都道府県がん診療連携拠点病院連絡協議会

第1回 がん登録部会

更新・確認日:2012年12月07日 [ 履歴 ]
履歴
2012年12月07日 掲載しました。
院内がん登録の標準化と普及を目的として、都道府県がん診療連携拠点病院および各都道府県での院内がん登録に関する部会等の代表が集まって検討する「がん登録部会」が都道府県がん診療連携拠点病院連絡協議会の下に設置され、その第1回部会が平成23年12月19日に開催された。

冒頭、部会の設置要領(案)が一部修正の上、承認され、部会長には嘉山孝正国立がん研究センター理事長が就任し、「がん登録に関する情報提供を含め、広く意見を募る場としてこの部会を活用したい」とあいさつがあった。
 
次いで、院内がん登録全国集計の利用について、熊本県がん診療連携協議会がん登録部会での拠点病院を中心とした集計や検討などの取り組みについて、熊本大学医学部附属病院医療情報経営企画部 宇宿功一郎部長から講演があり、東京大学医学系研究科健康医療政策学/公衆衛生学 東尚弘准教授から全国集計のデータ利用のあり方について、研究班で検討されつつある「データ利用規約」(案)をもとにして、検討を進めてはどうかという提案があった。

全国集計については、2009年集計の概要と施設別情報を含めた公開方法についての提案、2010年集計で実施されている収集方法などについての説明が、国立がん研究センターがん対策情報センターがん統計研究部院内がん登録室 西本寛室長よりあり、全国集計については精度向上を目指して、施設での利用を促進するとともに、施設別情報については引き続き公表していくこととなった。

最後に、院内がん登録に関連した研究班の研究代表者より、研究内容についての概要の説明があり、今後とも情報提供をしつつ、意見聴取を続けるとして、閉会となった。
議事次第(PDF)
日時:平成23(2011)年12月19日(月)14:00〜16:00
場所:国立がん研究センター築地キャンパス 特別会議室

1.開会

国立がん研究センター 嘉山 孝正

2.議題

1) がん登録部会設置要領(案)について(資料1・2−PDF:389KB
2) 院内がん登録全国集計の利用について
  ・ 熊本県における院内がん登録情報の利用について(仮)(資料3−PDF:1.25MB
   熊本大学医学部附属病院医療情報経営企画部 宇宿 功市郎
  ・ 院内がん登録全国データの利用方法について(資料4・5−PDF:584KB
   東京大学医学系研究科健康医療政策学/公衆衛生学 東 尚弘
3) 院内がん登録2009年全国集計について
  ・ 全国集計状況と公開方法について(資料6−PDF:486 KB
   国立がん研究センターがん対策情報センター 柴田 亜希子
4) 院内がん登録2010年全国集計について
  ・ 中央サーバーの運用について(資料7−PDF:400KB
   国立がん研究センターがん対策情報センター 西本 寛
5) 関連研究班からの報告
  ア) 第3次対がん「院内がん登録の標準化および普及に関する研究」班(資料8−PDF:2.12MB
  西本 寛
  イ) がん臨床研究「医療機関におけるがん診療の質を評価する指標の開発とその計測システムの確立に関する研究」班(資料9・10−PDF:715KB
  国立がん研究センターがん対策情報センター 祖父江 友孝
  ウ) 第3次対がん「がん罹患・死亡動向の実態把握に関する研究」班、
がん研究開発費「わが国におけるがん登録の整備に関する研究」班(資料11−PDF:912KB
  祖父江 友孝
  エ) がん研究開発費(資料12−PDF:385KB
「地域がん専門診療施設におけるソフト面の評価と公表に関する研究」班
  千葉県がんセンター研究局がん予防センター 三上 春夫
6) 予後調査支援事業の進捗報告(資料13 −PDF:335KB
  西本 寛

3.総合討論

嘉山 孝正

4.閉会

嘉山 孝正
用語集
このページの先頭へ