本文へ移動
HOME > お知らせ一覧 2020年度(令和2年度) > 2020年度がん相談支援における「施設別がん登録件数検索システム」活用に関する説明会・ワークショップ【ビデオ配信】

2020年度がん相談支援における「施設別がん登録件数検索システム」活用に関する説明会・ワークショップ【ビデオ配信】

更新・確認日:2020年04月30日 [ 履歴 ]
履歴
2020年04月30日 掲載しました。
はじめにご確認ください
当面、集合研修形式での開催は見送ります。
例年説明会・ワークショップでお伝えしている内容は、ビデオ収録し、都道府県がん診療連携拠点病院と、昨年本説明会に参加された地域がん診療連携拠点病院にご覧いただけるよう配信いたします。
詳細は追ってご連絡いたします。

集合での説明会の開催はご希望が多数の場合には検討いたしますが、現時点では本年度の開催は予定しておりません。

■主催

国立研究開発法人国立がん研究センターがん対策情報センター

■目的

2014年度より「施設別がん登録件数検索システム」(院内がん登録を基にした登録件数検索システム)を稼動していますが、実際の相談場面での利用の活用方法について学び、共有することで、相談者のニーズにあった情報提供ができるようスキルアップを目指しています。
2018年7月に発出されたがん診療連携拠点病院の整備指針において、がん相談支援センターの業務として、「希少がんに関する相談」が明示され、これについては「自施設での提供が難しい場合には、適切な医療機関に紹介すること」とされていることを受けて実施するワークショップです。

■対象

1) 都道府県がん診療連携拠点病院のがん専門相談員
2) 都道府県において希少がんについての相談を受ける体制をとることとなった地域がん診療連携拠点病院のがん専門相談員(この場合、都道府県がん診療連携協議会の下に組織される相談支援に関する部会の部会長(部会がない場合は、都道府県のがん対策主管課の長)の推薦を受けられること。)(本年度の新規募集はございません)

※日常の円滑なシステム運用のために、診療情報管理士(がん登録の担当者)もご覧いただくこともお勧めします。

■内容

1. 施設別がん登録件数検索システムの仕組みと運用事例について
2. 昨年度以降のシステムの変更点
3. システムの利用演習
4. システムに関する要望、困りごとについて(Q&A)

■経費

参加費(視聴料)は無料です。

■申し込み(不要)

(都道府県がん診療連携拠点病院と都道府県において希少がんについての相談を受ける体制をとることとなった地域がん診療連携拠点病院でご覧いただけるようウェブを通じて配信いたします。)

■問い合わせ先

国立がん研究センターがん対策情報センター
がん情報提供部内 都道府県拠点病院がん相談支援機能サポート事務局
 〒104-0045 東京都中央区築地5-1-1
 E-mail:
 ※当面の間、在宅勤務に移行しております。お問い合わせはメールにてお願いいたします。
用語集
このページの先頭へ