味覚の変化・異常:[がん情報サービス]
がん情報サービス ganjoho.jp
右側ナビゲーションの始まり
生活・療養

パンくず式ナビゲーション
TOP生活・療養さまざまな症状への対応 > 味覚の変化・異常

味覚の変化・異常

更新日:2006年10月01日     掲載日:2006年10月01日

1.症状と原因

味覚の変化には、塩味や醤油味が苦く感じたり、金属味がする、甘味に過敏になって何を食べても甘く感じる、まったく味を感じない場合などがあります。食事に「味がない」、「薄すぎる」、「砂をかんでいるようだ」などといわれることがあります。原因として、味を感じる味蕾(みらい)細胞の減少や感受性の低下、栄養不足(特に亜鉛)による感覚の変化、口の中が不潔になっていることなどが考えられます。化学療法で使用する薬剤の一部、放射線療法(特に頭頸部)、その他の薬剤の副作用で生じます。

消化器症状:味覚障害・食欲不振

2.対処方法

1)食事の工夫

(1)塩味、醤油味などが苦く感じたり、金属味がする場合

  • 塩味を控えめにしましょう。
  • みそ味は苦く感じない人もいます。いろいろな調味料を試してみましょう。
  • だしを利かせたり、胡麻(ごま)や柚子(ゆず)などの香り、酢を利用してみましょう。

(2)甘味に過敏になり、何でも甘く感じる場合

  • 砂糖やみりんを料理には使用しないようにしましょう。
  • 塩・醤油・みそ味など濃いめの味付けにしてみましょう。
  • 汁物(みそ汁、すまし汁、スープ)は食べられることが多いので、毎食とるとよいでしょう。
  • 酢の物、柚子やレモンなどの酸味を利用してみましょう。

(3)味を感じない場合

  • 味は濃いめにし、甘味・酸味・塩味などいろいろ試してみましょう。
  • 酢の物、汁物、果物など利用しましょう。
  • 食事の温度は人肌程度がよいでしょう。

2)口の中を清潔にしましょう。

  • 毎食後にブラッシング、うがいをしましょう。
  • 舌苔をスポンジブラシや軟らかい歯ブラシで落としましょう(舌苔が付いていると味を感じにくくなります)
  • こまめに水分を口に含んで、口の中を乾燥させないようにしましょう。
アンケートにご協力ください
よりよい情報提供を行うために、アンケートへの協力をお願いいたします。
簡単な7問ほどのアンケートですので、ぜひ、ご協力ください。
アンケートページへ

フッターの始まり