本文へ移動
HOME > がん相談支援 > がん相談支援センター相談員研修の概要 > 平成31年度「相談対応の質保証を学ぶ」研修 講師派遣依頼の募集について

平成31年度「相談対応の質保証を学ぶ」研修 講師派遣依頼の募集について

更新・確認日:2018年12月03日 [ 履歴 ]
履歴
2018年12月03日 掲載しました。

■本事業の目的

全国にがん相談支援センターが設置されてからはや13年、がん相談支援センターに寄せられる相談件数は、院内、院外含めて増加しています。医療情報は容易に入手できる時代になりましたが、がん患者、家族は治療や療養に関する意思決定に悩むなど、今なお多様なニーズを抱えています。
第3期がん対策推進基本計画においても、相談支援に携わる者の質を継続的に担保する必要性が言及されており、相談対応の質を維持し向上するための学習機会が重要とされています。

国立がん研究センターがん対策情報センターでは、がん専門相談員を対象とした「相談対応の質保証を学ぶ(QA:Quality Assurance)」研修の実施を促進するため講師派遣の依頼を募集します。

本研修は、相談員個々の相談対応の質を維持し向上することを主目的とし、がん相談支援センターにおいて取り組むべき品質管理・品質保証活動や品質基準に関する知識をも学ぶ機会となります。本研修は、「がん相談対応評価表」の開発過程、活用方法の理解を深め、相談事例の評価やディスカッションを通して日々の対応を振り返る好機となります。また、実際の相談対応に即時生かすことのできる具体的な示唆が得られる研修プログラムです。

全国のがん相談支援センターが、患者、家族、国民から希求される相談の質を担保できるようになるために、本研修で学んだ知識、技術を各地域、各施設に還元、普及し、必要な学習を継続できるよう願っています。

2018年度から2020年度までの3年間においては、講師派遣に伴う旅費等を国立がん研究センターがん対策情報センターが負担します。各年度の上限は、16企画程度と予定しています。

【講師派遣依頼の募集】

講師派遣期間:2018年度~2020年度(3年間)
2019年度の講師派遣依頼応募期間:2018年12月10日(月)~2019年1月31日(木)正午(必着)
 ※2020年度(最終年度)の講師派遣依頼の募集は、2019年12月を予定
採否の連絡:2019年2月末頃(予定)

詳しくは募集要項をご確認ください。

【応募の条件】

「都道府県がん診療連携協議会」あるいはその傘下の「相談支援専門部会」(あるいはこれに該当する担当者連絡会議等)を応募主体とし、部会長名義で応募すること。
講師派遣時期(研修開催時期):2019年4月~2020年3月(各地域1回限り)。
講義およびグループワークを研修形態として、研修時間を4時間以上確保すること
研修対象者は、がん相談の実務を担う相談員とし、20名以上、50人未満を目安とすること
※複数県での共同開催および他県からの受講者受け入れを可とする企画を優先します。
グループファシリテーターが必要であり、各地域で人員を確保すること
1グループあたり、受講者上限7人程度(ファシリテーターを除く)の編成をすること
その他、開催運営に関わる準備は依頼者(各都道府県部会)において行なうこと

【申し込み先】

申し込み先:外部サイトへのリンクこちらよりお申し込みください。

【問い合わせ先】

国立研究開発法人国立がん研究センターがん対策情報センター相談員研修事務局
Email:
電話:03-3547-5201 内線(1619)担当:中島、櫻井、八巻
用語集
このページの先頭へ