がん死亡率の5か国比較:フランス、イタリア、日本、イギリスおよびアメリカ

直腸がん

-WHO死亡統計データベースより(1960-2000)
更新日:2006年10月01日 [ 更新履歴 ]
更新履歴
2006年10月01日 掲載しました。
全般に男性は女性と比べ年齢調整死亡率(ASR)が高いが、長期の傾向は国によって異なる。フランスとイギリスの男性では安定した減少傾向が観察されているが、イタリアとアメリカでは観察期間中、減少ののちその傾向が止まっている。日本では増加傾向だが、減弱しつつある。

女性でも同様の傾向が観察されているが、日本では1970年代半ばまで若干増加したのちやや減少している(図1)。
年齢階級別の率では(図2、3)、ASRと同様の傾向が観察されるが、よりはっきりしている。フランス、イタリア、イギリスでは、数十年にわたり殆どの年齢階級で安定した減少傾向にある。イタリアの中年の男性・女性(45-59歳)ではほぼ横ばいの推移を示している。
アメリカでは、死亡率の推移は底を打っているが、男女とも60歳未満で最近増加している。
日本では、1970年代以降、若年(30代の男性、30、40歳代の女性)では減少傾向が観察されているが、高齢ではほぼ横ばいで推移している。
日本のデータでは、1920-1930年の間で出生コホートの効果があり1,2)、図4、5に見ることができる。

イギリスでも、1930年以降の出生コホートでは、特に男性で、それ以前の出生コホートより死亡率が低いようだが、暦年の効果も存在しているかもしれない。

結腸がんのICDコードは国際比較のためには共通でないが、日本、イギリス、アメリカについて比較した(図6)。
日本でのASRは急激に上昇し、イギリスとアメリカの水準に達しつつある。大腸がんとしてまとめると、日本は、男性ではイギリスとアメリカを超している。
この増加傾向を念頭に、これら腸管の腫瘍についてはより注意を向けるべきである。


(注)データはWHO死亡統計データベース(2004年8月版)からダウンロードし、著者らが集計した(直腸はICD-7,8,9: 154; ICD-10: C19-C21、結腸はICD-7,8,9: 153; ICD-10: C18)。本稿での図示と解釈の責任はWHO死亡統計データベースではなく著者らにある。

文献
1. Imamura Y, Mizuno S. Mortality trends of rectal cancer in Japan: 1960-2000. Jpn J Clin Oncol 2004; 34: 107-11.
2. Imamura Y, Sobue T. Mortality trend of colon, rectal, liver, "gallbladder and biliary tract" and pancreas cancer in Japan by birth cohort. Jpn J Clin Oncol 2004; 34: 491-3.
図1.男女別直腸がん年齢調整死亡率(昭和60年モデル人口で補正、人口10万対)
図1.男女別直腸がん年齢調整死亡率(昭和60年モデル人口で補正、人口10万対)
図2.5か国における30歳以上男性年齢階級別直腸がん死亡率(人口10万対)
図2.5か国における30歳以上男性年齢階級別直腸がん死亡率(人口10万対)
図3.5か国における30歳以上女性年齢階級別直腸がん死亡率(人口10万対)
図3.5か国における30歳以上女性年齢階級別直腸がん死亡率(人口10万対)
図4.5か国における30歳以上男性年齢階級別出生コホート直腸がん死亡率(人口10万対)
図4.5か国における30歳以上男性年齢階級別出生コホート直腸がん死亡率(人口10万対)
図5.5か国における30歳以上女性年齢階級別出生コホート直腸がん死亡率(人口10万対)
図5.5か国における30歳以上女性年齢階級別出生コホート直腸がん死亡率(人口10万対)
図6.3か国における結腸がん年齢調整死亡率(昭和60年モデル人口で補正、人口10万対)
図6.3か国における結腸がん年齢調整死亡率(昭和60年モデル人口で補正、人口10万対)

資料:(財)がん研究振興財団「臨床腫瘍学の展望」
    Japanese Journal of Clinical Oncology 2005; 35(1-12)
アンケートにご協力ください
よりよい情報提供を行うために、アンケートへの協力をお願いいたします。
簡単な7問ほどのアンケートですので、ぜひ、ご協力ください。
アンケートページへ