HOME > 生活・療養 > 治療が終わって > 再発・転移について

再発・転移について

更新・確認日:2014年04月22日 [ 履歴 ]
履歴
2014年04月22日 がん情報サービスの情報を再編集し、掲載しました。
がんの進行の仕方は、がんの性質やはじめにがんができた場所によって異なります。再発は、はじめにがんが発生した場所で起こることもあれば、体の別の場所に転移して起こることもあります。進行・再発あるいは転移した小児がんは、がんの広がり、これまでの治療内容と効果、現在の症状などを考慮して、治療やその後のケアを検討していきます。

これまで行ってきた治療の効果がみられず、治癒を望むことが難しいと医師が判断した場合、その後の治療や療養について、お子さんやご家族とともに話し合いながら決めていきます。お子さんの尊厳を守り、できるだけお子さんとご家族の希望に沿うように、よりよい過ごし方を考えていきます。
よりよい情報提供を行うために、アンケートへの協力をお願いいたします。
アンケートページへ
用語集 このページの先頭へ