HOME > 小児がんの解説 > ユーイング肉腫〈小児〉 [検査・診断]

ユーイング肉腫〈小児〉(ゆーいんぐにくしゅ)

一括印刷用ページ
更新・確認日:2014年04月22日 [ 履歴 ]
履歴
2014年04月22日 2013年7月発行の冊子とがん情報サービスの情報を再編集し、掲載しました。

検査と診断

血液検査

血液検査では、特徴的な異常はありませんが、血清LDHの軽度な上昇、血沈の値が高くなる場合があります。

画像診断

図1 MRI画像(T2強調)    図2 MRI画像(造影FS)
図1 MRI画像(T2強調)、図2 MRI画像(造影FS)
単純X線所見では、弓状の反応性骨形成(オニオンピール)といわれる骨の異常が特徴的です(図1、図2をご覧ください)。肉腫がどのくらい広がっているかを確かめるために、CT、MRIなどを使って詳しい検査が行われます。また、骨シンチグラフィという放射性同位元素を用いた検査が行われ、病巣部位を確認することができます。さらに、FDG(放射性ブドウ糖類似物質)を用いたがん細胞の機能(活動性)を確認することのできるPET検査が行われることもあります。

病理検査

確定診断のためには、病巣を部分的に採取して組織を詳しく検査すること(生検:せいけん)が必要です。採取された組織について免疫組織学的診断が行われ、MIC2遺伝子からつくられるCD99やEWS-FLI1EWS-ERGを含むキメラ遺伝子をもとに診断が確定されます。

病期(ステージ)と予後因子

病期とは、がんの進行の程度を示す言葉で、英語をそのまま用いてステージともいいます。

ユーイング肉腫に関しては、一般的に用いられている腫瘍の進展度(病期)分類は使われておらず、主に「限局性」と「転移性」に分類されています。

「限局性」とは、症状や画像診断により腫瘍が原発部位(原発巣)、または所属リンパ節を越えて広がっていない場合をいいます。

「転移性」とは、臨床的および画像診断により遠隔部に転移がある場合をいいます。転移で多いのは肺、骨、骨髄であり、リンパ節転移や中枢神経系(脳や脊髄)の転移はあまりみられません。

腫瘍がリンパ節を越えて広がり転移がある場合や、骨盤や肋骨など発症部位が体幹であること、腫瘍容積が100mL以上、年齢が15歳以上、診断時から2年以内の再発などは、治りにくい因子としてあげられています。
よりよい情報提供を行うために、アンケートへの協力をお願いいたします。
アンケートページへ
用語集 このページの先頭へ