本文へ移動
HOME > 診断・治療 > クリニカルパス(乳がん 手術リハビリテーション、血液・リンパ) > 急性骨髄性白血病 化学療法(シタラビン大量療法)基本パス
パスデータベース

急性骨髄性白血病 化学療法(シタラビン大量療法)基本パス

更新日:2015年11月26日     掲載日:2013年01月25日
シタラビン大量療法を受ける患者さんのための基本パスです。
クリニカルパス(クリティカルパスと呼ばれることもあります)とは、病気別、治療法別に、入院中に行われる検査、手術、処置などの医療行為や、食事や安静度など、患者さんの療養に関する予定を記載した計画表のことです。
各施設の検査設備や治療設備の違いにより、治療の進み方が異なることがあります。また患者さんの状態によっても進み方が変化しますのでご注意ください。
クリニカルパスに関する詳しい解説は「クリニカルパス(乳がん 手術リハビリテーション、血液・リンパ)」をご覧ください。
がんの種類 治療方法 内容 対象 基本パス
急性骨髄性白血病 化学療法 化学療法入院 患者用 基本パスファイルダウンロード
基本パスは、厚生労働科学研究費補助金(第3次対がん総合戦略研究事業)「国民に役立つ情報提供のためのがん情報データベースや医療機関データベースの質の向上に関する研究」(研究代表者 若尾文彦)の中の「がんクリニカルパスデータベース構築に関する研究」研究小班(研究分担者 河村進)として研究協力施設で検討し、作製しました。
用語集
このページの先頭へ