消化器症状:下痢

更新・確認日:2006年11月30日 [ 履歴 ]
履歴
2006年11月30日 更新しました。
2006年10月01日 掲載しました。

1.下痢とは

下痢はがん化学療法の副作用として見逃してはいけない消化器症状の1つです。下痢が長期化すると苦痛であるばかりでなく、治療の継続を妨げたり、日常生活のレベルを下げたりします。そこで、自分自身で早期に気付き、担当医や看護師に相談し、早期に対処することが大切です。

2.下痢を起こしやすい抗がん剤

薬剤名 副作用の出現しやすい時期
イリノテカン
(トポテシン(R)、カンプト(R)
24時間以内に出現する早発性の下痢と24時間以降に出現する遅発性の下痢とがあります
エトポシド
(ラステット(R)、ベプシド(R)
白血球のなかの好中球が減少しているときに出現します
フルオロウラシル
(5-FU(R)
治療後数日から約10日目以降に出現します
メトトレキサート
(メソトレキセート(R)
治療後数日から約10日目以降に出現します
シタラビン
(キロサイド(R)
白血球のなかの好中球が減少しているときに出現します
ドキソルビシン
(アドリアシン(R)
 
アクチノマイシンD
(コスメゲン(R)
 
※その他の多くの抗がん剤でも、白血球が低下している時期には、腸管感染による下痢を起こしやすくなります。

3.下痢の原因

抗がん剤の影響により、腸の運動を抑制する神経(交感神経)と腸の運動を活発にする神経(副交感神経)に異常をきたすと、腸の運動が強くなりすぎて、小腸・大腸の腸粘膜への吸収機能に障害が起こり、下痢になります。また、腸粘膜が傷つきやすくなっているため、白血球が低下している時期は、その傷から細菌が侵入して腸炎を起こしやすくなります。

4.下痢の症状

症状は通常の下痢と同様です。しかし抗がん剤使用後1週間目に生じた下痢は、一時的ではなく長期化しやすいため、注意が必要です。特にイリノテカン(トポテシン(R)、カンプト(R))を使用している場合は、強い症状に注意しましょう。

5.下痢の対策

下痢が出現したら、次のことに気をつけましょう。

  1. ぴったりとした衣服は避け、ベルトをきつく締めないなど腹部の圧迫を避けたり、腹圧をかけないようにしましょう。
  2. だるい感じや脱力感がある場合は、十分な休息を取るようにしましょう。
  3. 腸管に刺激作用のある食べ物は避けるようにしましょう。
  4. 例)香辛料、脂肪の多い食品、乳製品、食物繊維の多い食品、塩分の多い食品、アルコール類、炭酸飲料
  5. 下痢が続くと脱水症状(のどが渇く、皮膚が乾燥する、疲労が強いなど)になってしまうため、スポーツ飲料などを摂取するようにしましょう。
  6. 腹部を冷やすことは避けて、衣服やカイロなどで腹部を保温すると良いでしょう。
  7. 下痢が続き、白血球低下の時期に重なると、ちょっとした肛門周囲のびらんや亀裂でも細菌感染を起こしやすくなるので、ウォシュレットや洗浄綿を使用して清潔を保ちましょう。
  8. 軽い下痢の場合は、整腸剤や止痢剤を内服して調節することも必要です。ただし、1日4〜6回以上の強い下痢や3〜4日間以上続く下痢の場合は、担当医や看護師に相談してください。
よりよい情報提供を行うために、アンケートへの協力をお願いいたします。
アンケートページへ
用語集
このページの先頭へ