消化器症状:便秘

更新・確認日:2006年11月30日 [ 履歴 ]
履歴
2006年11月30日 更新しました。
2006年10月01日 掲載しました。

1.便秘とは

便秘は、消化器症状の1つとして代表的なものであり、不快な症状です。器質性のもの、機能性のもののほかに薬剤性のものがあり、ここでは薬剤性の便秘を中心に説明します。

2.便秘を起こしやすい薬剤

抗がん剤
ビンクリスチン(オンコビン(R) ビンデシン(フィルデシン(R)
ビンブラスチン(エクザール(R) ビノレルビン(ナベルビン(R)
パクリタキセル(タキソール(R)  
吐き気止め
グラニセトロン(カイトリル(R) オンダンセトロン(ゾフラン(R)
アザセトロン(セロトーン(R) ラモセトロン(ナゼア(R)
※イリノテカン(トポテシン(R)、カンプト(R))による重度の傷害性下痢の後、難治性の麻痺性イレウスになる場合もあります。

3.便秘の原因

抗がん剤の副作用によって末梢神経障害と自律神経障害が生じ、腸管の運動や物質の運搬が妨げられて、便秘が引き起こされます。また、抗がん剤以外にも、制吐剤(吐き気止め)や抗がん剤治療に伴う生活の変化(食事・水分摂取の減少、運動量の低下)などによっても起こります。

4.便秘の対処方法

ほとんどの方は、水分の補給や緩下剤をうまく組み合わせることによって、便秘を予防することができます。便秘を予防するために、次の順番でできることをやってみましょう。
  1. 治療中・治療後に水分がとれるようであれば、1日1.5〜2Lの水分をとるようにしましょう。
  2. 便を軟らかくする薬と腸を動かす薬をうまく使用して、排便コントロールをしましょう。
使用される主な下剤
薬物名 原因 効果発現時間 常用量と増量方法/注意点
酸化マグネシウム 便をやわらかくして排便をしやすくします 0.5~2時間 1~3g/日で増減可
コップ1杯の水で食後に内服します
センノシド
(プルゼニド(R)、アローゼン(R)
大腸の粘膜を刺激して、腸の運動を促します 8~12時間 1~2錠/日
直接大腸に作用するので、食事の影響を受けない就寝前に内服します
ピコスルファート
(ラキソベロン(R))
大腸の粘膜を刺激して、腸の運動を促します
また、腸のなかで水分が身体に吸収されるのを阻止する作用もあります
7~12時間 10~15滴/日、錠剤は2~3錠/回
就寝前の内服に効果があります
新レシカルボン坐薬 発泡性で、直腸に入れると二酸化炭素が発生し、直腸を刺激して排便を促します 10~30分 1個/日
便意を感じているが、便が硬くて通過困難なときや腹圧がかけられないときに有効です
浣腸
(グリセリン浣腸)
直腸の粘膜を刺激して、腸の運動を促します
また、便をやわらかくして排便をしやすくします
2~5分 10~150ml/回
便意を感じているが、便が硬くて通過困難なときや腹圧がかけられないときに有効です
※グリセリン浣腸に関しては、直腸粘膜を傷つけることもあり、長期に使用すると効果が減弱してしまうため、担当医や看護師に相談しましょう。
よりよい情報提供を行うために、アンケートへの協力をお願いいたします。
アンケートページへ
用語集
このページの先頭へ