HOME > 生活・療養 > よりよいコミュニケーションのために > あなたのそばのサポーターをさがしましょう

あなたのそばのサポーターをさがしましょう

更新日:2006年10月01日 [ 更新履歴 ]
更新履歴
2006年10月01日 掲載しました。
月並みな表現ですが、「人」はその字が示すように、支えあってこそ生きていける、と言われます。家族も親戚も友人たちも、みんな支えあっているのです。もちろん、多くは、そういうことを意識しているわけではありません。けれども、あるとき、ふと気づかされることがありますね。

子供は、先ず親を頼りにします。生まれてから自分で歩けるようになるまで長い時間が必要な人類は、守ってくれる庇護者を必要とします。そればかりではなく、頼られる親も、その笑顔ひとつでも、子どもに支えてもらうこともあるのです。親子、きょうだい、ともだち、先生、みんなそれぞれの場面で、お互いに支えあって生きています。

では、病院ではどうなのでしょう。

もしもあなたが患者さんだったとして、あなたを支えてくれる人は…

もちろん担当するお医者さんたちがいますね。看護師さんたちもいます。治療や予防法などを研究している研究者も患者さんを支えていると言えるでしょう。病気が診断されたとき、そして治療方法を決めなくてはならないとき、たくさんのわからないことが頭の中でいっぱいになります。何がわからないのかさえわからない、といったこともよく起こることです。そんなときは、あなたの周りにいる医療の専門家に声をかけてみてください。あなたのサポーターをさがすのです。

そして…そんな中で、程良い距離感で、でもいつでも温かい目で見てくれるサポーターが居るのをご存知でしょうか。病気になると体のことだけでなく、これまで考えていなかったようなさまざまなこと−家庭のこと、養育費のこと、治療費のこと−が気になります。ソーシャルワーカーは、医療の専門的なこと以外の周辺の問題や、その他ぐちに至るまで悩みを聞いてもらえる相手です。大きな病院では、患者さんや家族のための相談室というところで働いていることが多く、患者さんやそのご家族の相談に乗っています。病院にいるたくさんのサポーターの一人として、ソーシャルワーカーという存在にも気づいていただけたらと思います。

また病院や地域には、「患者会」「自助グループ」という患者さんたちの集まりもあります。同じ体験を持つ人たちの集まりで、気持ちや具体的な体験の共有や情報交換の場になることもあります。辛いのは自分だけではない、と気持ちを引き立たせることにもなりますが、それには相応の気力も必要です。本人が参加してみたいと思うようになったときが時期です。そういう状況での参加なら、情報の交換や気持ちの交流などプラスになることが多いと思います。そこではさまざまな患者さんとも出会うでしょうから、小さなお子さんの居る患者さん、逆に年老いた両親を気遣う患者さんなど、いろいろな場合の対処法など、意見の交換も助けになると思います。

【がんになったら手にとるガイド】
社会とのつながりを保つ
患者同士の支え合いの場を利用しよう
アンケートにご協力ください
よりよい情報提供を行うために、アンケートへの協力をお願いいたします。
簡単な7問ほどのアンケートですので、ぜひ、ご協力ください。
アンケートページへ
用語集
このページの先頭へ