がん死亡率の5か国比較:フランス、イタリア、日本、イギリスおよびアメリカ

乳がん

-WHO死亡統計データベースより(1960-2000)
更新日:2006年10月01日 [ 更新履歴 ]
更新履歴
2006年10月01日 掲載しました。
乳がんの、日本、アメリカ、イギリス、フランス、イタリアにおける年齢調整死亡率(昭和60年モデル人口で補正)を図1に示した。アメリカ、イギリス、フランスおよびイタリアの乳がん年齢調整死亡率は1990年前後にピークが観察され、以降減少傾向に転じていた。一方、日本の乳がん年齢調整死亡率はアメリカ、イギリス、フランス、イタリアと比較して低いものの、1960年以降増加しており、近年、上記4カ国に近づきつつあった。

死亡年を横軸として、乳がん年齢階級別死亡率(5歳きざみ)を図2に示した。アメリカおよびイギリスの死亡率は1990年ごろピークに達し、以後減少傾向を示していた。アメリカ、イギリスおよびイタリアの若年層では明らかに死亡率が減少しているが、フランスでは近年、増加傾向が見られた。一方、日本の乳がん死亡率は、アメリカ、イギリス、フランスおよびイタリアと比較して低く、年齢間の死亡率の差は小さいものの、年齢階級に関係なく死亡率の増加が観察された。

出生年を横軸として、乳がん年齢階級別死亡率を示した(図3)。アメリカおよびイギリスでは、乳がん死亡率のピークが特定の出生年には観察されなかった。これは出生コホート効果ではなく時代効果の影響が大きいと解釈された。

(注)データはWHO死亡統計データベース(2004年8月版)からダウンロードし、吉見逸郎が集計した(ICD-7: 170, ICD-8: 174, ICD-9: 174, ICD-10: C50)。本稿での図示と解釈の責任はWHO死亡統計データベースではなく著者らにある。
図1.女性乳がん年齢調整死亡率(昭和60年モデル人口で補正、人口10万対)
図1.女性乳がん年齢調整死亡率(昭和60年モデル人口で補正、人口10万対)
図2.5か国における40歳以上年齢階級別女性乳がん死亡率(人口10万対)
図2.5か国における40歳以上年齢階級別女性乳がん死亡率(人口10万対)
図3.5か国における40歳以上年齢階級別出生コホート女性乳がん死亡率(人口10万対)
図3.5か国における40歳以上年齢階級別出生コホート女性乳がん死亡率(人口10万対)


資料:(財)がん研究振興財団「臨床腫瘍学の展望」
    Japanese Journal of Clinical Oncology 2005; 35(1-12)
アンケートにご協力ください
よりよい情報提供を行うために、アンケートへの協力をお願いいたします。
簡単な7問ほどのアンケートですので、ぜひ、ご協力ください。
アンケートページへ