事

体力が回復し、局所のセルフケアができれば職場復帰が可能です。職場復帰の時期は個人差がありますが、1〜3ヶ月が目安で担当医と相談しながら体調に応じての職場復帰が望ましいでしょう。

通勤するにあたってできるだけラッシュアワーを避け時差通勤したり、通勤途中のトイレの場所(例えば地下鉄のトイレなど)を確認しておくと万一の時慌てずに済むでしょう。

10)学校

楽しい学校生活が送れるように自分で装具交換や排泄処理ができるようになっておきましょう。問題がおきたら速やかに対応できる体制をつくっておき、担任及び養護の先生に理解してもらい協力を得ましょう(例えば授業途中でもトイレに行くことができる、職員トイレの使用、保健室に予備のストーマ装具、着がえの衣類などの保管など)。

11)旅行

自由に旅行できます。海外旅行を何回も楽しむ方もいます。体力の回復に問題がなければ、術前と同様、積極的に外へ出るようにしましょう。家近くを散歩、スーパーへ買い物、デパート、喫茶店など徐々に距離を伸ばし身体を慣らし一泊旅行と自信をつけていくとよいでしょう。長期海外旅行は担当医と相談し、決めたほうが安心でしょう。飛行機に乗る際、ストーマバサミは申告して預ける必要があるので、面板の穴は事前にカットして用意したほうがよいでしょう。

12)性生活

特に制限はありません。きれいな布でストーマ装具をカバーするなど工夫するとよいでしょう。ストーマが見えない、あたらない体位をパートナーと協力して工夫したり、女性の場合は開脚に苦痛を伴う場合が多いので、後背位などの体位をパートナーと一緒に工夫し潤滑剤などを利用して焦らずパートナーを思いやる気持ちが大切です。

4.社会的なサポートについて

1)社会福祉

永久にストーマ造設術を受けた方は、ストーマ造設直後から身体障害(4級)の認定が受けられます(ただし、一時的ストーマを除く)。認定されると身体障害者手帳が交付され、身体障害者福祉法による諸サービスを受けることができます。住んでいる市町村役場の福祉係の窓口で手続きの方法や申請できる条件、サービスの詳しい内容などをお聞き下さい。

また、障害年金(国民年金、厚生年金)の掛け金を納めている期間中に手術を受けた場合には、障害年金の支給を受けることができるので、住民登録をされている地域の福祉事務所へお問い合わせください。

2)患者会

ストーマ造設術を受けたストーマ保有者の方々の会が、全国にはいくつもあります。患者会は、よりよい社会復帰を目指して、互いに励ましあいながら悩みや不安を解消していく場であり、たくさんのストーマ保有者の方々が入会されています。我が国で最も大きい患者会は公益社団法人日本オストミー協会です。この協会は世界オストミー協会の日本支部で、さらに日本各地域に支部を置き、活発に活動しています。下記へ連絡するとお住まいの近くの支部を紹介してくれます。

  公益社団法人日本オストミー協会
    電話:03-5670-7681 FAX:03-5670-7682
    住所:〒124-0023 東京都葛飾区東新小岩1-1-1-901
    問い合わせ時間:午前10時から午後4時(土・日・祭日休)

3)ストーマ外来

ストーマ周囲の皮膚炎や、その他ストーマに関する悩み事の相談に乗り、ストーマケアに関する新しい知識、新しいストーマ装具などの情報を提供し、ストーマ保有者の方々を長期にわたり支援していくための専門外来です。ほとんどの病院が予約制をとっているので、受診方法や受診日などについて、まず電話で問い合わせることが必要です。
アンケートにご協力ください
よりよい情報提供を行うために、アンケートへの協力をお願いいたします。
簡単な7問ほどのアンケートですので、ぜひ、ご協力ください。
アンケートページへ

フッターの始まり