家族向けの心のケアの情報:[国立がん研究センター がん情報サービス]
がん情報サービス ganjoho.jp
右側ナビゲーションの始まり
生活・療養

パンくず式ナビゲーション
TOP生活・療養心のケア > 家族向けの心のケアの情報

家族向けの心のケアの情報

更新日:2008年03月19日 [ 更新履歴 ]    掲載日:2006年10月01日
更新履歴
2008年03月19日 更新しました。

1.がん患者さんの家族

ご家族の誰かががんと告げられると、家族全体に大きな変化が生じます。それらの変化は精神的な面だけではなく、患者さんの身のまわりの世話などの現実的な問題、家族の役割の変化、経済的な問題など幅広いものです。このような意味で、がんは「家族の病」ともいわれています。また欧米では1970年代以降、がんが家族に与える精神的負担(不安や落ち込みなど)に関する研究が行われてきました。その結果、家族にも患者さんと同程度、またはそれ以上の精神的負担があることが報告されています。さらに家族の精神的負担は、患者さんの精神状態にも影響します。

一般に患者さんの家族には、2つの側面があるといわれています。1つは患者さんにケア(情緒的支援、経済的支援、意思決定の責任の共有など)を提供する側面であり、もう1つは「第2の患者」として精神的ケアを必要とする側面です。実際の医療の現場では、家族は患者さんのケアの提供者として扱われることが多く、家族のケアは後回しになっています。

2.家族ができる心のケア

家族ができる患者さんへの心のケアを箇条書きしました。

1)患者さんの気持ちを理解・共有する

患者さんの気持ちを理解して共有することは、家族にしかできないかけがえのない役割の1つです。気持ちを理解し共有するためには、口を挟みたくなっても少しこらえて、患者さんの話に耳を傾けることです。自分の意見をいう前に、黙って患者さんの話に耳を傾け、寄り添う姿勢が大切です。

2)率直に語り合う

患者さんが心配していることは何か、将来の計画をどうしていきたいと考えているかなどを率直に話し合い、患者さんの意思を尊重するために、家族として何ができるかを考えてみましょう。患者さんが話を避けるのでない限り、病気や死に関する話題について不自然に避けないことも大切です。

3)「がんばれ」と励ましすぎない

患者さんががんばり続けて心が疲れているときに、家族から「がんばれ」という言葉を掛けられると「これ以上何をがんばればいいのか」という気持ちになることがあります。患者さんから「つらい」という言葉が聞かれると、家族は力づけようと「そんなこといわずにがんばろうよ」と返答しがちですが、「そんなふうに思うほどつらかったんだね」といういたわりの言葉が、時に患者さんにとって安心感につながります。

4)これまでどおりに接する

病気をきっかけに特別扱いされることで、患者さんによっては家族の中で孤立感を深める場合があります。担当医に、現在の身体状態で何ができて何ができないのかを確認した上で、患者さんができることやしたいことを尊重し、家族は必要に応じてサポートをすることも大切です。

5)患者さんの対処法を尊重する

ストレスに対する患者さん自身の対処法を尊重することが大切です。時には、患者さんの気持ちや行動が、家族にとって理解しにくいことがあります。例えば、まるでがんではないように振る舞ったり、子供返りをしたり、家族に対して普段からいら立った態度を見せたりする場合です。このような行動の背景には、自分にとって、受け入れ難い出来事に対してわき上がるさまざまな感情を処理するため、無意識のうちに心の対処機能が働いていることが考えられます。これらは、ストレスに対する必要な対処です。例えば、がんではないと考えて必要な治療を受けないなど、患者さん本人にとって不利益がない限り、温かく見守る姿勢も必要です。

3.ご家族のための心のケア−「第2の患者」としての家族−

心のケアは患者さんだけではなく、ご家族にも同じく必要であると考えられています。家族は、患者さんをケアする役割に没頭して、自分自身の心のケアを怠りがちです。また患者さんの精神的な支えになるために、自分のつらい気持ちを心の奥底にしまい込んで、気丈に振る舞うことが多いようです。がんはご本人だけではなく、ご家族にとっても大きな衝撃であり、心理面、経済面、その他日常生活に大きな影響を与えます。がんは伝染しませんが、家族の「心」には伝染すると例えられることがあります。

ご家族のストレスや心配事に対しても、心のケアの専門家が全力で支援します。ご家族は、患者さんに心配を掛けることへの気遣いから、心のケアの専門家への相談をためらいがちです。まずは、自分自身のつらさを認めることが大切だといえます。「療養中の本人に申し訳ない」などと考えて抱え込まず、お気軽にご相談ください。

1)家族の感情とその対処

患者さんががんと告げられたときから、家族にさまざまな感情(動揺、怒り、自責感、不安、落ち込みなど)が生じます。家族は、自分の感情の変化に戸惑いを感じることがありますが、そのような変化は一般的にみられる通常の反応で、自然な反応です。

また、家族に生じる感情にはいくつかの対処方法があります。有効な対処方法は人によって異なり、一般的には、その人が過去の困難な問題を乗り越えるのに成功した対処方法が有効であるとされています。

がんと上手につき合うための工夫」を参考にしてください。

(1)動揺(ショックで混乱する)

悪い知らせの後には一時的に動揺しますが、時間とともに軽減します。注意力の低下による失敗を減らす工夫(必要なこと以外は先延ばしする、患者さんやほかの家族と情報を整理して共有するなど)をすることも大切です。

(2)怒り(いらいらする)

悪い知らせの後の怒りは当然の反応ですが、周囲の人につらく当たってしまい、その対処に戸惑うこともあります。人前では自分の伝えたいことを感情的にならずに適切に主張し、怒りを自分の中にため込まないことも大切です。また、身近な人に相談したり、日記を付けたりして自分の感情を表現することも気持ちを整理する助けになります。

(3)自責感(自分が悪かったのではないかと考える)

家族が何かしたことやしなかったことが、患者さんのがんの原因になったとはいえません。過去を振り返って自分を責めないようにすることが必要です。

(4)不安

落ち込みの症状については「がんと心2.がん患者さんが経験する心の状態−不安と落ち込み−」をご参考にしてください。

落ち込みは当然の反応です。無理に前向きになろうとする必要はありません。気持ちを周囲の人に聞いてもらうことも助けになります。無理に自分を励ましてがんばったり、落ち込みを当たり前のこととしてそのままにしておくことで、症状が長引くこともあります。

※一日中気分の落ち込みが続く状態が2週間以上持続し、生活に支障を来す場合には、心の専門家にご相談ください。

(5)落ち込み(抑うつ)

落ち込みの症状については「がんと心2.がん患者さんが経験する心の状態−不安と落ち込み−」をご参考にしてください。

落ち込みは当然の反応です。無理に前向きになろうとする必要はありません。気持ちを周囲の人に聞いてもらうことも助けになります。無理に自分を励ましてがんばったり、落ち込みを当たり前のこととしてそのままにしておくことで、症状が長引くこともあります。

※一日中気分の落ち込みが続く状態が2週間以上持続し、生活に支障を来す場合には、心の専門家にご相談ください。

2)家族の感情の変化

家族の感情の変化は、以下に示すように患者さんのがん治療経過によって影響を受けます。また、家族特有のストレスもあります。

(1)急性期(診断、再発などの悪い知らせの後)

家族はその悪い知らせを否定したり、怒りや不安を感じます。このような悪い知らせの後の家族の反応は、患者さんががんを告げられたときと同じ経過をたどります。
がんと心 3.がんによるストレス」が参考になります。
再発用語集アイコン

(2)慢性期(治療中や治療後の療養期間)

患者さんと家族の意見が一致しないことへの不満や、患者さんのために、家族がこれまでの日常生活が妨げられ、犠牲になったという負担感などが高まり、怒り、落ち込みといった感情が生じることがあります。
また、親戚や友人に患者さんががんであることを告げられない場合は、周囲からのサポートが得られずに孤立し、気分の落ち込みが強まることがあります。

(3)終末期(緩和ケア期間)

終末期の患者さんの痛み、倦怠(けんたい)感といった身体症状に対して、家族は自分が援助できないことで、無力感や気分の落ち込みを感じることがあります。また、せん妄(身体症状などによる意識障害)によって家族間のコミュニケーションが妨げられたり、家族に意思決定の責任が委ねられることで、家族の負担や不安が強まることがあります。さらに終末期の患者さんの病状や予後用語集アイコンに関しては、悪い知らせを家族だけが伝えられている場合もあります(注)。このような場合は、特に家族の不安や気分の落ち込みが強まることがあります。

(注)現在がんに関する悪い知らせは、患者さん本人に伝えることが一般的となっています。
緩和ケア用語集アイコン

(4)死別後

亡くなった家族のことを考えると悲しくて涙が出る、もっとこうすればよかったと後悔したり、自責感を感じる、何もする気がせずにぼうっとしている、亡くなった家族の思い出の場所や物に気持ちが引き込まれる、外に出たくない、といった反応は死別による悲嘆反応です。また悲嘆反応は折に触れて(命日や故人ゆかりの記念日など)強くあらわれます。悲しみ、落ち込み、孤独感などは誰もが感じる自然な反応です。悲嘆反応の強さや持続する期間は、みとりの状況、家族の関係など、さまざまな要因によって個人差があります。一般的には、死別後約1年で徐々につらさが和らぎ始めますが、現実を認めて故人のいない世界に適応するまで数年を要する方もいます。

4.心の専門家へのご相談

上記のようなつらい感情が持続し、生活に支障が生じている場合は、家族の精神的負担になります。ご家族による対処で精神的負担が軽減されない場合、専門家による心のケアを受けることをお勧めします。「療養中の本人に申し訳ない」などと考えて抱え込まず、ぜひご相談してください。ご家族の受診の費用に関しても健康保険が適用されます。

相談するタイミングは、以下を目安にしてください。
  • 精神的負担(不安、落ち込み、いらいら、不眠、食欲不振など)が、社会生活や日常生活の支障になっている期間が2週間以上持続している場合
がんと上手につき合うための工夫 2.自分の気持ちについて振り返る」を参考にしてください。

また、以下のような場合は、家族の精神的負担が強まる可能性があります。
  • 自分自身、以前に大きな精神的負担の経験がある
  • がん治療以外のことでストレスを感じる出来事があった
  • 患者さんが大きな精神的負担を経験している、または経験したことがある
  • 身近に相談できる人がいない
アンケートにご協力ください
よりよい情報提供を行うために、アンケートへの協力をお願いいたします。
簡単な7問ほどのアンケートですので、ぜひ、ご協力ください。
アンケートページへ

フッターの始まり