HOME > 統計 > がん統計 > がん死亡率の5か国比較 > 全悪性新生物
がん死亡率の5か国比較:フランス、イタリア、日本、イギリスおよびアメリカ

全悪性新生物

-WHO死亡統計データベースより(1960-2000)
更新日:2006年10月01日 [ 更新履歴 ]
更新履歴
2006年10月01日 掲載しました。
今回のがん統計の要約(Cancer Statistics Digest)シリーズでは、WHO死亡統計データベースからの5か国のデータを用いて、がんの死亡率の国際比較を示す。国としては、フランス、イタリア、日本、イギリス、アメリカで、1960年から2000年(イギリスは1999年)を通じて比較した。本号では、全部位の悪性新生物(全がん)を示す。

各国の男性では、昭和60年モデル人口を用いた年齢調整率(ASR)では、女性と比べ高率を示した(図1)。日本を除く各国の男性では、1980年から1990年の間にピークを迎え減少傾向が認められる。日本では、大まかにみて過去40年ほどの増加傾向に対し減少傾向が近年のデータから認められる。日本はアメリカを追い越し、他の国との差もより小さくなってきている。女性では、日本とフランスとでは安定した減少傾向が認められる。イタリア、イギリスとアメリカのデータには、1980年から1990年の間でほぼ一定で推移したのち減少傾向が認められる。近年のデータで男性/女性のASRは、日本が214.0/103.5、アメリカが207.3/144.5、イギリスが221.8/155.9、フランスが253.6/117.1、イタリアが230.3/122.5、である。

年齢階級別の率(図2、3)では、ASRと類似の傾向、つまりピークを迎えた後の減少傾向が認められる。減少の程度は最高齢層で最も小さい。40歳から50歳代の年齢層では、日本とフランスでは、特に女性において、ほぼ横ばいの傾向が認められる。

出生年ごとの率(図4、5)では、ある特定の出生コホートで高リスクのグループが存在するように見えるが、これは日本、アメリカ、フランス、イタリアの1930年前後生まれで、イギリスの1930年直前生まれの女性である。

50歳未満の若年の年齢層では(図6、7)、各国とも男女で30歳未満に急激な減少傾向が認められる。特に0-4歳と5-9歳のグループでは劇的な減少が認められる。

要約指標として、全がんによる2000年の死亡総数(年齢不詳除く)は以下の通り:日本は295,470件(男性179,127件、女性116,343件)、アメリカは553,080件(男性286,072件、女性267,008件)、イギリスは152,476件(男性78,810件、女性73,666件)、フランスは143,646件(男性86,738件、女性56,908件)、イタリアは153,431件(男性88,288件、女性65,143件)、である。

(注)データはWHO死亡統計データベース(2004年8月版)からダウンロードし、著者らが集計した(ICD-7:
140-205, ICD-8: 140-209, ICD-9: 140-208, ICD-10: C00-C97)。本稿での図示と解釈の責任はWHO死亡統計データベースではなく著者らにある。
図1.男女別悪性新生物年齢調整死亡率−フランス、イタリア、日本、アメリカ: 1960-2000; イギリス: 1960-1999(人口10万対)
図1.男女別悪性新生物年齢調整死亡率−フランス、イタリア、日本、アメリカ: 1960-2000; イギリス: 1960-1999(人口10万対)
図2.5か国における40歳以上男性年齢階級別悪性新生物死亡率(人口10万対)
図2.5か国における40歳以上男性年齢階級別悪性新生物死亡率(人口10万対)
図3.5か国における40歳以上女性年齢階級別悪性新生物死亡率(人口10万対)
図3.5か国における40歳以上女性年齢階級別悪性新生物死亡率(人口10万対)
図4.5か国における40歳以上男性年齢階級別出生コホート悪性新生物死亡率(人口10万対)
図4.5か国における40歳以上男性年齢階級別出生コホート悪性新生物死亡率(人口10万対)
図5.5か国における40歳以上女性年齢階級別出生コホート悪性新生物死亡率(人口10万対)
図5.5か国における40歳以上女性年齢階級別出生コホート悪性新生物死亡率(人口10万対)
図6.5か国における50歳未満男性年齢階級別悪性新生物死亡率(人口10万対)
図6.5か国における50歳未満男性年齢階級別悪性新生物死亡率(人口10万対)
図7.5か国における50歳未満女性年齢階級別悪性新生物死亡率(人口10万対)
図7.5か国における50歳未満女性年齢階級別悪性新生物死亡率(人口10万対)


資料:(財)がん研究振興財団「臨床腫瘍学の展望」
    Japanese Journal of Clinical Oncology 2005; 35(1-12)
アンケートにご協力ください
よりよい情報提供を行うために、アンケートへの協力をお願いいたします。
簡単な7問ほどのアンケートですので、ぜひ、ご協力ください。
アンケートページへ