HOME > 生活・療養 > がん患者さんの感染症に対する予防

がん患者さんの感染症に対する予防

がんの治療中の方の多くは、がんではない方と比べると、免疫機能が低下する傾向があります。免疫機能が低下した状態で>感染症にかかった場合、通常より重症化する危険性があります。そのため、がんではない方以上に、がんの治療中の方には感染症予防が大切です。







骨髄抑制:白血球減少(感染しやすくなる)
外部サイトへのリンク【厚生労働省】インフルエンザQ&A
外部サイトへのリンク【国立感染症研究所】インフルエンザ
外部サイトへのリンク【厚生労働省】肺炎球菌感染症(高齢者)
外部サイトへのリンク【厚生労働省】肺炎球菌感染症(小児)
用語集
このページの先頭へ