本文へ移動
HOME >  お知らせ一覧 2014年度(平成26年度) >  がん患者さんとご家族を地域で支える仕組みづくり
がん医療フォーラム2014

がん患者さんとご家族を地域で支える仕組みづくり

更新日:2014年12月16日    掲載日:2014年10月09日

■開催日時

開催日:2014年12月13日(土) 
開催時間:13:00~16:00(開場12:30)

■会場

外部サイトへのリンク 東京工科大学 蒲田キャンパス 大講義室(片柳記念ホール)
 〒144-8535 東京都大田区西蒲田5-23-22

■開催概要

「がんになっても安心して暮らせる社会の構築」を目指してさまざまな取り組みが始まっています。がん患者さんの家族、医療関係者、周囲の支援者、研究者が一堂に会し、「がん患者さんが住み慣れた地域で過ごすことができる仕組みづくり」の実現に向けて、療養する患者さんとご家族を支える情報の共有と連携の必要性について議論します。

■講演内容

開催あいさつ ちらし画像
クリックして拡大
(PDF:747KB)
     堀田知光(国立がん研究センター 理事長・総長)
佐々木昌弘(厚生労働省 医政局 地域医療計画課 在宅医療推進室長)
辻哲夫(正力厚生会 理事長)
   
第1部 基調講演
テーマ:地域で療養するがん患者さんのご家族を支える情報とは
  ・「地域における緩和ケアと療養支援を支える情報づくり」
 渡邊清高(帝京大学医学部内科学講座 腫瘍内科 准教授)
  ・「在宅緩和ケアの現場から」
 河原正典(爽秋会岡部医院)

第2部 フォーラム
「がん患者さんとご家族を地域で支える仕組みづくり」
  モデレーター: 清水哲郎(東京大学死生学・応用倫理センター 特任教授)
田代志門(昭和大学研究推進室 講師)
  シンポジスト: 今野まゆみ(ホームホスピス にじいろのいえ)
和泉典子(山形県鶴岡市立荘内病院 内科・緩和ケアチーム)
唐渡敦也(がん研究会有明病院 緩和ケアセンター 医療連携部)
吉田清久(読売新聞東京本社 医療部長)
 
まとめ・閉会あいさつ
  門田守人(がん研究会有明病院 病院長)

■参加費など

参加費:無料
定員:500人

■お問い合わせ先

「がん医療フォーラム」事務局
TEL:03-5847-7736(受付時間10~18時/土日祝日を除く)

本フォーラムは公益財団法人正力厚生会の助成により実施しています。
共催:独立行政法人国立がん研究センター、公益財団法人がん研究会、東京大学死生学・応用倫理センター、帝京大学
後援:公益財団法人正力厚生会、厚生労働省、読売新聞社
用語集
このページの先頭へ