HOME > 資料室 > 講演会の資料など > 地域で支える 新しいがん医療のかたち
がん医療フォーラム2012

地域で支える 新しいがん医療のかたち

ビデオ映像と資料
更新日:2013年02月22日 [ 更新履歴 ]
更新履歴
2013年02月22日 更新しました。
2012年12月28日 掲載しました。
2012年11月11日(日) 大手町サンケイプラザ ホールにて開催

■資料

プログラム
あいさつと演者プロフィール:PDFファイル(3.7MB)

開催あいさつ
国立がん研究センター理事長 堀田 知光
がん研究会有明病院長 門田 守人
東京大学大学院人文社会系研究科特任教授 清水 哲郎
正力厚生会理事長 辻 哲夫

第1部 フォーラム
「地域における緩和ケアと療養支援情報プロジェクト」
国立がん研究センターがん対策情報センター 渡邊 清高:PDFファイル(823KB)

「緩和ケアのこれまでとこれから」
ビデオメッセージ:爽秋会 岡部 健
爽秋会岡部医院 河原 正典:PDFファイル(187KB)

コーディネーター:読売新聞東京本社医療情報部長 南 砂

第2部 シンポジウム「患者と家族の視点から考える地域の緩和ケア」
モデレーター:東京大学 清水 哲郎、昭和大学 田代 志門

「地域で支える 新しいがん医療のかたち 患者・家族の視点から」
愛媛がんサポートおれんじの会 松本 陽子:PDFファイル(593KB)

「最期まで家で過ごせないのはなぜ?−在宅緩和ケアご遺族の声から考える−」
爽秋会岡部医院 相澤 出:PDFファイル(483KB)

「患者と家族の視点から考える地域の緩和ケア−在宅緩和ケアの視点から−」
在宅緩和ケア支援センター"虹" 中山 康子:PDFファイル(1MB)

「患者と家族の視点から考える地域の緩和ケア−がん治療病院の立場から−」
国立がん研究センター中央病院 的場 元弘:PDFファイル(654KB)

まとめ
がん研究会有明病院 唐渡 敦也:PDFファイル(94KB)

■開催概要

共催:独立行政法人国立がん研究センター、公益財団法人がん研究会、東京大学死生学・応用倫理センター
後援:公益財団法人正力厚生会、厚生労働省、読売新聞社
本フォーラムは公益財団法人正力厚生会の助成により実施されました。
よりよい情報提供を行うために、アンケートへの協力をお願いいたします。
アンケートページへ
用語集
このページの先頭へ