がん死亡率の5か国比較:フランス、イタリア、日本、イギリスおよびアメリカ

食道がん

-WHO死亡統計データベースより(1960-2000)
更新日:2006年10月01日 [ 更新履歴 ]
更新履歴
2006年10月01日 掲載しました。
1960年から2000年までフランス、イタリア、日本、イギリス、アメリカにおける食道がんの年齢調整死亡率(昭和60年モデル人口で補正)を図1に示す。過去40年の間すべての国で、女性より男性の年齢調整死亡率が高いが、国ごとに異なるパターンを示している。 男性では、フランスは1990年代まで年齢調整死亡率が最も高かったが、1960年代後半から減少し続けている。一方、イギリスとアメリカは1960年以来徐々に増加し、1990年代後半にイギリスはフランスに追いついた。日本は過去40年間の間ほぼ変化がなかったが、イタリアは1980年代から減少し始めた。女性については、イギリスが緩やかに増加する傾向を示した。アメリカ及びフランスは、それぞれ上昇傾向と減少傾向を示した後、1980年から横ばいに転じた。1970年代後半以降イタリアは減少する傾向を示した。他国と異なって、日本は2000年まで下がる一方であった。

性・年齢階級別食道がん死亡率のトレンドを図2と図3に示した。アメリカとイギリスの男性に関しては、すべての年齢階級において同様に増加する傾向を示した。日本では、45-79歳年齢階級のトレンドはU型のカーブが観察された。1965年にこのUカーブは45-49歳年齢階級で最初に現れ、年齢が高いほど現れが遅い傾向が示された。フランスとイタリアでは、45-49歳年齢階級において1980年頃にピークを迎え、高齢ほどピークが遅れていた。アメリカの女性に関しては、1970年から65歳以上の年齢階級は増加する傾向を示したが、59歳以下の年齢階級は減少する傾向を示した。アメリカに似たようなパターンはイギリスでも観察された。フランスでは、65歳以上の年齢階級は減少する傾向がみられたが、45-64歳年齢階級は増加する傾向が示された。イタリアにおいては、すべての年齢階級が下降している傾向がみられた。日本人女性では、40-69歳の年齢階級は1990年以降増加する傾向を示したが、70歳代以上は下がる一方であった。

年齢階級別出生コホート死亡率によると、1930年前後に生まれた男性は5か国とも死亡率が高いようにみえる(図4)。最近の出生コホートでは、アメリカとイギリスでは増加する傾向がみられたが、フランス及びイタリアでは減少する傾向が示された。70歳以上のフランス及びイタリアの男性においては急激な減少が観察された。日本人女性では、70歳以上の年齢階級は1900年前後の出生コホートでピークを示し、その後1940年の出生コホートまで減少していた(図5)。アメリカとイギリスの女性は男性と逆の傾向を示し、最近の出生コホートで減少している。フランス人女性の死亡率は男性と同様な傾向を示している。イタリア人女性の死亡率は1900年の出生コホート以降で減少しつつある。

(注)データはWHO死亡統計データベース(2004年8月版)からダウンロードし、著者らが集計した(ICD-7,8,9: 150; ICD-10: C15)。本稿での図示と解釈の責任はWHO死亡統計データベースではなく著者らにある。
図1. 男女別食道がん年齢調整死亡率(昭和60年モデル人口で補正、人口10万対)
図1. 男女別食道がん年齢調整死亡率(昭和60年モデル人口で補正、人口10万対)
図2.5か国における40歳以上男性年齢階級別食道がん死亡率(人口10万対)
図2.5か国における40歳以上男性年齢階級別食道がん死亡率(人口10万対)
図3.5か国における40歳以上女性年齢階級別食道がん死亡率(人口10万対)
図3.5か国における40歳以上女性年齢階級別食道がん死亡率(人口10万対)
図4. 5か国における40歳以上男性年齢階級別出生コホート食道がん死亡率(人口10万対)
図4. 5か国における40歳以上男性年齢階級別出生コホート食道がん死亡率(人口10万対)
図5.5か国における40歳以上女性年齢階級別出生コホート食道がん死亡率(人口10万対)
図5.5か国における40歳以上女性年齢階級別出生コホート食道がん死亡率(人口10万対)
アンケートにご協力ください
よりよい情報提供を行うために、アンケートへの協力をお願いいたします。
簡単な7問ほどのアンケートですので、ぜひ、ご協力ください。
アンケートページへ