HOME > 統計 > がん統計 > がん死亡率の5か国比較 > 口腔・咽頭がん
がん死亡率の5か国比較:フランス、イタリア、日本、イギリスおよびアメリカ

口腔・咽頭がん

-WHO死亡統計データベースより(1960-2000)
更新日:2006年10月01日 [ 更新履歴 ]
更新履歴
2006年10月01日 掲載しました。
1960年から2000年までフランス、イタリア、日本、イギリス、アメリカにおける口腔・咽頭がんの年齢調整死亡率(昭和60年モデル人口で補正)を図1に示す。男性では(図1:左図)、日本の年齢調整死亡率が1990年代前半まで最も低く、フランスの年齢調整死亡率が常に最も高かった。イギリスは1960年代に減少し、その後変化がなく、フランスとイタリアとアメリカは1980年代以降減少傾向がみられた。一方、日本は常に増加傾向を示し、1990年代の後半にイギリスとアメリカの死亡率より高くなった。女性では(図1:右図)、5か国間の傾向において大きな差はみられなかった。日本は常に最も年齢調整死亡率が低いが、男性と同様に徐々に増加しており、1990年代にはその他の国との差が小さくなっていた。

男性における口腔・咽頭がんの年齢階級別死亡率のトレンドを図2に示す。イタリアとフランスでは、1980年代にピークに達し、1990年代は減少傾向がみられた。イギリスでは老年層(65歳以上)に減少傾向がみられたものの若年層(59歳以下)では増加傾向がみられた。アメリカはどの年齢層においても常に減少する傾向がある一方、日本はどの年齢層においても常に増加傾向を示した。次に、男性における年齢階級別出生コホートの死亡率(図3)をみると、フランスでは1930年代あたりの出生コホート、イタリアでは1930年代から1940年代あたりの出生コホートの死亡率が高いことが示唆された。その他の国では、顕著な出生コホート効果は観察されなかった。

女性における口腔・咽頭がんの年齢階級別死亡率のトレンドを図4に示す。日本では80歳以上を除く年齢層では顕著な傾向が示されなかった。イタリアにおいても同様に特に傾向はみられなかった。イギリスの全年齢層とフランスの80歳以上において観察期間を通じて減少する傾向がみられた。アメリカでは1980年代以降どの年齢層においても減少傾向がみられた。一方で、日本の老年層(80歳以上)とフランスの若年層(49歳以下)において増加傾向がみられた。また、女性における年齢階級別出生コホートの死亡率(図5)では、顕著な出生コホート効果は観察されなかった。

(注)データはWHO死亡統計データベース(2004年2月版)からダウンロードし、著者らが集計した(ICD-7: 140-148, ICD-8: 140-149, ICD-9: 140-149, ICD-10: C00-C14)。本稿での図示と解釈の責任はWHO死亡統計データベースではなく著者らにある。
図1.男女別口腔・咽頭がん年齢調整死亡率(昭和60年モデル人口で補正、人口10万対)
図1.男女別口腔・咽頭がん年齢調整死亡率(昭和60年モデル人口で補正、人口10万対)
図2.5か国における40歳以上男性年齢階級別口腔・咽頭がん死亡率(人口10万対)
図2.5か国における40歳以上男性年齢階級別口腔・咽頭がん死亡率(人口10万対)
図3.5か国における40歳以上男性年齢階級別出生コホート口腔・咽頭がん死亡率(人口10万対)
図3.5か国における40歳以上男性年齢階級別出生コホート口腔・咽頭がん死亡率(人口10万対)
図4.5か国における40歳以上女性年齢階級別口腔・咽頭がん死亡率(人口10万対)
図4.5か国における40歳以上女性年齢階級別口腔・咽頭がん死亡率(人口10万対)
図5.5か国における40歳以上女性年齢階級別出生コホート口腔・咽頭がん死亡率(人口10万対)
図5.5か国における40歳以上女性年齢階級別出生コホート口腔・咽頭がん死亡率(人口10万対)


資料:(財)がん研究振興財団「臨床腫瘍学の展望」
    Japanese Journal of Clinical Oncology 2005; 35(1-12)
アンケートにご協力ください
よりよい情報提供を行うために、アンケートへの協力をお願いいたします。
簡単な7問ほどのアンケートですので、ぜひ、ご協力ください。
アンケートページへ