がんの治療に使われる主な薬

フルオロウラシル:錠剤


更新・確認日:2017年04月05日 [ 履歴 ]
履歴
2017年04月05日 最新の添付文書情報を確認しました
2016年01月28日 掲載しました。
注:本ページは、患者さん個別の状況に関する医学的判断を目的としたものではありません。患者さんご自身の治療内容や副作用については、担当の医師や看護師、薬剤師にお尋ねください。

1.薬の名前

一般的名称および剤型:フルオロウラシル:錠剤
この成分を使用している商品
5-FU錠100協和
5-FU錠100協和
5-FU錠50協和
5-FU錠50協和
※商品名の欄には主に先発医薬品の名前を掲載しています。後発医薬品(ジェネリック医薬品)については、商品名ではなく薬の「一般的名称」から索引ください。

2.適応となるがん

  • 胃がん
  • 大腸がん(結腸がん、直腸がん)
  • 乳がん
  • 子宮頸がん
※治療の内容や全身状態などにより、記載したがんであっても使われない場合があります。また、がんの治療以外でも使われる場合があります。

3.種類と作用

薬を使用する目的には、治癒・延命・症状緩和がありますが、がんの種類や病態により異なります。期待される効果とそれに伴う副作用などのリスクも、人によって異なります。
この薬は、細胞障害薬という種類の薬です。その種類の中で「代謝拮抗剤」と呼ばれるグループに属し、フッ化ピリミジン系の化学物質を含んでいます。増殖の盛んながん細胞に多く含まれる酵素を利用し、がん細胞の増殖を抑えます。

4.注意すること

薬を安全に使用するための注意点です。

1)この薬を使用する際に、特に注意がいる人

  • 骨髄抑制のある人
  • 肝障害または腎障害のある人
  • 感染症にかかっている人
  • 心臓に障害のある人、または過去にあった人
  • 消化管潰瘍または出血のある人

2)医師や薬剤師から確認される注意点

  • 7日以内にテガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム配合剤(ティーエスワン)という薬を使用した。
  • 妊娠または授乳中。
  • 以前に薬を使用して、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある。
  • ほかに薬を使っている。
  • 健康食品やサプリメントを使っている。

3)使用上の注意点

  • テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム配合剤(ティーエスワン)使用中止後にこの薬を使用する場合は、少なくとも7日以上の間隔をあけます。
  • 飲み忘れた場合は、飲み忘れた分はとばして次回から指示通りに飲んでください。2回分を一度に飲んではいけません。
  • この薬を使用している間は、避妊を行ってください。
  • 授乳を避けてください。
  • 骨髄抑制は、がんの治療で用いられる多くの薬であらわれる副作用ですが、この薬でもあらわれることがあります。血液検査で早期に発見できますが、だるい、発熱、血が止まりにくいなどのときは、骨髄抑制の症状です。骨髄抑制が進むと感染症などにかかるおそれがあります。

5.副作用

1)主な副作用

食欲不振、吐き気、貧血、嘔吐(おうと)、下痢、口内炎など

2)気を付けておきたい副作用と自覚症状

重大な副作用に至る可能性がある主な自覚症状です。薬の使用中、医師は採血の回数を増やすなど、必要な検査や診察を行って副作用をチェックしていきますが、次のような症状が出た場合や急な体調の異変などがあれば、医師、看護師または薬剤師に伝えましょう。
主な自覚症状 可能性のある重大な副作用
からだがだるい、意識がうすれる、考えがまとまらない、のどが渇く、深く大きい呼吸、指のふるえ、尿量が減る、判断力の低下 脱水症状
激しい腹痛、血が混ざった便、吐き気、嘔吐(おうと)、発熱 出血性腸炎
発熱、吐き気、嘔吐(おうと)、むかむかする、急激な腹痛、下痢、血が混ざった便 虚血性腸炎
嘔吐(おうと)、腹がはる、下痢、血が混ざった便 壊死性腸炎
発熱、吐き気、嘔吐(おうと)、激しい腹痛、下痢、血が混ざった便 重篤な腸炎
あおあざができやすい、歯ぐきや鼻の粘膜からの出血、発熱、のどの痛み、皮膚や粘膜があおじろくみえる、疲労感、動悸(どうき)、息切れ、気分が悪くなりくらっとする、尿が赤い、寒気 汎血球減少
突然の高熱、寒気、のどの痛み 白血球減少、好中球減少
顔色が悪い、疲れやすい、だるい、頭が重い、動悸(どうき)、息切れ 貧血
手足に点状出血、あおあざができやすい、出血しやすい(歯ぐきの出血・鼻血・生理が止まりにくい) 血小板減少
発熱、寒気がする、のどが痛む、口の中に白い斑点ができる、手足に赤い点(点状出血)または赤いあざ(紫斑)ができる、出血しやすい(歯ぐきの出血・鼻血など)、水のような下痢、腹痛、口内炎、通常の生活をしていてだるさが続く、ちょっとした階段や坂で動悸(どうき)や息切れを感じる、顔色が悪い 骨髄機能抑制
歩行時のふらつき、口のもつれ、物忘れ、動作緩慢(どうさかんまん) 白質脳症
階段を上ったり、少し無理をしたりすると息切れがする・息苦しくなる、空咳(からせき)が出る、発熱 間質性肺炎
からだがだるくなる、発熱(38℃以上)、皮膚や白目が黄色くなる、食欲がなくなる、吐き気、嘔吐(おうと)、腹痛、発疹、かゆみ 肝機能障害
白目が黄色くなる、皮膚が黄色くなる、尿が褐色になる 黄疸(おうだん)
吐き気、嘔吐(おうと)、胃の痛み、血が混ざった便、黒色便 消化管潰瘍
口の中の痛み・出血・熱いものや冷たいものがしみる、口の乾燥、口の中が赤くなったり腫(は)れる、口が動かしにくい、ものがのみこみにくい、味がかわる 重症な口内炎
臭いがわからない 嗅覚障害、嗅覚脱失(だっしつ)
動くと息が苦しい、疲れやすい、足がむくむ、急に体重が増えた、咳とピンク色の痰 うっ血性心不全
息苦しい、急激に胸を強く押さえつけられた感じ、胸の痛み、冷や汗が出る 心筋梗塞
冷や汗、胸がしめつけられる感じ、胸が押しつぶされるような感じ、胸の痛み、胸を強く押さえつけた感じ 安静狭心症
尿量が減る、ほとんど尿が出ない、一時的に尿量が多くなる、発疹、むくみ、体がだるい 急性腎不全
急に胃のあたりがひどく痛む、吐き気、嘔吐(おうと)、お腹の痛みはのけぞると強くなり、かがむと弱くなる、急に激しく腰や背中が痛む、発熱 急性膵炎
からだがだるくなる、発熱(38℃以上)、皮膚や白目が黄色くなる、食欲がなくなる、吐き気、嘔吐(おうと)、腹痛、発疹、かゆみ、意識の低下、判断力の低下、考えがまとまらない、いつもお腹が張っている 劇症肝炎、重篤な肝障害
からだがだるくなる、皮膚や白目が黄色くなる、食欲がなくなる、吐き気、嘔吐(おうと)、腹痛、発疹、かゆみ、意識の低下、判断力の低下、考えがまとまらない、いつもお腹が張っている、手のひらが赤い 肝硬変
動悸(どうき)、息切れ、脈が速くなる 心室性頻拍
足がむくむ、尿量が減る、体がだるい、排尿時の尿の泡立ちが強い、息苦しい、尿が赤い ネフローゼ症候群
発熱(38℃以上)、目の充血(じゅうけつ)、唇のただれ、のどの痛み、皮膚の広い範囲が赤くなる、がみられ、その症状が持続したり、急激に悪くなったりする 中毒性表皮壊死融解症(ちゅうどくせいひょうひえしゆうかいしょう)/TEN
発熱(38℃以上)、目の充血、めやに(眼分泌物)、まぶたの腫(は)れ、目が開けづらい、唇や陰部のただれ、排尿・排便時の痛み、のどの痛み、皮膚の広い範囲が赤くなる、などがみられ、これらの症状が持続したり、急激に悪くなったりする 皮膚粘膜眼症候群/スティーブンス・ジョンソン症候群
顔色が悪い、疲れやすい、だるい、頭が重い、動悸(どうき)、息切れ、皮膚が黄色くなる、濃い色の尿が出る 溶血性貧血

6.薬について心配なとき

薬の使用において、期待される効果とあらわれる副作用などは人それぞれ異なります。薬物療法を受けるにあたって、不安なことや知りたいことや心配なことがあるときには、ひとりで悩まずに担当の医師などの医療者や「がん相談支援センター」に相談しましょう。

●担当の医師、看護師、薬剤師など

担当医は、一人一人の状態に基づいて最も適した情報を提供してくれる存在です。治療について不安や疑問が生じた際には、まず、担当医へ相談しましょう。また、病棟や外来化学療法室の看護師、病院や調剤薬局の薬剤師に質問することもできます。

●がん相談支援センター

「がん相談支援センター」は、全国の「がん診療連携拠点病院」などに設置されている、がんに関するご相談の窓口です。治療について、「がん相談支援センター」にご相談いただくこともできます(ただし、担当医にかわって治療の判断をするところではありません)。
全国の「がん相談支援センター」は、「がん相談支援センターを探す」(https://hospdb.ganjoho.jp/kyotendb.nsf/xpConsultantSearchTop.xsp)のページから検索できます。

●がん情報サービスサポートセンター

お電話で、「がん相談支援センター」を探すお手伝いをします。
サポートセンターについては、「がん情報サービスサポートセンターのご案内」(https://ganjoho.jp/public/consultation/support_center/guide.html)のページをご参照ください。

7.参考資料

  • 5-FU錠50協和,100協和 添付文書情報.協和発酵キリン.2014年10月改訂版(第15版)
  • 5-FU錠100協和 くすりのしおり(R).協和発酵キリン.2012年08月作成版
本ページでは、がんの治療に使用される代表的な薬を中心に掲載していますが、がんの治療に使われるすべての薬に関する情報を網羅しているものではありません。また、掲載している薬の一部は、がんの治療以外にも使用される場合があります。
薬の効果、使い方、注意することや最新の情報については各医薬品の「患者向医薬品ガイド」、医療専門家向けの「添付文書情報」
外部サイトへのリンク http://www.pmda.go.jp/)をご参照ください。
用語集
このページの先頭へ