がん死亡率の5か国比較:フランス、イタリア、日本、イギリスおよびアメリカ

白血病

-WHO死亡統計データベースより(1960-2000)
更新日:2006年10月01日 [ 更新履歴 ]
更新履歴
2006年10月01日 掲載しました。
1960年から2000年におけるフランス、イタリア、日本、イギリス、アメリカの白血病の年齢調整死亡率(昭和60年モデル人口で補正)を男女別に示した(図1)。男性は女性よりも高い年齢調整死亡率を示す一方で、全ての国においてここ40年間のトレンドは男女ともとても類似している。日本は、他の国に比べると男女ともに年齢調整死亡率は低い。フランス、イタリア、イギリス、アメリカの年齢調整死亡率のトレンドは横ばい状態になっている。日本では、1960年以降、年齢調整死亡率は1987年まで連続して増加しているが、近年、男性では横ばい状態に、女性では、下降状態になっている。

白血病の年齢階級別死亡率のトレンドをみると(図2,図3)、男女とも似通ったトレンドが示されている。日本とイタリアでは、白血病のトレンドが年齢階級によって劇的に異なっている。例えば、50歳未満の若年階級では、男女とも1970年から減少しており、高齢者階級では、男性において1960年〜2000年までに顕著な増加を示している。日本以外の国では、男性の死亡は1960年以降、55〜64歳階級では安定している。

アメリカ、イギリスともに、死亡率は年齢、性別関係なく、ここ40年間横ばい状態である。

年齢階級別死亡率を出生年別に示す(図4,図5)。全ての国で、男女間で類似したトレンドが観察されている。

日本では、死亡率のトレンドが1880-1920年に出生した男女で急激に増加しているが、1930年以降に生まれた集団では男女ともに減少傾向を示している。1940年前後の出生コホートにおいて、連続的な減少傾向であるので、bottoming-out(底をうつ)の傾向は観察されていない。

フランス、イタリア、イギリスの死亡率のトレンドは、1900年までは徐々に増加し、1900年以降に出生した人たちの死亡率は減少している。
アメリカの男女とも、1900年以降に出生した人たちの死亡率はほとんど安定した傾向を示している。日本と他の国を比べてみると、日本の男女で、トレンドの変換点が遅くに現れている。

(注)データはWHO死亡統計データベース(2004年8月版)からダウンロードし、著者らが集計した(ICD-7: 204, ICD-8: 204-207, ICD-9: 204-208, ICD-10: C91-C95)。本稿での図示と解釈の責任はWHO死亡統計データベースではなく著者らにある。
図1. 男女別白血病年齢調整死亡率(昭和60年モデル人口で補正、人口10万対)
図1. 男女別白血病年齢調整死亡率(昭和60年モデル人口で補正、人口10万対)
図2.5か国における40歳以上男性年齢階級別白血病死亡率(人口10万対)
図2.5か国における40歳以上男性年齢階級別白血病死亡率(人口10万対)
図3.5か国における40歳以上女性年齢階級別白血病死亡率(人口10万対)
図3.5か国における40歳以上女性年齢階級別白血病死亡率(人口10万対)
図4. 5か国における40歳以上男性年齢階級別出生コホート白血病死亡率(人口10万対)
図4. 5か国における40歳以上男性年齢階級別出生コホート白血病死亡率(人口10万対)
図5.5か国における40歳以上女性年齢階級別出生コホート白血病死亡率(人口10万対)
図5.5か国における40歳以上女性年齢階級別出生コホート白血病死亡率(人口10万対)


資料:(財)がん研究振興財団「臨床腫瘍学の展望」
    Japanese Journal of Clinical Oncology 2005; 35(1-12)
アンケートにご協力ください
よりよい情報提供を行うために、アンケートへの協力をお願いいたします。
簡単な7問ほどのアンケートですので、ぜひ、ご協力ください。
アンケートページへ