HOME > 小児がんの解説 > 軟部肉腫〈小児〉 [フォローアップ]

軟部肉腫〈小児〉(なんぶにくしゅ)

一括印刷用ページ
更新・確認日:2014年04月22日 [ 履歴 ]
履歴
2014年04月22日 がん情報サービスの情報を再編集し、掲載しました。

晩期合併症

小児の腫瘍では、病気そのものが治癒した後、時間が経過してから、治療の影響により生じる合併症がみられる場合があり、これを「晩期合併症」といいます。

晩期合併症は疾患そのものの影響よりも、抗がん剤、放射線治療、手術、輸血などの治療が原因となっていることが多く、本人やご家族が、晩期合併症について現在どのようなことがわかっているのかを知ることはとても大切です。どのような晩期合併症が出やすいかは、病気の種類、受けた治療、また治療を受けた年齢により異なります。その症状の程度も軽いものから重いものまでいろいろです。

まずは治療の記録を保管し、定期的な通院を続けるよう心がけましょう。引っ越しなどで通院先の病院が変わる場合には担当医に相談してください。

具体的には、成長や発達への影響、生殖機能への影響、臓器機能への影響、二次がんなどがあります。ほとんどの晩期合併症は年齢を重ねるとともに発症しやすくなり、治療終了後何十年も経過してから症状があらわれることもあります。

晩期合併症に適切に対処するためには、長期にわたる定期的な診察と検査によって、経過を観察していくことが必要になります。また、治療の記録を残していくことも重要です。転居や結婚などにより生活環境や通院する医療機関が変わったときにも継続していきましょう。

お子さんやご家族が、晩期合併症について現在どのようなことがわかっているのかを知ることも大切です。医療の進歩によって対処のしかたも変化していきます。お子さんの体と心の成長に合わせて、周囲の方と協力しながら適切なアドバイスをしていきましょう。

再発転移

再発腫瘍の予後はよくありません。治療の選択は、以前に行われた治療の種類や再発の場所、さらには全身状態などに左右され、標準的な方法はありません。唯一、局所のみの再発例に対して手術による広範切除が勧められますが、治療成績はより不良です。遠隔転移で再発した場合、転移や患者さんの状況に合わせて化学療法や放射線療法が行われることもありますが、患者さんの体力、病状の進行状況では緩和治療が最も優れた治療になることもあります。
よりよい情報提供を行うために、アンケートへの協力をお願いいたします。
アンケートページへ
用語集 このページの先頭へ