大規模災害に対する備え:[国立がん研究センター がん情報サービス]
国立がん研究センター がん情報サービス ganjoho.jp
右側ナビゲーションの始まり
生活・療養

パンくず式ナビゲーション
TOP生活・療養がん患者さんのための災害に関する情報 > 大規模災害に対する備え

大規模災害に対する備え

がん治療・在宅医療・緩和ケアを受けている患者さんとご家族へ-普段からできることと災害時の対応-

更新日:2015年03月23日 [ 更新履歴 ]    掲載日:2015年03月23日
更新履歴
2015年03月23日 掲載しました。
本冊子は東日本大震災のような大規模災害が起こった時に備えて、がん治療・在宅医療・緩和ケアを受けている患者さんとご家族に役立つことを目的としたものです。起こり得るケースごとに、分り易く対応策がまとめられており、患者さんとご家族のみならず、医療福祉従事者の方にも役立つよう作成されています。医療福祉従事者の方は、あわせて「現場力を上げるために 東日本大震災の体験を知る-在宅医療・がん治療・緩和ケア-」もご覧ください。
大規模災害に対する備え
がん治療・在宅医療・緩和ケアを受けている患者さんとご家族へ-普段からできることと災害時の対応-試作(プロトタイプ)版 [2014年]
※ 本冊子は、平成26年度 厚生労働科学研究費補助金 地域医療基盤開発推進研究事業「被災地に展開可能ながん在宅緩和医療システムの構築に関する研究」班(研究統括者 堀田知光)の成果をもとに作成されました。
アンケートにご協力ください
よりよい情報提供を行うために、アンケートへの協力をお願いいたします。
簡単な7問ほどのアンケートですので、ぜひ、ご協力ください。
アンケートページへ

フッターの始まり