HOME > 小児がんの解説 > 網膜芽細胞腫 [フォローアップ]

網膜芽細胞腫(もうまくがさいぼうしゅ)

一括印刷用ページ
更新・確認日:2014年04月22日 [ 履歴 ]
履歴
2014年04月22日 2013年7月発行の冊子とがん情報サービスの情報を再編集し、掲載しました。

再発と転移

再発とは、治療により目に見える大きさのがんがなくなった後、再びがんが出現することをいいます。また、転移とは、腫瘍細胞がリンパ液や血液の流れで運ばれて別の臓器に移動し、そこでふえたものをいいます。網膜芽細胞腫は強膜という硬い膜の中にある腫瘍なので、眼球付近の組織や体内の別の部位に広がることは少ないのですが、視神経から脳に転移することがあります。その他にも、リンパ節や骨髄などに転移することもあります。

再発や転移はそれぞれの患者さんで状態が異なりますので、腫瘍の広がりや、これまでの治療なども含め総合的に判断し、治療法を決めていきます。

晩期合併症

小児の腫瘍では、病気そのものが治癒した後時間が経過してから、抗がん剤、放射線治療、手術、輸血などの治療の影響により生じる合併症がみられる場合があります。これを「晩期合併症」といいます。

具体的な晩期合併症には、成長や発達への影響、生殖機能への影響、臓器機能への影響、二次がんなどがあります。ほとんどの晩期合併症は年齢を重ねるとともに発症しやすくなり、治療終了後何十年も経過してから症状があらわれることもあります。

本人やご家族が、晩期合併症について現在どのようなことがわかっているのかを知ることはとても大切です。どのような晩期合併症が出やすいかは、病気の種類、受けた治療、また治療を受けた年齢により異なります。その症状の程度も軽いものから重いものまでいろいろです。

晩期合併症に適切に対処するためには、定期的な診察と検査によって、治療の記録を残しながら経過観察を続けることが必要です。転居や結婚などにより生活環境や通院する医療機関が変わったときにも継続していきましょう。
よりよい情報提供を行うために、アンケートへの協力をお願いいたします。
アンケートページへ
用語集 このページの先頭へ