HOME > 生活・療養 > がん患者さんのための災害に関する情報 > 平成30年大阪北部を震源とする地震への対応状況について

平成30年大阪北部を震源とする地震への対応状況について

更新・確認日:2018年06月21日 [ 履歴 ]
履歴
2018年06月21日 掲載しました。
平成30年6月18日(月)に発生した大阪北部を震源とする地震への対応状況についてお知らせします。

このたびの地震で被害を受けられたみなさまには、心よりお見舞い申し上げます。

大阪府内のがん診療連携拠点病院等のがん診療の対応状況、がん相談支援センターの対応状況につきましては、大阪国際がんセンターを中心に情報を収集し、共有しております。

■大阪府内の各病院対応状況

平成30年6月20日(水)現在、大阪府内のがん診療連携拠点病院では、

●がん相談対応状況:通常どおり
●がんに関する診療の対応状況:通常どおり

との連絡をいただいております。

余震等の影響により、その後も状況が変わる可能性がございますので、各施設の詳しい状況については個別にご確認ください。

■大阪府のがん相談支援センター

がんのご相談につきましては、大阪に在住の方でもどなたでも、全国のがん診療連携拠点病院のがん相談支援センターで、ご対応させていただきますので、どうぞご利用ください。
がん相談支援センターは、病院にかかっていなくても、ご本人でもご家族でもだれでもご利用いただけるがんの相談窓口です。

■情報リンク集

「大規模災害に対する備え」には、がん治療・在宅医療などを受けている患者さんの災害時の対応などをまとめています。

用語集
このページの先頭へ