本文へ移動

しびれ

~がんの治療を始めた人に、始める人に~
更新・確認日:2019年02月21日 [ 履歴 ]
履歴
2019年02月21日 「3.しびれが起きたときには」に追記しました。
2019年01月21日 更新しました。
2006年10月01日 掲載しました。

まずはポイントを確認しましょう

1.しびれについて

しびれは、がんの治療中に多くみられる症状です。

2.原因

がんによる神経の圧迫やがんの治療に使われる薬の副作用によるものなどさまざまです。

3.しびれが起きたときには

しびれを和らげるために、原因と程度に応じた薬を使うことがあります。しびれに痛みを伴う場合は鎮痛薬(痛み止め)を使うこともあります。がんの治療に使われる薬の副作用によりしびれが起きた場合には、治療法の変更を検討することもあります。

4.ご本人や周りの人ができる工夫

  • 患部のマッサージを行ったり、手のひらや足の指を閉じたり、開いたりする
  • やけど、転倒、けがに気をつける

5.こんなときは相談しましょう

  • これまでのしびれと違う感覚や変化があった場合は、担当の医師に相談してください。
  • 日常生活でどんなことに困っているのかを具体的に伝えましょう。

1.しびれについて

しびれは、末梢(まっしょう)神経障害の1つで、がんの治療中に多くみられる症状です。「手足がビリビリ、ジンジンする(感覚がおかしい)」「何かに少し触れただけで痛くてビリッとする(感覚が強い)」「手足に力が入りにくい」「手袋をはめているような感じがする(感覚が鈍い)」など、症状は多岐にわたります。

また、「衣服のボタンが留めにくくなった」「つかんでいたものをよく落とすようになった」「文字が思うように書けなくなった」「うまく歩けなくなった」「つまずくことが多くなった」「飲み込むのが困難になった」などの変化は、しびれによって起こっている場合があります。

2.原因

しびれの原因は、がんによる神経の圧迫やがんの治療に使われる薬の副作用などさまざまです。しびれが起こりやすい薬として、シスプラチン、オキサリプラチン、パクリタキセル、ドセタキセル、ビンクリスチン、ビンブラスチン、ボルテゾミブなどが知られています。がん以外の原因でしびれが起こったり、悪化したりすることもあります。

3.しびれが起きたときには

しびれを和らげるために、原因と程度に応じた薬を使うことがあります1)
しびれに痛みを伴う場合は、鎮痛薬(痛み止め)を使うこともあります1)

がんの治療に使われる薬の副作用によりしびれが起きた場合、症状の程度によっては治療の効果を考えながら治療法の変更(薬の減量、変更など)を検討することもあります1)。その際には、しびれによる生活への影響などを担当の医師と相談しながら慎重に決めていきます。

がんの治療に使われる薬による末梢神経障害などの場合では、しびれをやわらげるための薬による治療やがんの治療法の変更を試みても効果が出ず、症状が長く続くこともあります。担当の医師、薬剤師、看護師に相談しながら、付き合い方を考えていきましょう。

4.ご本人や周りの人ができる工夫 

1)血行改善のための工夫

血行をよくするとしびれが悪化しにくいことがあります1)。入浴中などに患部を優しくさするようにマッサージしたり、手のひらや足の指を閉じたり、開いたりするとよいといわれています1)。衣服や靴下はきつすぎないものを選びましょう1)。また、温める(厚手の手袋や靴下の着用など)または冷やす(保冷剤などを使ってしびれている箇所にあてるなど)ことが有効な場合もあります。冷やすことで症状が悪化する場合もあるため、冷やしすぎないように心がけてください。

ただし、がんの治療に使われる薬の副作用症状である場合などは、こうした対処法を試みても効果が出ない場合もあります。

2)安全に暮らすための配慮

しびれによって熱さ冷たさを感じる感覚が鈍くなり、触れているものが熱いことに気付かず、やけどしてしまうことがあります1)。鍋ややかんなど熱い調理器具をつかむときには、鍋つかみなどを使って直接触れないようにしましょう1)。やけど、特に低温やけどに注意し、湯たんぽは低温で短時間の使用にとどめたほうがよいです1)。冷たいグラスなど、しびれが強く持てないときは落としてしまうかもしれないので気をつけましょう。

また、運動神経や感覚神経が鈍くなり、筋力も低下するため、転倒やけがが起こりやすくなります1)。屋内外の階段や段差、すべりやすい敷物には注意しましょう1)。また、できるだけ脱げにくい履物(かかとのある靴など)やすべり止めのついている履物を使用し、つまずきやすいものは床に置かないなどの配慮も大切です1)

3)日常生活の不便さへの対応

衣服のボタンを面ファスナーに変えて、着替えがスムーズに行えるようにしたり、お水やお茶などのペットボトルのフタはオープナーやタオルを使って開けたりするなど工夫しましょう。

5.こんなときは相談しましょう

これまでのしびれと違う感覚や変化があった場合は、担当の医師に相談してください。医師に相談しにくい場合は看護師や薬剤師に伝えるのもよいでしょう。

適切な治療やサポートを受けるためにも、しびれのために日常生活でどんなことに困っているのかを具体的に伝えましょう。遠慮なく伝えることが大切です。

●ご家族や周りの方へ
しびれによって、つまずくことが多くなったりしても、ご本人はそのような変化に気付いていなかったり、気付いていても我慢していたりすることもあります。ご家族や周囲の方は日頃から患者さんの様子に注意し、変化がみられた場合は担当の医師に相談しましょう。

6.「しびれ」参考文献

1) 日本がんサポーティブケア学会編.がん薬物療法に伴う末梢神経障害マネジメントの手引き 2017年版.金原出版
2) 日本緩和医療学会 ガイドライン統括委員会編.外部サイトへのリンク患者さんと家族のためのがんの痛み治療ガイド増補版.2017年,金原出版

7.その他の関連情報


●本ページの情報は、「『がん情報サービス』編集方針」に従って作成しています。
必ずしも参照できる科学的根拠に基づく情報がない場合でも、有用性や安全性などを考慮し、専門家および編集委員会が評価を行っています。

関連情報
『がん情報サービス』編集方針
よりよい情報提供を行うために、アンケートへの協力をお願いいたします。
アンケートページへ
用語集
このページの先頭へ