本文へ移動
HOME > 資料室 > 講演会の資料など > がんになっても最期まで安心できるまちづくり
平成19年度 厚生労働省がん研究助成金による市民公開講座

がんになっても最期まで安心できるまちづくり

更新・確認日:2008年02月06日 [ 履歴 ]
履歴
2008年02月06日 掲載しました。
2007年12月08日(土) 国際研究交流会館 国際会議場にて開催

プログラム

開会の挨拶
    国立がんセンター総長 廣橋 説雄

    司会 廣橋 説雄

がん対策推進基本計画とこれからの緩和ケア
    厚生労働省健康局総務課がん対策推進室 渡邊 一真

緩和ケアをどのような時に利用するのでしょうか
    四国がんセンター 谷水 正人

緩和ケアの相談窓口:相談支援センター
    国立がんセンターがん対策情報センター 大松 重宏

患者の求める緩和ケアとは
    ジャパンウェルネス 竹中 文良

家族のサポート
    生と死を考える会 水野 治太郎

対がん協会がんホットラインでの問い合わせ
    日本対がん協会 柳澤 ハシヱ

質疑応答

閉会の挨拶
    国立がんセンター運営局長 
よりよい情報提供を行うために、アンケートへの協力をお願いいたします。
アンケートページへ
用語集
このページの先頭へ