患者必携の使い方(動画):[国立がん研究センター がん情報サービス]
国立がん研究センター がん情報サービス ganjoho.jp
右側ナビゲーションの始まり
資料室

パンくず式ナビゲーション
TOP資料室がんの書籍 > 患者必携の使い方(動画)

患者必携の使い方(動画)

更新日:2012年03月05日     掲載日:2011年04月08日
画面イメージ1
この動画は、「患者必携 がんになったら手にとるガイド」を紹介し、活用を支援する目的で制作されたものです。

ショートストーリーでは、がんと診断されたときの不安やつらさと向き合いながら情報を探したり、患者必携を活用して治療や療養に取り組んでいる姿を描いています。また、動画の作成や患者必携の活用・普及についての検討にご協力いただいた患者・市民の方々や医療者からのメッセージをおさめています。簡略版のショートストーリーでは、患者必携の活用シーンを中心に概要を紹介しています。

1.動画を活用していただくために

全体版(42分55秒)

画面イメージ2
情報探しのヒント、入手や活用の方法、制作者メッセージなどを紹介しています。
画面イメージ3
ショートストーリー
     シーン1   がんの情報について知りたい
     シーン2 今後の治療や家族のことが心配
入手や活用の方法
     シーン3   患者必携の入手や活用の方法
制作者のメッセージとこの動画についてのご案内
  シーン4   制作者メッセージ
  この動画について

簡略版(8分58秒)

患者必携『がんになったら手にとるガイド』活用シーンを中心に構成しています。
ショートストーリー
     シーン1   がんの情報について知りたい
     シーン2 今後の治療や家族のことが心配
  この動画について
患者必携 普及・活用支援ツール(動画)の掲載について
患者必携 普及・活用支援ツール(動画)は、厚生労働科学研究費補助金(第3次対がん総合戦略研究事業)「患者・家族・国民の視点に立った自立支援型がん情報の普 及のあり方に関する研究(研究代表者:渡邊清高 国立がん研究センターがん対策情報センター がん情報・統計部 室長)の研究活動として実施した、パイ ロット研究の成果をもとに、国立がん研究センターがん対策情報センターが制作した患者必携を自立支援型情報ツールのモデルとし、患者・市民および医療者の 視点など、がん情報の認知や活用について検討された研究成果としてまとめられたものです。
アンケートにご協力ください
よりよい情報提供を行うために、アンケートへの協力をお願いいたします。
簡単な7問ほどのアンケートですので、ぜひ、ご協力ください。
アンケートページへ

フッターの始まり