社会とがんシリーズ:[がん情報サービス]
がん情報サービス ganjoho.jp
右側ナビゲーションの始まり
資料室

パンくず式ナビゲーション
TOP資料室がんの冊子 > 社会とがんシリーズ

がんの冊子

社会とがんシリーズ

更新日:2016年07月12日 [ 更新履歴 ]    掲載日:2007年04月02日
更新履歴
2016年07月12日 「がんの冊子 がん相談支援センターにご相談ください」第3版3刷を掲載しました。
2015年03月17日 音声版mp3へのリンクを追加しました。
2015年01月30日 「がんの冊子 がん相談支援センターにご相談ください」第3版2刷を掲載しました。
2014年10月30日 「がんの冊子 がん相談支援センターにご相談ください」第3版を掲載しました。
2014年10月30日 更新履歴を掲載しました。

がん対策情報センターで発行している「社会とがんシリーズ」の冊子をご紹介します。このページでは、実際の冊子の内容を閲覧したり、印刷したりすることができます。

これらの冊子は全国のがん診療連携拠点病院のがん相談支援センターにて入手したり、閲覧することができます。しかし、数に限りがあり、ご要望にお応えできない場合がありますので、事前に各がん相談支援センターへお問い合わせください。また、一部の冊子は全国の約2,000館の公共図書館にて閲覧することができます。

冊子体の作り方については、このページの最後に掲載しています。

冊子を読み上げた音声版もダウンロードできます。音声版の利用について詳しくはこちらをご覧ください。

001. がん相談支援センターにご相談ください [ 2016年07月 第3版 ]

全国のがん診療連携拠点病院に設置されているがん相談支援センターを利用する際に、参考にしていただきたい相談の例をまとめた冊子です。

イメージ音声版mp3:7MB(旧版)
201. 家族ががんになったとき[ 2012年03月 第2版 ]

ご家族や身近な方ががんになったという方へ向けた精神科医からのメッセージです。自分には何ができるのか、どうすればよいのかなどと迷われたときに、参考にしていただきたい冊子です。

イメージ音声版mp3:6MB
207. 身近な人ががんになったとき[ 2012年10月 第1版 ]

がん患者さんやご家族の身近にいらっしゃる方、具体的には、同じ職場で働いている方、学校の先生、友人、親族、地域の方などに向けた冊子です。がんになっても安心して暮らせる社会を目指して、患者さんやご家族と接するときのヒントをまとめました。

イメージ音声版mp3:12MB
■冊子体の作り方
Adobe Reader 7.0 以降を使用してください。

  1. 「PDFファイル」を開いて、印刷画面を開く。
  2. 印刷画面のページ処理の「ページの拡大/縮小」を「なし」から「1枚に複数ページを印刷」に変更する。
  3. 「2」の変更後に表示される項目が以下の設定になっていることを確認する。
    「1枚あたりのページ数 : 2」 「ページ順序 : 横」
  4. A4用紙に印刷して、印刷した用紙を半分に山折りする。
アンケートにご協力ください
よりよい情報提供を行うために、アンケートへの協力をお願いいたします。
簡単な7問ほどのアンケートですので、ぜひ、ご協力ください。
アンケートページへ

フッターの始まり