HOME > 小児がんの解説 > 肝腫瘍〈小児〉 [基礎知識]

肝腫瘍〈小児〉(かんしゅよう)

一括印刷用ページ
更新・確認日:2019年06月20日 [ 履歴 ]
履歴
2019年06月20日 タイトルに〈小児〉を追記し、本文に「肝細胞がん」へのリンクを追加しました。
2014年04月22日 2013年6月発行の冊子とがん情報サービスの情報を再編集し、掲載しました。

肝腫瘍とは

原発性肝腫瘍は肝臓にできる腫瘍です。小児の肝腫瘍は小児の悪性腫瘍の中で1%程度のまれな病気です。国際的な発生頻度は、14歳以下10万人当たり2.4人程度であり、わが国の全国規模の登録でも年間50~70例程度となっています。

小児の肝腫瘍の80%以上は、肝芽腫(かんがしゅ)と呼ばれる肝細胞になるはずの未熟な細胞から発生した悪性腫瘍です。発症年齢は低く、多くの場合3歳までに発症します。肝芽腫は、肝臓の外に広がることは少なく、70%程度の生存率が期待できます。

一方、成人の肝細胞がんに近い小児の肝細胞がんは、通常は14歳を過ぎた子どもに発症します。全肝腫瘍の登録例中3~5%程度と発生頻度は少ないのですが、生存率は25%程度となります。成人の肝細胞がんについては「肝細胞がん」をご参照ください。

肝芽腫の発生リスクが高くなる場合として、次の3つがあげられています。

●先天的な腹壁異常と大きな舌を主症状とするBeckwith-Wiedemann症候群
●家族性腺腫性ポリポーシス(FAP)
●出生体重1500g未満の低出生体重児

肝細胞がんの発生リスクが高くなる要因として、次の2つがあげられています。

●B型肝炎ウイルス陽性
●胆汁性肝硬変やチロシン血症などの特定の疾患により肝臓に損傷を受けている

小児の肝腫瘍にはこの他にも肝未分化胎児性肉腫のような比較的まれな悪性腫瘍や、血管腫、巣状結節性過形成(そうじょうけっせつせいかけいせい)のような良性の病変があります。

小児の肝腫瘍にはこの他にも肝未分化胎児性肉腫のような比較的まれな悪性腫瘍や、血管腫、巣状結節性過形成(そうじょうけっせつせいかけいせい)のような良性の病変があります。
よりよい情報提供を行うために、アンケートへの協力をお願いいたします。
アンケートページへ
用語集 このページの先頭へ