TOP  > 患者さんの手記  > がんと告げられたときを振り返って

がんと告げられたときを振り返って

がんを告知されたとき、やはり死を意識しました。その後、がん治療を受けるため、 がんのことをいろいろ勉強しました。たくさんの闘病記も読みました。そして、死を見つめることは、どう生きるかを見つめることだと気付きました。私は再発しましたが、現在幸いにして症状は落ち着いています。けれども、限りがある命を生きているという気持ちは常に持っています。だから日常の些細なことにも感謝できるし、幸せを感じることができます。それは、がんにならなければ、決して感じることはなかったと思います。

がんになってしまったことは、変えられません。それならば、自分の今までの人生を見直すよいチャンスととらえた方が楽です。もちろん、どんな治療を選択するべきかで、とても悩むし、いざ治療が始まれば、 それはとてもつらいし、今後どうなるのか不安でたまらなくなるときもあります。そんなときは、患者会などで、 同じ体験をしている人と気持ちを分かち合ったりすることで、苦しいのは自分ひとりじゃないとわかり、勇気がわいてきます。

がんになったら手にとるガイド「診断の結果を上手に受け止めるには」ページより
よりよい情報提供を行うために、アンケートへの協力をお願いいたします。
アンケートページへ
前のページへ次のページへ
用語集
このページの先頭へ