セカンド・オピニオンを求めるとき:[がん情報サービス]
がん情報サービス ganjoho.jp
右側ナビゲーションの始まり
生活・療養

【がんになったら手にとるガイド】
セカンドオピニオンを活用する
パンくず式ナビゲーション
TOP生活・療養よりよいコミュニケーションのために > セカンド・オピニオンを求めるとき

セカンド・オピニオンを求めるとき

更新日:2006年10月01日     掲載日:2006年10月01日
例えばソーシャルワーカーに、現在のご自分の状況、このままで良いか、別の治療法があるのではないかといった迷いを相談したとして、ソーシャルワーカーから、別の病院で「セカンド・オピニオンを聞いてきてはどうですか」というアドバイスがあったとしましょう。そうすると、今度は現在の担当医から紹介状をもらう、という問題にぶつかります。担当医との関係にひびが入るのではないか、などと考え始めると、別の病院に行くということすら後ろめたく感じてしまうかもしれません。でも、ことは命にかかわる自分の体の問題です。ここは紹介状をいただきたい、とお願いする勇気を出しましょう。その場合、セカンド・オピニオンを得たら、現在の病院に戻ってくることをきちんと説明すれば、紹介状をいただきやすいと思います。セカンド・オピニオンのための受診では、より大きな病院、より専門的な病院に行くことが多く、紹介状があれば、すでに検査してある内容がそのまま伝わりますから、検査を待たずに説明を受けることが可能になります。また、がんの治療は継続的、かつ長期にわたることが多く、たとえばセカンド・オピニオンの結果、先方で手術を受けることになったとしても、その後の診療は地元で続くことも多いのです。そのためにも、戻ってくること、その節には再び世話になりたいことをお話ししておかれることをお勧めします。

セカンド・オピニオンを得る場合でも、事前にインターネットなどで情報を得ておくと、自分の状態についての理解を深め、専門の医師の話を理解しやすくなるという利点もあります。もっとも、インターネットの上には情報があふれています。取捨選択の知識、知恵が必要なときもありますから、あくまでも参考にとどめておいて、相談するときの材料程度にみなされるほうが良いかもしれません。

また病院選びでは、医療の問題だけではなく、通院で受ける治療が続くことなども考え合わせて生活環境の問題も大きな要素になることを念頭に置いて選択されると良いでしょう。
【がんになったら手にとるガイド】
セカンドオピニオンを活用する
アンケートにご協力ください
よりよい情報提供を行うために、アンケートへの協力をお願いいたします。
簡単な7問ほどのアンケートですので、ぜひ、ご協力ください。
アンケートページへ

フッターの始まり